イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。

※「マシュー・マクファディエン」がカタカナ表記としてマシュー本人の発音に近いと思いますが、このブログでは一般的な「マクファディン」表記で統一しています。

ロンドンふたり珍道中2013年5月Day2その3/ノエル・カワード・シアター(18May/2013)

CATEGORY 旅行記
ホースガーズパレードを後にし、歩いて"Peter and Alice"の上演劇場
ノエル・カワード・シアター(Noel Coward Theatre)へ行きました。

こんな感じでポスターが貼ってありました。
2013may18noelcoward03.jpg

ベンくん
2013may18noelcoward01.jpg

デンチ先生
2013may18noelcoward02.jpg

とりあえずこの日の舞台のチケットのピックアップに。
チケット引換の時サイン書かされてちょっとびっくりしたです…。

ロビーにはノエル・カワード氏の(多分)写真が飾ってありました。
ノエル・カワード、と言えば自分にとっては
マシュー・マクファディンが2010に出演した
"Private Lives"の作家…という位置づけです(笑)

一度宿に戻り、昼を食べに行こう…と
言っていたのですがお目当てのお店が閉まっていてガーン…。
仕方なくスーパーで買ってきたものを部屋でモソモソ食べ、
じゃあ、そろそろ行くか…ということで、再びノエル・カワード・シアターへ。

劇場前に列ができていて何事?!と思ったのですが、
何やら、荷物チェックをしてから中に入れているようでした。
荷物チェックなんてされるんか…とちょっとびっくり。
チケットのピックアップの時も含め、DMTさんは慎重派なのかな?

パンフを買って席に向かう。
今回はストールズ最前列にしてみました!
おおお、舞台近!(当たり前)

というわけで、始まります!

Day2 その4に続く!
(その前に"Peter and Alice"感想アリ)

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.