マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP旅行記 ≫ ロンドンふたり珍道中2013年5月Day1/いきなりトラブル!(17May/2013)

ロンドンふたり珍道中2013年5月Day1/いきなりトラブル!(17May/2013)

マシューの舞台詳細のご紹介の前に、5月の旅日記(?)を…。

と、いうことで5月17日から3泊5日という弾丸ぶりでロンドンへ行って参りました~。
実は2月の旅よりずっと前から計画しておりました…。

決めたのは昨年の夏ごろだったか…
"The Hollow Crown"の予告を繰り返し見ているうちに
前々から気にはなっていたベン・ウィショーくんにすっかりハマってしまい、
色々調べているうちにデイム・ジュディ・デンチと舞台やるらしい、
ということを知って、二人ともぜひ舞台で芝居を見てみたい!
と思う俳優さんなので観に行く!となったわけです…。

芝居のチケットは「スカイフォール」が公開したら、
ベンくんの(舞台を普段見ない層の)一般人気がすごく上がるに違いない!と
英国公開前の10月24日に購入(このあたりはまた芝居感想前後に書きます…)

同行者の休みの都合もあり、本当に芝居を見るだけの強行軍ですがとりあえず出発!

今回、飛行機はANA。
短い旅程なので少しでも向こうに長くいられるように、
と、今回は(フリー)ツアーではないので純粋に英語にまったく自信がないので…。

普段だと日系航空会社は見るものないな、と思うのですが…!
「ホビット 思いがけない冒険」やってるから3回くらい観たらもう着いちゃうね!
しかし…他にも色々見たいものはあったのですが…
実際にはあまり映画を見る気になれず、「ホビット」の好きなシーンだけ…と、
「カルテット!」だけ見てあとはひたすら寝ておりました…。

ANAすごく久しぶりでしたが、食事がすごくおいしかったです~。

そんなこんなでロンドンに到着。
Tubeに乗って宿まで移動し、部屋に入って荷物を開けていたのですが…
同行者の荷物が開かない…何かの拍子で鍵の暗証番号が変わったか、
鍵自体が壊れたか…。顔面蒼白の同行者。

あの、この後NTブックショップに行く予定なんですがの…。

しばらく悪戦苦闘していましたが、時間がどんどん過ぎていくだけなので、
とりあえずNTブックショップへ向かいました…。

前回は自分の体調が最悪で十分楽しめなかったNT(ブックショップ)
今回はこんな感じで同行者の気分が最悪で…。

とりあえず「オセロー」のプログラム買って
ステージドアを確認してまた宿に戻り、
鍵開けに再トライしたら、しばらくしたら開きました!
やっぱり番号が変わっていた臭い。
とりあえずホッとしましたた…
同行者の気分最悪のまま旅続けたくないですからね…。

と、いうわけでDay2へ続く!
[ 2013/07/01 16:33 ] 旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(0)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL