マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOPRufus Sewellドラマ・TV映画感想 ≫ 『イレブンス・アワー』第1話「リザレクション」

『イレブンス・アワー』第1話「リザレクション」

GyaO!さんでの無料配信が始まってことですし、
EHの感想もぼちぼち書き始めようかと。

このドラマは、2006年の同名の英国ドラマのリメイク作品です。
(オリジナル版のドクター・フッドはパトリック・スチュワート)
私はそちらは観ていないので、
あくまでルーファス・シーウェル版EH単体での感想。

と、いうわけで第1話「リザレクション」。

GyaO!さんより拝借のあらすじ。
「ワシントン州 シアトルで、遺棄された胎児が19体発見される。
19体すべて同じDNAであることからヒトのクローンを作っている
疑いがあがり、FBIの科学顧問ジェイコブ・フッド博士と
彼の護衛役、レイチェル・ヤング捜査官が調査の要請を受ける。
事件を追っていくと、ゼペットという科学者の存在が浮かび上がるが……。」

ドクター・フッドとレイチェルのコンビの始動編。
とはいっても、この話より前から
レイチェルはジェイコブの護衛をしていた感じですが。

とりあえず、恥ずかしい所に爆破事件の際の破片が
入っているらしいジェイコブ(どういう設定だよ)、
科学者らしく、ものすごく純粋で真っ直ぐな印象。

ルーファス、上目遣いがかわいすぎます。

レイチェルは見た目お若いのに
結構キャリアのありそうな感じでかなり年齢不詳気味。
警護する人間がその靴でいいんかい、とかも思いますが…。
金髪さんにしては柔らかくて可愛い印象で個人的にはいい感じです。

今回は、ま、クローン技術のお話なわけですが…。
よく、自分のクローン作ったり、子どものクローン作ったり、
こちらは実際にもう実用に入ってるようですがペットのクローンを作ったり、
という話をよく聞くんですが…。

最後にジェイコブが言っていたように、
DNAが一緒だからって、
全く同じ人間や動物ができるってわけじゃないよ?と思います…。
わたし、一卵性の双子(DNAが同じ)な小学校時代からの友人がいるんですが、
同じ環境で育っているにもかかわらず、
背の高さも顔も声も喋り方も性格も違いますよー?
似てはいますけど、電話でもどっちだかわかるくらいに違うんですよね、
それ見ていると、そういう意味でのクローンてすっごく意味ないよね、と思います。
もちろん、医療目的とかだとまた違うのでしょうが…。

副題の「リザレクション」Resurrectionとは、
「復活」を意味するようです。
本編、運び屋くんが神に赦しを請いながら車を走らせるシーンから始まり、
教会に行ったりするシーンもあったりしたので
ここでは、「キリストの復活」の方の意味とかけているのかな?

第1話「リザレクション」は9月27日までの配信です。
イレブンス・アワー 配信ページ

見逃した方はとりあえずコチラ?アメリカ版ですが、オールリージョンです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL