マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOPMatthew Macfadyen映画感想 ≫ 『プライドと偏見』

『プライドと偏見』

やっとオーディオコメンタリー観終わったのでP&P感想書けますー。

『プライドと偏見』("Pride & Prejudice")は、2005年に公開された
ジェーン・オースティンの古典小説の映像化作品。

主演はキーラ・ナイトレイとマシュー・マクファディン。
その他、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレッシン、
ロザムンド・パイク、サイモン・ウッズ、
ルパート・フレンド、トム・ホランダーなど。

映画館勤務時代に上映していた記憶はありますが…
キーラが主演だったことと、ダーシーのモミアゲ(?!)も
うっすら覚えているのですが…
ロマンスものというとそれだけで敬遠しがちなワタクシ、
もちろんその時は観てはおりません。

今回も、マシューの代表作、マシューファンを増やした作品ということで、
とりあえず消化はしとかないと、と中古DVDを購入したわけですが。

とりあえずあらすじ?

18世紀、英国の田舎町ロンボーンに住むベネット一家。
この一家は五人姉妹で父親の財産を継ぐ男子がおらず、
家長のベネット氏(ドナルド・サザーランド)が亡くなったときに、
財産が奪われ、住む家も無くなる可能性があるために
母親のベネット夫人(ブレンダ・ブレッシン)は
娘たちを金持ちに嫁がせようと躍起になっている。

そこへ、ビングリー(サイモン・ウッズ)という資産家が街の別荘に引っ越してきた。
そこで、ベネット夫人は舞踏会に娘たちを送り込む。

舞踏会には、ビングリー氏と共に、彼の妹キャロライン(ケリー・ライリー)と、
友人のダーシー氏(マシュー・マクファディン)も同席していた。
人当たりの良いビングリー氏とは正反対で、無愛想なダーシー氏は
舞踏会に嫌々出席しているという態度。
ベネット夫人や娘たちからの印象は最初から最悪であった。

器量と気立ての良い長女ジェーン(ロザムンド・パイク)は、
ビングリー氏と良い雰囲気になるが、
次女エリザベス(キーラ・ナイトレイ)は
ダーシーが自分のことを悪く言うのを聞いてしまう…。

意外と話をまとめるのが面倒です…。
と、いうか、あまりに有名なお話なので、もう今さらここに書くまでもないかな、と(コラ)
もし続きを知りたい方はウィキペディアの『高慢と偏見』(原作)あらすじを読んでください…
(ほとんど内容は同じですので)


結論から言うと、思っていたよりもずっと面白くて、
マシュー以外のところも早送りせずに見てしまいました。
(恋愛ものだと、目当ての俳優のシーン以外すっ飛ばしたりするダメなワタクシ)

一応「お約束ロマンス」の原典である、ということと、
字幕が微妙だという知識はあった上で、原作は読んだことがなく、
コリン版も見ていなかったのがかえってよかったのかも。

この映画の感想を色々読んでいると、
批判的に書いている人は大概が原作+BBC版のファンか、
「話が見え見え」「ありがち」とこの作品に対しては
的外れとも言える感想を書いている人だったので…。

BBC(コリン・ファースダーシー)版ファンの方の意見は、
私も後でBBC版見たのでわからんでもないと思いました。
コリンダーシーはたしかにとっても魅力的でしたし、
原作に近いのはコリンの方でしょうからねー。
ま、このあたりも含め、BBC版の感想はまた改めて書きます。

で、『プライドと偏見』に戻りますが…
ドナルド・サザーランド演じる父ちゃんがすごく良かったです。
リジーのことがすんごく可愛い!というのが伝わってきます。
ラストのシーンも良かった。
リジーが思わず泣いちゃうのもなんかわかるし
(ワシにも乙女な部分はあるのです)、
それにつられて泣いちゃう父ちゃん可愛すぎる。

それだけに(?)途中ダーシーがリジーの母や妹たちだけでなく
父さんまで批判する所がよくわかりませんでした。
映画版父さん、なんかしたっけ?

ちなみに、
米国版エンディングは、映像特典としてはかなり美味しかったですが、
一本の映画、ひとつの作品としてはUKや日本版の終わりの方が好みでした。

で、重要な!マシューダーシー、とにかくひたすら可愛いです、
リジーが馬車に乗る時、手をかしたあと、
思わず手をわきわきしちゃうとことかかわいい。
その他も、すべてのシーンでかわいすぎです。
つか、どんだけオトメなんだ、フィッツウィリアム・ダーシー。
あんまり『高慢』って感じがしないので(それってマズイのかもですが)、
この邦題でよかったと思います、むしろ『無愛想と偏見』という気もしますが(コラ)

無愛想すぎる初登場シーン。


オーディオコメンタリーで監督が、「声が良い」っていの一番に言っていて、
「よくわかってらっしゃる!」と思いましたよー。
このシーンもマシューの声のよさが効いてます。


乗馬がヘタで困った発言も、どこかで読んではいたのですが、笑いました。
「ロクに座ることもできない」って、確かに…。
今まで馬に乗る役をやる人を見てきて、中にはかなり初心者だな、
と思う人もいましたが、あんなに上体フラフラしてる人初めて見たかも…。

オーディオコメンタリー見る前に、
『ロビン・フッド』のメイキングで、
俳優の中でも最上級に馬の扱いが上手いラッセルの姿を見て
目がハートになっていただけに更に笑えました(失礼)
…止まった馬に座るのもやっとな人は…常歩まではともかく、
駈歩や襲歩なんて絶対無理(正反撞の速歩はもっと無理)!!

でも、監督も褒めてましたが、ダンスシーンは優雅でした。

最初見た時から、素敵だな、と思っていました。惚れ。
『MI-5』でのサルサは微妙でしたが(本気出せばうまかったりして)。

あと、妹ちゃんを抱き上げるシーンが好き。
その後のリジーとのシーンは喜劇俳優としてのマシューを
出したとか何とかコメンタリーで言ってました。演技の幅広いよね。


あとは、はい、お約束のコレですね。


個人的に残念だったのは、私にはあまりジェーンが魅力的に見えなかったこと…
でも他の方のレビューとか読んでると、「すごく美人」とか、
男性が「すごく好み」とか書いてあるので、コレはあくまで好みの問題かなぁ。

ドラマ版の感想は上記の通りまた改めて書きますが、
とりあえず、ウィッカムは映画版に1票。

そいえば、ルーファス・シーウェルの舞台歴をまとめていて
彼が過去にダーシー役をやったことを知りました。
ルーファスのダーシー、どうなんだろう…。
原作では「綺麗な顔をしている」という表現があるらしいので、
そこだけ見るとマシューやコリンよりあってる気がしますが…。
(ちなみに背の高さはマシューですね、やっぱり)

ルーファスといえば、ジョー・ライトはCharles IIの監督だったのですね!
コメンタリーで言っていて初めて気づきました(汗)
しかし、日本の殆どの人は、「え?何そのドラマ?」って感じだったでしょうねー。
あのホワイトホール、やっぱりセットか、そりゃそうだよな。
(確か一部しか残ってないらしいし)

で、原作も読みたいですが、個人的には原作を踏まえた上で、
さらにルーファスの次回作
『ヴァンパイアハンター・リンカーン』の原作者、
セス・グレアム=スミスによる『高慢と偏見とゾンビ』を読みたい。
コチラのサイトに載っていた書評を読んでるだけで爆笑。
(ジェーン・オースティンの純粋なファンの皆様すみません)

映画化の話も出たり消えたり(?)のようですが、
むしろ、このダーシーの役をマシューにやってほしいくらい。
と、いうか、ジュディ・デンチ…こっちの役の方があいそう…。

高慢と偏見とゾンビ(二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)高慢と偏見とゾンビ(二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
(2010/01/20)
ジェイン・オースティン、セス・グレアム=スミス 他

商品詳細を見る


先にBBCドラマ版『高慢と偏見』を観ていた家人1が、
このジャケのはだけマシューダーシーを見て吹いた(笑)
今度こっちも見せるからなっ!
プライドと偏見 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]プライドと偏見 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
ドナルド・サザーランド、マシュー・マクファディン 他

商品詳細を見る

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年10月25日(Thu) 20:38
Re: タイトルなし
編集
--さん、コメント有難うございます♪
乗馬スタイルダーシー、確かに素敵でしたね…!
が、マシューの乗馬…上手くはない…と思いますよ(笑)
でも『ロビン・フッド』では頑張っていたように見えたので、その後練習したのかもしれませんね!
P&Pより前の『仮面の真実』でもちょっと乗っているみたいなので今度確認したいと思っております。

私は3年位は真面目に?乗馬クラブに通っていたのですが
(でも週1鞍だったので全然練習量は足りていませんでしたが…)
…最近は全然乗りに行けておらず、えらそうなことは言えない立場なのですが(滝汗)
2012年10月27日(Sat) 22:23
編集
見直しました。確かに!確かにグラついてました。でも許す、許します。できるなら相乗りしたい。現実逃避的にビタヤさんのとこに来る回数が増えて、益々マシューにのめり込みそうです。いや私の場合、ダーシー様かな。英語欲も湧いてきましたし本当にありがとうございます。
2012年10月30日(Tue) 20:09
Re: タイトルなし
編集
yukikoさん、コメント有難うございます♪

ですよね、グラついてますよね(笑)
おお相乗り!わ、私は別の馬でいいです(こら)

このところまたちょっと更新滞っていて申し訳ありません、
ダーシーネタではないですが、また近々記事アップしたいと思っておりますので
また遊びにいらしてください!

英語欲、湧きますよね、私の場合はなかなか実力に結びつかないのがもどかしいですが(汗)
2012年10月31日(Wed) 22:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL