マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOPMatthew Macfadyenドラマ・TV映画関連ネタ ≫ マシュー・マクファディンインタビュー動画&記事 on Los Angeles Times

マシュー・マクファディンインタビュー動画&記事 on Los Angeles Times

2019年5月21日付でマシュー・マクファディンのインタビュー動画、
及びそれを元にした記事がLos Angeles Timesオンライン版に掲載されました。

‘Succession's' Matthew Macfadyen is far from Mr. Darcy now by Yvonne Villarreal on Los Angeles Times

内容は、記事タイトルからもわかるように
主にマシューがアメリカ人ビジネスマン、トム・ワムズガンズ役で出演、
現在シーズン2を撮影中で2019年8月11日から本国(米国)にて放送予定の
HBOドラマ"Succiession"(邦題:キング・オブ・メディア(スターチャンネル放送時)/
メディア王~華麗なる一族~(レンタルDVD)/サクセッション(アマゾンプライムビデオ))
に関してです。

2019年7月19日追記:
ブログをSSL化した関係で、もともと貼ってあったショートバージョンの動画の埋め込みを外しました。
ご覧になりたい方は、この記事の最初にリンクを貼ったLA Timesのページで見られます。
追記ここまで

2019年5月26日20時20分追記:
すみません、フルバージョンの動画がありました。

改めて後日新エントリ書いて内容についてまた触れるかもしれませんが、
できないかもしれないのでとりあえず…。
追記ここまで

もうめちゃくちゃかわいい…(笑)
脚本が出来上がるのが遅くて、読み合わせの1時間前くらいに上がってきたりで、
その場で読んでこうなるの?!って笑っちゃったりとか、持病の癪が出て撮影中も笑っちゃって大変とか、
全部のシーン、グレッグ役のニコラス・ブラウンさんやシヴ役のサラ・スヌークさんとのシーンも…
あと特にみんなで集まるシーンでキーラン・カルキンくん
(みんなの発音聞くと、キアランもしくはケアランの方が近いんですかね)が
おかしすぎて直視できない…とか(笑)

で、インタビュアーの方が(マシューがヘンリー・ウィルコックスを演じたBBC/Starzドラマ版)
「ハワーズ・エンド(Howards End)」でも?というように訊いて、
もうひどかったよ!ヘイリー(・アトウェルさん、マーガレット・シュレーゲル役)がもう…ほんとひどい…。
とかなっちゃってるのが個人的にツボでした(笑)

こんないたずらしかけるくらいの方だものなぁ…(笑)


そういえば、望んでいた形でなかったにしても、
日本に入ってきたということで「ハワーズ・エンド」の感想も書こうと思っていますが、
そのうちに…。

それと、動画には入っていない?気がしますが(もっとちゃんと見てみよ…)、
アメリカン・アクセントで苦労した話も(ちゃんと舞台"The Pain and the Itch"に言及しているのが嬉しい)。
これも以前からインタビューで言っていましたが、もともと台本に有るのは練習?するから良いけど、
とにかくアドリブが多くて、ビジネス系の用語でのものなんか
(ダウ平均価格に関して何か言って!とアダム・マッケイさんに突然指示出しされたり)が大変、と。
と言うか、私だったら日本語でもそんなアドリブ絶対できない…
やっぱり役者さんってものを知っていないといけなくて大変だなと思います…
(まあ、トムはアホだから間違ったことや見当違いのことを言ってても
視聴者が納得するとかも有るのかもしれませんが)。

そして、こちらも前から結構聞かれる?トム&グレッグのスピンオフネタですが…(笑)
東京(支社)やるとか、中東でも良いけど、みたいな感じですが、
以前のインタビューでは沖縄に二人で逃避行、的なことも言っていた気が…(笑)
マシューの意識の中に日本が存在しているのが嬉しいような、
でもありえない設定としてなので複雑なような(笑)

カリフォルニア・ピザ・キッチンの話も出てますが、
今、日本には川崎にしか無いので、ぜひそこで食事してください(笑)

私はマシューが主人公クララの父親、ベンジャミン・シュタールバウムを演じた
「くるみ割り人形と秘密の王国(The Nutcracker and the Four Realms)」
見に行ったときに行ってみましたぞ…(どうでもいい情報)



(店名をタイポしている…予測変換め…)




しかし、トム&グレッグ in Tokyo実現したら、
二人がそびえ立っていてそれがすでにネタなんだろうな…
(もちろん、東京にも長身の方はたくさんいますけども)。

とかなんとか書きましたが、相変わらず英語できなさすぎで嘘ばっかりの可能性大ですので、
ご自身で内容をお確かめくださいませ…。

ついでに、割と最近のThe Times Magazineのインタビューでは
インスタやってないと言っていた気がしたマシューの妻で女優のキーリー・ホウズですが、
最近(?)アカウントを作ったらしく、先日のBAFTA(TV)授賞式での
マシューとの2ショット(まあプロが撮ったやつの転載?ですが)を上げてくれていました。

現在プロフィール欄にMrs Macfadyenとあるのがなんかかわいいな…(嫉妬←?!)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL