マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。

※「マシュー・マクファディエン」がカタカナ表記としてマシュー本人の発音に近いと思いますが、このブログでは一般的な「マクファディン」表記で統一しています。

CATEGORY

category: 舞台関連ネタ  1/6

CBJ"The Duchess of Malfi"+"Much Ado About Nothing"関連資料

マシュー・マクファディンのプロデビュー作でアントーニオを演じた舞台"The Duchess of Malfi(マルフィ公爵夫人)"、そしてベネディックを演じた"Much Ado About Nothing(から騒ぎ)"。どちらもデクラン・ドネランさん演出のCheek by Jowlのプロダクションですが、そのCBJのサイトに、以前両プロダクションの感想を書いた時にはまだできていなかったアーカイヴページがいつの間にやらできていて、上記2作の今までネットで公開され...

  • 0
  • 0

iOSアプリ"National Theatre Shakespeare"

National Theatreがシェイクスピア没後400年の企画として、NTで上演されたシェイクスピア作品の全プロダクションのアーカイヴ資料の一部を収録したiOS向けのアプリの配信を開始しました。その名も"National Theatre Shakespeare"。NTで上演されたシェイクスピア作品、といえば、このブログ的には2005年に上演された、ニコラス・ハイトナー演出の「ヘンリー四世」第一部、第二部。マシュー・マクファディンがハル王子を演じたプロダ...

  • 0
  • 0

"Jeeves & Wooster in Perfect Nonsense"2代目コンビ+ハドフィールドさん降板と再延長!

去る2014年6月28日、ロンドンのDuke of York's Theatreで上演されている"Jeeves & Wooster in Perfect Nonsense"の2代目キャストマーク・ヒープさん(ジーヴス)とロバート・ウェブさん(バーティ)そして、オリジナルキャストであるマーク・ハドフィールドさん(セッピングス)のラスト公演が行われました。↓4月23日の公演のカテコダンスのお三方。#486303793 / gettyimages.comヒープさんとウェブさん、お疲れ様!はもちろんです...

  • 0
  • 0

マシュー・マクファディンCBJ+NT過去出演作4作のプログラム

マシュー・マクファディンがチャールズ・サーフェスを演じるRSCの"The School for Scandal(悪口学校)"のプログラムに続き、別の個人経営のサイトなどから、別の過去舞台作品のプログラムをお取り寄せしてみました♪今回はやはり4月の旅時、V&Aアーカイヴでビデオレコーディングを観たマシューのプロデビュー作、CBJの"The Duchess of Malfi (マルフィ公爵夫人)"(1995)、同じくCBJの"Much Ado About Nothing (空騒ぎ)"(1998)...

  • 0
  • 0

RSC"School for Scandal(悪口学校)"(1998)のプログラム

と、いうわけで(?)今回V&A Archiveで観たマシュー・マクファディンがチャールズ・サーフェスを演じるRSCの"School for Scandal(悪口学校)"がツボにハマりまくってちょっと調べていたら、中古のプログラムを扱っている個人経営のサイト(多分)に在庫があったのでお取り寄せしてみました♪プログラムの値段は普通だったのですが、「郵便局に問い合わせたら日本までの送料バカ高なんだけど…」と先方に言われ…、(書留的なものだ...

  • 0
  • 0