マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP旅行記 ≫ イングランド〇〇り珍道中2018年9月Day8/感動の再会(?)(11 Sep/2018)

イングランド〇〇り珍道中2018年9月Day8/感動の再会(?)(11 Sep/2018)

いよいよ最終日。

フライトは夜、迎えの車は3時頃ホテルに来る予定なので、
どこか観光や買い物に行こうと思えばいけたのですが、
今回の旅は結構歩いたし、その他諸々の理由であまりで歩きたくなかったので、
ひとまず朝にホテルをチェックアウトし、荷物を預けてから、
リーダーズカードを持っているため、大英図書館(British Library)の閲覧室に行くことにしました。

今回は特別目的が有るわけではなかったので、毎度おなじみのマシュー・マクファディンが参加した、
ある劇場の50周年記念イベントの朗読劇(?)のオーディオレコーディングを聴きつつ
(これについても、いずれ感想など書きたいと思っています。本当に好きで何度も聞いてしまう…)、
データベースでリードさん関連の新聞記事を検索していたりしました。

…またいろいろと調べたいことがあるので、またここに来よう…
(そしてレコーディングも聴こう)

その後、宿からそこそこ近いのもあり、マシュー・マクファディンの出身演劇学校である
RADA(Royal Academy of Dramatic Art)のカフェで昼食を取ってから、
その近くの本屋で少し時間を潰してから、ホテルに向かいました。

そして、荷物を受け取り、ロビーで迎えのドライバーを待たせてもらう。
…約束の3時をまわりましたが、うーん、来ないぞ…(せっかちな日本人)。

3時を少し過ぎた頃、やっとドライバーが迎えに来ました。
…!行きのあの場所間違えてたドライバーさんじゃないか!!!!!!
ああ、来たときと同じ曜日だからかな…?

向こうはやはり明るい笑顔で、あ、まただね~という感じで挨拶してくる…(笑)

帰りもひたすらスペイン語で電話してましたが、
もちろんちゃんと空港まで送り届けてくれて、笑顔でお別れの挨拶をしてくれました(笑)

帰りは特にトラブルもなく(多分、忘れた…)、無事、翌日帰国&帰宅しました。

とりあえず、荷解きして最初にお持ち帰りしてきたダーシーが無事かを確認しましたよね…。

箱はできるだけコンパクトに+ダメージを受けないように、と加工しました。
blog_2018091_01.jpg

鼻が欠けてたらどうしよう、と思いましたが、無事でした。。。
blog_2018091_02.jpg

とりあえず、中の人の作品関連書籍(文庫以外)の棚に置きましたが、
上の段のたわみが怖いので移動したいと思いつつ、まだできていない状態です…。
blog_2018091_03.jpg

今のところ、次イギリスなりどこへなり行くのは全く未定で、
マシューの舞台が今年中になければまた年始頃に行こうかな、と考えていますが、
どうなることやら…(本当にそろそろお願いしたい)。

と、いうわけで、途中、あいだがものすごくあいたりしましたが、
お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

また「リッパー・ストリート」関連や、マシューの曾祖父さん関連のことを調べつつ、
「ハワーズ・エンド」の感想を書いているうちに、"Succession"ネタとか、
他の新しいお仕事ネタ(熱望)とかが出てくるかな?ということで、
ぼちぼち書いていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします!
[ 2019/05/03 13:44 ] 旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(0)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL