マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。

※「マシュー・マクファディエン」がカタカナ表記としてマシュー本人の発音に近いと思いますが、このブログでは一般的な「マクファディン」表記で統一しています。

CATEGORY

category: 旅行記  2/16

ウェールズ+イングランドひとり珍道中2020年2-3月Day8その1/カーディフまでの車窓から+DSオーウェン牧師の足跡をたどる ラネリ編(27 Feb/2020)

この日は元の予定ではシュルーズベリーの宿に帰り一泊、それから翌日に鉄道でカーディフに向かい予定でしたが、シュルーズベリー洪水被害のため、ホテルをキャンセルしてコンウィから直接アベリストウィスに来ていたのもあって、一日早く、アベリストウィスから直接カーディフに向かうことにしました。なお、この日にはもうシュルーズベリー駅も復活?し、鉄道も通っていたようで、Kさんもお宅の方は被害も特になく、生活にも支障...

  • 0
  • 0

ウェールズ+イングランドひとり珍道中2020年2-3月Day7/ウェールズ国立図書館へ!(26 Feb/2020)

前日に訪れるはずだったシュルーズベリーの洪水被害のため、急遽予定を変更し、次の目的地、アベリストウィスに滞在中。Kさんより、結局シュルーズベリーは駅が使えなくなってしまったと教えていただき、本当に、プラン変更をしてよかった…。この日は、この土地に来た最大の目的を果たしに行きます。その前に、腹ごしらえを!朝食はいくつかのメニューから選べるようになっていましたが、この日は"Welsh Breakfast"を選びました。...

  • 0
  • 0

ウェールズ+イングランドひとり珍道中2020年2-3月Day6/DSオーウェン牧師の足跡をたどる アベリストウィス編(25 Feb/2020)」

この日、本来であれば鉄道にてシュルーズベリーに向かうはずでしたが、現地が洪水で滞在予定のホテルの前の道も浸水しているという情報をお会いする予定だった方などから伺い断念。ひとまず、朝食を食べてからチェックアウト。Kさんに差し上げようと思っていたお菓子をホストの方に差し上げたらちょうど今日僕の誕生日なんだよ、とのことで良かった(?)まずは前日と同じバスでバンガーに向かいます。一緒にバスを待っていたおじ...

  • 0
  • 0

ウェールズ+イングランドひとり珍道中2020年2-3月Day5/DSオーウェン牧師の足跡をたどる バンガー大学編+名前が長すぎる駅&まさかのトラブル!(24 Feb/2020)

この日は、前日カナーヴォン上に行く際、バスの中継地点として通ったバンガーが最初の目的地。バンガーまでは鉄道も通っているのですが、この数日の経験からバスの方が何かと都合が良さそうと判断し、この日もバスで向かうことにしました。なお、3日目から、ずっと同じExplore North and Mid Wales Passを使っています。3日目の最後に乗ったバス以外では、このパスは使えないとは言われませんでしたので、おそらくやはりあの運転士...

  • 0
  • 0

ウェールズ+イングランドひとり珍道中2020年2-3月Day4/宿とカナーヴォン城とコンウィ城(23 Feb/2020)

というわけで?旅3日目から3泊コンウィのB&Bに滞在しました。今回旅の時期を1月からこの時期にずらしたのはここに泊まってみたかったものの、2月の上旬までクローズしていたから。なぜここに泊まってみたかったかというと、ここが教会をリノベーションして作られた宿で、しかも、チャペルをほぼそのままの形で食堂にしていたからです。牧師さんについて調べているのに教会の内部に入ったこともないし、入る機会もないかもしれ...

  • 0
  • 0