イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。

※「マシュー・マクファディエン」がカタカナ表記としてマシュー本人の発音に近いと思いますが、このブログでは一般的な「マクファディン」表記で統一しています。

当ブログの名前の由来。

ふらふらと動画漁りをしていたら、
MOVIECLIPSということろがサイト上とYouTubeで色々配信しているのを知りました。
スタートは「映画ファンによる映画ファンのための」サービスだそうですが、
配給などの許可を得ているみたいなので、これから先使わせて頂く予定です。

今回はちょっと試しで、ということで、
当ブログの名前の由来となったセリフが出てくるシーンを。

キーラ・ナイトレイ+マシュー・マクファディン
2005年映画版『プライドと偏見』より。

かなりネタバレ(というか、ラスト近くの山場)ですので、
まだ観ていなくて、これから観る予定の方はご注意を。

そのセリフは、2分10秒くらいのとこで出てきます。
それにしても、マシューの美声(と子犬のような目が)がたまらんのー。


実は先日コリン・ファースの1995年BBCドラマ版『高慢と偏見』も観ましたので、
両作品の感想も近いうち書きたいと思っております。

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.