マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOPMatthew Macfadyenドラマ・TV映画関連ネタ ≫ "Ripper Street"追加情報と『リトル・ドリット』配信サイト紹介

"Ripper Street"追加情報と『リトル・ドリット』配信サイト紹介

マシュー・マクファディンが主役を務める
BBCの新作ドラマ"Ripper Street"ですが、
マシューが主演だという正式発表は?と思っていたら
ちゃんとDarcyliciousさんからリンクはってありました…。

BBCの公式発表はこちら
メイン記事は違いますが、下の方に書いてあります。

そんでもってBBCの昨年9月のプレスリリースをよくよく読んでみると、
全8話のシリーズらしいです(気づくの遅すぎ)。
全8話ということは、1話60分なのでしょうかね。
意外とワンシーズン長くてちょっとビックリ。

時代設定は1889年とのことですので、
『リトル・ドリット』から約50年後くらいなのでしょうか。
切り裂き魔(切り裂きジャック)事件のちょい後くらいみたいなんですが、
このへん全く知らないのでいずれまた調べてみたいと…。

それと、昨年のBBCのプレスリリース後に書かれた
Guardian紙の記事が個人的にちょっと面白かったので
後日またご紹介したいと思っております…。

で、個人的にマシューには脱ひげ求む!ですが、
時代背景+刑事ということでやっぱりまたヒゲの役なのでしょうか。
アーサーがヒゲなしだったので、それもありうると…期待したい…。

にしても、先日のMI-5の記事でマシューはもうシリーズ物は
二度とやらないだろうと書いたのですが、
これがもし人気出たら、やっぱりシリーズ物になるんでしょうか。
そうだとすると、よっぽど魅力的な脚本だったんじゃないかと期待してしまいます。
それとも、年月を経て考え方が変わっただけなのか(汗)

で、ちょっと触れた『リトル・ドリット』ですが、
有料ではありますが、日本語字幕付きの動画を
配信しているShow Timeというサイトがあることを知りました。

Show Timeさん内『リトル・ドリット』配信ページはこちら
1話210円、7日間視聴可、全8話パック1176円、14日視聴可、とのことです。

個人的に『リトル・ドリット』はマシューファン必見と思っておりますので、
今までご覧になる機会がなかった方(LaLaTVさんが見られない方)は是非に!
一回字幕でご覧になって、英国版DVD(リージョン2,PAL版)購入…
というのがオススメです。
配信動画がLaLaさんと同じ内容ならカットされているシーンもありますし、
DVDにはマシューのインタビューもついておりますので。

それにしてもShow Timeさん、
「マシュー・マクファディン」表記で固定しつつある今時
まさかの「マシュー・マクファーデン」表記。
あ、でも実は「三銃士」のパンフは「マシュー・マクファデイン」だったな(単なる誤植?)

ちなみに本人が言っているのを聞くと
「マシュー(マテュー)・マクファディエン」みたいに聞こえる気が。
それが一番綴りに忠実な気もするしなぜこの表記が今までないのかが不思議。
でも英語圏の人でも、人によって「マクファディン」とか「マクファジュン」みたいな感じで
言う人もいるしなーちょっと変わった苗字なのかな。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL