マシュー・マクファディンを中心に : I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)周辺などに関する備忘録。

※「マシュー・マクファディエン」がカタカナ表記としてマシュー本人の発音に近いと思いますが、このブログでは一般的な「マクファディン」表記で統一しています。

CATEGORY

category: 旅行記  1/16

ウェールズ+イングランドひとり珍道中2020年2-3月Day12-13/引きこもり(2-3 Mar/2020)

というわけで、あっという間に帰国日です。レイトチェックアウト適用で14時までにチェックアウトすればよかったため、最初はBL(British Library)に行って調べ物でもしようかと思っていたのですが、前日に人混みにに行き、なんだか怖くなってチェックアウト前までは部屋に引きこもることにしました…。荷物がおもすぎて公共交通機関を使うのは無理そうだったため、フロントにタクシーを15時に呼んでもらえるようお願いしてあったため...

  • 0
  • 0

ウェールズ+イングランドひとり珍道中2020年2-3月Day11/アルドゲート・ポンプ、マーシャルシー+DSオーウェン牧師の足跡をたどる ロンドン周辺編(1 Mar/2020)

と、言うわけで、前日大変充実した時を過ごしたわけですが、この日はややゆったり目にロンドン周辺で行きたいと思っていたところへ行ける範囲で行くことにしていました。まずは宿から東に向かって歩きます。ガーキン(Gherkin=30 St Mary Axe)が間近に見えたりでなんとも「シティ」らしい風景。もう少し東、宿から10分弱のところに目的のものが。"Aldgate Pump"という、給水ポンプです。なぜここが気になったかというと、このポンプ...

  • 0
  • 0

ウェールズ+イングランドひとり珍道中2020年2-3月Day10その2/DSオーウェン牧師の足跡をたどる St David's Day Lunch at Jewin Church編(29 Feb/2020)

と、言うわけで、早朝にカーディフを立ち、ロンドンへ移動。ホテルが早めに部屋を用意してくれたため、チェックインして荷物を置いてから、この日の、いや、この旅のメインイベントが待っている地に向かいました。バンク駅のほど近くの宿から歩いて約20分。バービカン(Barbican)にやってきました。何年か前にRSCの舞台を見にバービカン・センター内の劇場には来たことがあるのですが、今回の目的は全くそれとは別物です。ファン・...

  • 0
  • 0

ウェールズ+イングランドひとり珍道中2020年2-3月Day9+Day10その1/ほとんど引きこもり&ロンドンへ移動!(28-29 Feb/2020)

朝、起きてみると前日からはうって変わって予報通りの雨。ひとまず朝食を食べにホテルのレストランに向かいました。朝食は大きめのホテルでよくある感じのビュッフェスタイルでイングリッシュブレックファストとコンチネンタルのどちらからも選べる感じ。この朝食、種類も多いし、とっても美味しかったです…。温かいものはもちろん、冷たい食事の方も、チーズとかサラミとかハムとかスモークサーモンとか何種類もあるパンとかその...

  • 0
  • 0

ウェールズ+イングランドひとり珍道中2020年2-3月Day8その2/カーディフぶらぶら(27 Feb/2020)

アベリストウィスからカーディフまでバスで移動し、ホテルにチェックイン後、ラネリへ移動して、またカーディフに戻ってきました。夕方になっていましたが、この日は天気が良く、また翌日から強い雨になるとのことで、ひとまずカーディフの街を少し歩いてみることにしました。最初に来てみたのはカーディフ城(Cardiff Castle)。オープンは17時まで、入場は16時までで、この時すでに17時少し前だったので、中には入れない…中を覗い...

  • 0
  • 0