マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP旅行記 ≫ ロンドンひとり珍道中2013年8月Day2その1/ 劇場2か所とあのロケ地(16Aug/2013)

ロンドンひとり珍道中2013年8月Day2その1/ 劇場2か所とあのロケ地(16Aug/2013)

この日は夜に芝居を観に行く予定だったのでとりあえず朝は街中をぶらぶらすることに。
残念ながら雨が降っている…芝居が始まるまでにやむと良いんだけど、と思いつつ、
ちょっとしたミッションを果たしにまずは地下鉄で
レスター・スクエア(Leicester Square)駅に向かいました。

レスター・スクエア駅を出て、
ノエル・カワード・シアター(Noel Coward Theatre)の脇を通り抜け、
セント・マーティンズ・レーン(St Martin's Lane)を
ちょっと南下した道沿いにその劇場はあります。

20130816dukeofyorks01.jpg

デューク・オブ・ヨーク・シアター(Duke of York's Theatre)。
10月30日からマシュー・マクファディンが出演する
"Jeeves and Wooster: Perfect Nonsense"を上演するのがココ。
現在は別のお芝居を上演中ですが、入り口の脇にはもう看板が立っていました!

20130816dukeofyorks02.jpg

で、ちょっとしたミッションですが、
この芝居のチケット発売日に慌ててチケット押さえたんですが、
その後旅に同行者ができて日程がちょっと変わったのでチケットのエクスチェンジに…。

エクスチェンジを済ますと(当たり前ですが)その場でチケットを渡してくれたので、
他の日にちの分もこの日にもらうことにしてバウチャーを渡して発券してもらったら
"More Jeeves and Wooster?!"って言われてしまいました…
2回分だけど合わせて6枚だからな…。
というわけで複数回観る予定です~楽しみ!!!!

で、ボックスオフィスのあるロビー内にもポスターが貼られていたので
応対して下さっていた方に写真を撮ってもいいか聞くと
「宣伝用のものだから良いよ」とのことで。

20130816dukeofyorks03.jpg

それから、先日アップしたフライヤーをボックスオフィスと
入口の二か所で数枚ずつもらってきました…。

その足で、今度は別の劇場へ。
コヴェント・ガーデン(Covent Garden)の少し北側に向かって歩いて行って目的地に到着。

20130816donmar01.jpg
トム・ヒドルストンさんが主演の"Coriolanus"を上演する
ドンマー・ウェアハウス(Donmar Warehouse)です。
チケット発売日に仕事のために出遅れ、
争奪戦に敗北したため、観られるかはわかりませんが、
一応下見、ということで…。

20130816donmar02.jpg
正面入り口はこんな感じ。

さすが座席数が少ないだけあってここ入って突き当りの
ボックスオフィスまでの空間もかなり狭かったです。

現在は"Middletown"でマシューの弟役だった、RADAの後輩でもある
ダニエル・メイズさんが出演(多分主演)されている
"The Same Deep Water As Me"が上演中。
入口を入ったところにこの作品のパネルも何枚か貼ってありました。

ただし、メイズさん、先日怪我をされたそうで公演が中止になったり代役が立ったり…とか
そんなことになってしまっていましたが、その後どうなったのでしょう…
たいしたことがないと良いのですが…!
お芝居は生ものですから、そういうこともあるってことは心しておかねばなりませんね…
なるべく遭遇したくないですけど。

ちなみにショッピングモール的建物に入っていて、

20130816donmar03.jpg
中がわにはこういう扉もありました。

それとここにもジーヴスのフライヤーがあったので数枚もらって…
結果先日もアップした画像のように無駄に多くなってしまったわけです(汗)

その後また徒歩で2月に"War Horse"を観たNew London Theatreへ…ではなく、
その近くにあるフリーメイソン・ホール(Freemasons' Hall)へ。

20130816freemaisonhall01.jpg

…別に私はフリーメイソンには全くと言っていいほど興味がないんですが、
じゃあ何のために…と言いますと…
この建物、マシューがS1,S2の主演だった「MI-5 英国機密諜報部」("Spooks")の
MI-5本部、テムズハウスの外観のロケ地なんです。
実際のテムズハウスは全然違う場所にある全然違う建物らしいんですが。

20130816freemaisonhall02.jpg
アップにした方がそれっぽいかもです。

中も見学ができるようですが、前述のとおり、フリーメイソンには興味がないので…(汗)
とりあえずこのあたりでいったん宿に戻り、中休みを取ることにしました。

Day2その2に続く!
[ 2013/08/30 23:23 ] 旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(0)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL