マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP旅行記 ≫ ロンドンふたり珍道中2013年5月Day2その4/ベンくんを出待ちしてみた。(18May/2013)

ロンドンふたり珍道中2013年5月Day2その4/ベンくんを出待ちしてみた。(18May/2013)

※"Peter and Alice"自体の感想などはこちらの記事で。

観劇の興奮もそこそこに、とりあえずステージドアへ(こら)

…予想はしていましたけど、すごい人…(汗)
絶対舞台観てない人もいるでしょ…という感じでした…。

先にも書いたとおり、「スカイフォール」のQでベンくんにハマってから
観に行ったという日本の方も結構いるようで(すごい行動力…)
ついったなどでステージドア周辺の画像なんかが回ってきて、
「スカイフォール」より前にチケットを購入していた
演劇に詳しく、昔からベンくんファンの方と、私、
「…すごそうですね、普通のステージドアと違ってとてもゆっくり話せませんね(涙)」
とか言っておりました…。

本当にすごい人で…これ、つかまえることすら無理かも…と涙目に。

ステージドアに近づいていくと、ステファノさんが
すっと出て行ってしまって…誰も声もかけておらず、
人だかりの向こうへ行ってしまいました…。うう、残念…。

そうこうしているとデレクさんが!
この方のサイン、ぜひ頂きたい!と思っていたので、
近づいてお願いしました!

2013may18derekautograph.jpg
デレクさんに頂いたサイン。

こんなに混んでいなければ、写真も撮らせて頂いたのに…。

その後、ルビーさんとオリーさんが出ていらして、何人かの方が
お二人にサインもらったりお話していました。

ファレルさんが出てらっしゃるのを待っていたのですが…
いつ出ていらしたのか気付かず…。
もしかしたら出ていらっしゃらなかったのかもしれませんが。

そうこうしていると、同行者が「出てきたよっ」と耳打ちしてきました。
おー、ホントだ!ベンくんだ!なんかモソモソ食べててかわいい…(こら)

皆色めき立っていたのですが、知り合いの人?が来たのか、
また中に引っ込んで、しばらくしてまた出てきました~。

ベンくんは群がる人々一人一人に嫌な顔一つせず、
とっても丁寧に対応していてプロフェッショナルを感じました!

ファンの方もみんな辛抱強く待っていて、
一人で来ている人が「誰かシャッター押して」というと、
みんな「はいはい」と撮ってあげていました。

ちょっと気になったのは…Qの写真?にサインをもらっている人たち…
ファンにしても、ベンくんの、というより007コレクターとかだったら…と…なんか
リチャード・アーミティッジさんがRSCの「マクベス」で
日本に来た時のSWマニアの逸話を思い出してしまったり…。

それならまだマシかも、で、転売屋じゃないのかな、
とかちょっと思ってしまいました…。

と、どうにかこうにかベンくんのところに辿り着き、
ペンとプログラムを差し出してサインをもらう…。

2013may18benautograph.jpg

「写真も良いですか」と訊いたら、
ベンくん、すっごく優しい表情と声で「もちろんいいよ~」と言ってくれて、
はわわ、もうたくさんの人に対応してきているっていうのに…!なにこの人…とか感動。

後ろを振り向くと、どんどん先に来ていた私についてこられなかったらしく、
同行者の姿が見えず、ベンくんと「ど、どこ…」と
探してしまいました…どんだけ必死なんだ、私、お恥ずかしい…。
すみません、ベンくんと同行者…。

周りの人たちが避けてくれて同行者が現れ、やっと写真を撮ってもらいました…。
175cmのベンくんにもかがんでもらうくらいのチビぶり…(汗)

2013may18ben01.jpg
撮影:同行者

しかし、ベンくんの髭を目のあたりに感じましたよ(聞いてない)

ベンくんにお礼を言い、同行者もサインをもらいに行ってました。
その後しばらくしてだいぶ人が引いてから、
同行者が2ショット取ってもらうついでに1ショもお願いしました。
しつこくしてすみません…(汗)

2013may18ben02.jpg
自分の目線からだとベンくんはこう見える、小さくない。

その後、ずーっと待っていた人(すごいファンなんだろうな~)
がベンくんとお話したりするのを横目に見つつ、デンチ先生を待っていたのですが、
他の人がスタッフさんに聞いたら、「彼女は出てこないよ」とのこと。

残念ですが、劇場を後にし、
近くの映画グッズショップなどで買い物してから宿に帰ったのでした。

Day3に続く!
[ 2013/07/06 23:17 ] 旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(0)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL