マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOPMatthew Macfadyenドラマ・TV映画関連ネタ ≫ 「リッパー・ストリート」シーズン4新画像+トレーラーを見てのあれこれ

「リッパー・ストリート」シーズン4新画像+トレーラーを見てのあれこれ

マシュー・マクファディンがエドムンド・リードを演じる
「リッパー・ストリート」("Ripper Street")。

先日、そのシーズン4のトレーラーが配信されたという記事を書き、
その記事内にトレーラー動画を貼りましたが、今回は「トリオ」の画像。




…順番として逆じゃないかな?とも思うのですが、まあ、いいか。

以下、ちょっとトレーラーを見ての感想というかなんというか、
あくまで私個人の思ったことなのと、S3までのネタバレ含むので、
とりあえず記事を折りたたみますね。










まず、予告を見る限りやはり3人の立ち位置はS3よりも更に違うものになりそう?という感じもしますが、
今までもトレーラーの映像は全然違うシーンを繋げたりというのも結構あったので、どうなんでしょうか。
サムネイルにも出ている刑事さんっぽい新キャラも気になりますが、もしかすると、
S1E3のレスラー警部補のように何話かのゲストという可能性もありますし…。

新キャストといえば、マシュー・ルイスくん。
こちらの過去に書いた記事でマシュー・ルイスくんがツイッターに上げた、
彼の「リッパー・ストリート」の衣装でのお馬ちゃんとの2ショット写真を貼って「巡査のようですね」と
書きましたが…上記画像では隠していた腕がトレーラーではバッチリ映ってて、
(画像でもちょっとだけ写っちゃってるけど)巡査じゃなくて巡査部長…ということは。。。とか…。

ドレイクが使っている電話についてはちょっとだけ調べたところ、
S4の2年位前からイギリスでの一般利用が始まったようですね。
ああいう形の受話器もちゃんと有ったようですが、もう少し調べてみたいところ。
(実はS1で「進んでる」と言われてたテレグラフは当時は普通に使われていたっぽい、とかも含め…)

他、トレーラー見た限り調べてみたくなったのは実際のヴィクトリア女王のダイヤモンド・ジュビリー、
当時の死刑や死刑囚、裁判について(これはS1E2の、子供の、も含めちょっと資料あさり中)とか…。
まあ、実際観たら色々出てきそうで、まだS1で気になっているものも全然調べきれていないのに、と…
嬉しい悲鳴ではありますが。

いつもマシューの話に付き合っていただいている方とも言っていたのですが、
リードは更に痩せて、なんだか若返ったように見えます…(笑)
ヒゲの白髪の割合が増えたジャクソンと、S3ラストからの日々を思うと良い対比になりそうかも、とか。

S3ラストのあと、リードはどう過ごしていたのか、
なぜ戻ってくるのか?というのがもちろん一番気になるところですが、
新たに警察に入り直す?際の宣誓の時のセリフの中で"according to law(法に則り/法に従い)"
(最初のaが聞き取れないんですが多分…違ってたら教えてください~!)
というのが強調されている(気がする)のは、個人的に納得できなかった
S3E8での「決着の付け方」に対して何かまたあるのかな、とか期待してしまったり…。

個人的にリードくんのロマンスはあんまりどうでもいいというか、
無くて良い派なので(その辺りでもS3は好みだったのかも…)、
新しいお相手が出てきそうなのがまたどうなのかな~う~…とか…。

しかし、こういう作りでもまだ実はリードは主人公じゃないんじゃないかと
数%疑っている自分がここに…(笑)

まあ、配信まであと一ヶ月ちょっとなので
また色々画像や映像出てくるでしょうから、妄想しつつ楽しみにします。
その妄想の答え合わせ(?)はいつできることになるやら…(涙)

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年12月07日(Mon) 14:24
Re: No title
編集
鍵コメさん、コメントありがとうございます♪

ですね、もうすぐですものね、マシューの何かしらのメディア露出なんかもあるんでしょうかね、
リッパーはBBC時代からあんまり宣伝に熱心じゃないイメージで
その辺りの淡白な感じもしますが、まあ、そこも作品とよく合ってて良いと言ったら良いですかね…。

18世紀の、そうなのですね~!このお話伺ってマイアンナさんが流刑人役で
出演されていた18世紀の流刑植民地が舞台の"Banished"を
思い出してしまいました(って、まだちゃんと観られていないのですが…)。

しかし、時代が違うのもそうですが、
スーザンの罪状って…トレーラー中のスター紙の見出しが
"LEMAN STREET DISASTER MASTERMIND DEATH SENTENCE DUE AT LAST"になってるので、
列車事故を引き起こした首謀者=55件の殺人罪でって感じなのかな、ということで、
さすがに窃盗とは同じ扱いはなさそうですよねぇ…。

本当に色々気になりすぎです…。

あっ、リードのロマンスいらない派仲間!(笑)
ですです、マチルダとの父娘のシーン、沢山観たいですよね~。
2015年12月07日(Mon) 22:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL