マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOPダークエイジ・ロマン 大聖堂 ≫ 『ダークエイジ・ロマン大聖堂』第3回聖アドルファス祭と原作

『ダークエイジ・ロマン大聖堂』第3回聖アドルファス祭と原作

と、いうわけで第3話。
原作、ドラマを追い越さないように読んでいたのですが、
ちょっと追い越し+ぱらっと先を見てしまったダメな私です(汗)
とはいえ、ちゃんとは読めていないので、色々とうろ覚えですが、
原作とドラマの進行(や設定)が結構ぐちゃぐちゃになってきていますね~。

今回の話のあたりだと、ジャック(とエリン)は全く出てこなかったかと思うんですけど、
大人の事情というか、8回で全部まとめようとしたらああなるのかな~と思いました。

トムとエリンはだんだんドラマの方もいい感じに(?)
バカップルになってきましたね~。
…トム!仕事遅れてるのに、1年くらい我慢しなさいって(涙)
って、ここも原作と違うから1年とか期間決まってないんでしたっけ(汗)
でも、馬に乗るトムを見られたのでよし(え)
あ~、オレもトムのケツ掴みたいよ、と思ってみてました(え)

石切場のシーンは途中までトム、かっこよかったのに、
ジャックの場面になってしまいました…うぅ。
ちなみに、フィリップがアリエナの羊毛を買ってあげるシーンも、
原作ではフィリップの独壇場?でかっこいいシーンだったのに。。。
ジャックがいたために少し霞んでしまったわ…。
原作ではジャックが居ない分、今回は特に個人的にジャックの存在が…邪魔でした(小声)
これから主人公(の一人)がジャックにスライドしていくので仕方ないのかもしれませんが…。

石切場リベンジ?のシーン、
修道士達の聖歌と、職人たちの石切の音が一緒になってすごくかっこよかったです。
これは本(文章)では絶対に出せないかっこ良さ。
個人的に今回一番好きだったシーン(画面よりも、音が)でした。

次回予告、全くトム出てなかったんですが…あまりでてこないのかな…。
フィリップに注目するか~。

そいえば、原作アルフレッドはアレでこれで最後あんな感じなわけですが、
ドラマだとどうなるんでしょうねぇ。
原作よりは性格悪くないんで、原作みたいにならないといいんですが(汗)
今までとあまり変わらない性格で、今後原作通りだったら、
それこそも~、かわいそすぎますよ…。

と、話をトム(と、いうか、ルーファス・シーウェル)に戻して…
私、実はルーファスタイプの声ってあまり好きではなく、
最初てらそまさんなルーファスなトムがかっこいい!
と思っていたのですが、(今もですが)
原作によれば、トムは長年粉塵を吸ってきたために、
胸に引っかかるような呼吸をするというような設定らしく、
そうだとすると、たしかにてらそまさんのお声よりも、
ちょっとかすれた感じのルーファスの声の方があっているのかもな、と思いました。
(つか、そこ込みでのキャスティングかな、と)
まぁ、ルーファスの声自体最近好きになってきたので…
ぜひDVDでオリジナル音声もみたいな~と。日本でも出ないかな、DVD。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL