マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP旅行記 ≫ ロンドン○人珍道中2013年12月~2014年1月Day5その2/マシューだ…!(3Jan/2014)

ロンドン○人珍道中2013年12月~2014年1月Day5その2/マシューだ…!(3Jan/2014)

"Jeeves & Wooster in Perfect Nonsense"自体の感想はこちらの記事で。
観劇後の出待ちしちゃったよその1(1月3日)はこちらの記事で。
観劇後の出待ちしちゃったよその2(1月4日)はこちらの記事で。

いよいよマシュー・マクファディンが出演する
"Jeeves & Wooster in Perfect Nonsense"を見るですよ!!!

と、この日は某SNSでお世話になっている、
「大聖堂」からのマシューファン(私と同じ!!!)という
Kさんとご一緒することになっており、チケットのピックアップもあるので
待ち合わせの18:00より少し早めに
デューク・オブ・ヨークズ・シアター(Duke of York's Theatre) に
しいたけさんと向かいました。

20140103doy01.jpg
当日の写真ではないですが…
Duke of York's前はこんなかんじ。

劇場の前あたりで一組の男女が撮った写真を確認していて、
観光客が記念に劇場か風景の写真撮ってるのかな、
とか思ったんですが、女性が男性にお礼を言っている。
と、男性をよく見たらなんとマシューじゃないですか…!

20140103doy06.jpg
※イメージ図(笑)いや、これじゃなくって、本当に本物のマシューです!

女性が立ち去って、マシューも歩き出した瞬間、
「えくすきゅーずみー!みすたまくふぁでぃえん…!」
と慌てて駆け寄り、マシューの前に立ちふさがるワタクシ…(滝汗)
(あとで、しいたけさんに「なんで突然走り出したのかと思いました」
と言われてしまいました・汗)

立ち止まるマシュー。
まさかここで会えると思っていなかったので、
超しどろもどろで超簡単な英語すら出てこない。

私:「あああああいむびっぐふぁん!(何か色々言葉がぬけるくらい動揺している)」
マシュー:「ありがとう」→次になんて言葉が出るのか待ってくれている。
私:「ああああんどあああああいうぃるしーでぃすしょーとぅないと!!!!!」
マシュー:「今夜このショーを見るの?いいね!(←イギリス人お得意のlovely!ってやつ)」
私:「いえす!とぅないとあんどとぅもろー!」(と、おもむろにカバンを漁りだす)
マシュー:多分サインか写真でも頼むのかな?と?じっと待ってくれている。
私:「あああああいろ―とでぃすれたーふぉーゆー…うぃるゆーていくいっと?」
マシュー:「もちろん!わざわざありがとう!」
私:「さんきゅー!!!!」

実は、ステージドアで会えたとしても英語ができないので
しゃべれない、でも何も言わずにサインと写真だけ、というのは
(マシューはあんまりそういうの好きそうじゃなさそうなイメージなのもあって)
マシューに対してだけは絶対に嫌だったので、
手紙を書いてきていたのでした…まあ、会えない、渡せないだったら
帰ってから手直ししたものを出せばいいし、と思って…。

ちなみに今夜楽しみにしてます、なんて難しい英語(←)出るわけもなく…。

ていうか本当にあの声…しかも、私が一番好きな、ちょっと囁くというか、
口の中で笑いながらそっとしゃべる感じのあの声で…(わかりづらい)
しかも、マシューって役のイメージで目を伏せがちなイメージだったんですけど、
話を聞いてくれている間ず~~~~~~~~~~~っと目を合わせてくれていた…。
目の色、すんごくきれいだった…。表情もすごく優しかったし…。
というわけでもう何が何だかわからない状況に…。

ボーっとしながらチケットピックアップ…
じわじわ来て、そうだ、ツイートしよ、と
あいぽっどを取り出すも手が震えてなかなか打てない…。
ヤバい、生マシューめちゃくちゃかっこいいわこれ…かっこよすぎたわ…。

フワフワした気持ちでKさんを待っている我々。
(いや、フワフワしてたの私だけだったりして…汗)

で約束の時間にKさんがいらっしゃって、オフでは初めてお会いするのに
自己紹介やら名乗り出るやらの前に開口一番
「今そこでマシューに会ったんですよおおおおおお!!!!!」
とか言ってしまいました…Kさん、すみません(汗)

とりあえず軽い食事しましょう、とトラファルガー広場付近の書店内のカフェへ。
マシューのこと中心にジョセフさんやあーみさんや諸々のお話につきあって頂いてから
そろそろ行きましょう!ということで再びDuke of York'sへ!

20140103doy02.jpg
いよいよ観られるんだ!とワクワク…!

20140103doy03.jpg
マシューはもちろん、マンガンさんも楽しみすぎる…!

20140103doy04.jpg
どうでも良いけどこのマシューと言うかジーヴスというかマシュー、しゅっとしてる感じ。

20140103doy05.jpg
というわけでロビー入ってみよ~!

わ~、結構人が集まってる~。
今日もHouse Fullみたいで何より!とプログラムを買って席へ。

と、いうわけでいよいよジーヴス始まる…!

Day5その3へ続く!
(その前に"Jeeves & Wooster in Perfect Nonosense"感想有、
1回目、2回目、3回目合わせての感想です)
[ 2014/01/12 17:11 ] 旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(0)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL