I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Matthew Macfadyen

"Howards End"ヘンリーなマシュー・マクファディンとマーガレットなヘイリー・アトウェル初出スチル

マシュー・マクファディンがヘンリー・ウィルコックスを演じる
E.M.フォースター原作のBBCとStarzの共同制作ドラマ"Howards End"ですが、
先日2017年5月4日に正式なスチル画像が初めて発表されたようです。

1枚だけで、色々なところに出ていましたが、おそらく早めに上げた+
Darcyliciousさんもリツイートされていたのでこちらを…。

Howards End First Look: Hayley Atwell Goes Full-On Costume Drama for Starz - TVLine

…これはいけません、ヘンリーマシュー…ものすごく素敵じゃないですか…。
ヘンリー、こんなにも素敵でいいのでしょうか…。

ああ、でも、まあある意味で魅力的な人物では有るはずだし、良いのかな。

「マシューの役柄の中で外見好み」ランキングで一位に躍り出そうな予感…。
本当に本当に楽しみです…。

しかし、他の記事には書いていなかったのですが、この記事にのみ、
2018年放送予定と書いてあって、てっきり年内に放送するものだと思っていたのでちょっとびっくり…。
実際はどうだかわかりませんが、これが本当だとすると、
マシューの新作は年内には観られない感じですかね…。

それから、またもやヘイリー・アトウェルさんがインスタグラムに素敵投稿を…。

#howardsend

Hayley Atwellさん(@wellhayley)がシェアした投稿 -



ヘイリーさん、何やってんですか、というか後ろにいるお方がイケメンすぎやしませんかね…。
ありがとうございます、ありがとうございます…。

ちなみに、他の投稿でジェームズ・ダーシーさんに
「ハワーズ・エンド」の初版本をプレゼントされたことが書いてありました。
全然知らなかったんですが、仲がいいのですね(エージェント・カーターつながり??)
…なんかかっこよすぎやしませんか…。

"Howards End"ヘンリー・ウィルコックスなマシュー・マクファディン画像など

マシュー・マクファディンがヘンリー・ウィルコックスを演じる
BBCとStarzの共同制作ドラマ"Howards End"ですが、
順調に撮影が進んでいるようで、少しずつ画像が出てきているようです。

2017日3月17日付で(キーリーのこと大好きでおなじみの)タブロイド紙
Daily Mailのオンライン版に"Howards End"の撮影風景の画像が何枚か上がっていました。
ヘンリーなマシューと、ヘンリーとがっつり絡む
マーガレット役のヘイリー・アトウェルさんの画像もいくつか。

ヘンリーマシュー、なかなかかっこいいです。
PICTURED: Hayley Atwell is Edwardian chic in a brown full-length coat with patterned red scarf as she joins dapper Matthew MacFadyen on the London set of Howards End - Mail Online

そして、2017年4月11日にはイングランド南部のスワネージ(Swanage)で撮影が行われていたようで、
地元紙、Daily Echoのオンライン版に撮影風景の画像が掲載されています。
ヘンリーなマシューとマーガレットなヘイリーさんも。
PICTURES: Film stars spotted shooting scenes for new TV series in Swanage - Daily Echo

そして、マシュー(というかP&P?)ファンのブログによれば、
4月10日にはヘイリーさんがインスタグラムにこんな素敵画像を投稿していたらしい…。


ヘイリーさんとは「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」(マシュー:フィリップ院長、ヘイリーさん:アリエナ)
"Any Human Heart"(マシュー:中年ローガン、ヘイリーさん:その愛人フレイヤ)
でもがっつり共演していて、その時の雰囲気からも、この画像からも(笑)
"Howards End"での二人の共演もものすごく楽しみです。

E.M.フォースターによる同名原作は、
吉田健一翻訳版を読みました。


マーガレットと妹のヘレンが主人公なのかな?と思っていましたが、
作中の作者の言葉によると、ヘンリーが男主人公、マーガレットが女主人公、とのことです。

で、個人的な感想としては、特にヘンリーとマーガレットの関係がなかなか良くて、
展開の割にはなんとも爽やかな読了感があって、好みでした。
マシューがヘンリーをどう演じるのか、とにかく楽しみでなりません。

マシュー・マクファディン+キーリー・ホウズ夫妻 at BPG TV Awards 2017

2017年3月17日にBroadcasting Press Guild TV Awards 2017が開催され、
女優賞を受賞したキーリー・ホウズの同伴者として
彼女の夫であるマシュー・マクファディンも出席をしたようです。

まずはGettyさんに上がっていた画像


またしても何ヶ月ぶりかのマシュー。
はあ、かっこいいですね…。
キーリーありがとう…。



相変わらずヒゲですね。
以前と比べると髪が少し伸びているので、まるでリードを演じる前の準備期間のよう…
だけどもうそんなことはないわけで。

"The Current War"のモルガンも"Howards End"のヘンリーも
ヒゲ(と言っても口ひげ?)姿かと思いますし、
どちらかの撮影に向けて?("The Current War"は撮影終わったかな)

"Succession"のトムはどんな感じなのか、
とにかく演技している姿を見たいですね…。

この日の出席者の方(テレビ関係の記者さんとか諸々やってらっしゃる方?)が
Twitterに上げてくださっていた画像。



もいっちょ。



アワードの公式サイトに、
別角度からとった写真が載っていました。


なんかマシューの顔が無防備な感じすぎて可愛い…。

ちなみにキーリーは"Line of Duty"、"The Durrells"、"The Missing" の三作品での役での受賞のようです。
どれも面白そうで、観てみたいと思いつつ、全然観られていないという…。
たしか"Line~"はどっかの動画サイトで日本に入ってきていたような。。。
あと、"The Missing"はwowowでやっていた(る?)そうですが、加入していない上に、
吹き替え(二ヶ国語)放送だけっぽいので…うーむ。という感じです。

夫婦で興味深い仕事してますね。
もちろん個人的には旦那のほうがより、という感じですが、
こちらは賞にはさっぱり絡まず。

まぁ、賞に絡まなくたって魅力的な俳優なことに変わりはないですし、
マシュー自身も、自分が受賞するよりキーリーが受賞しているの見てる方が嬉しそうなので、
まあ良いですかね…(?)

とにかく!新しいお仕事が早くみたいです!

「リッパー・ストリート」シーズン5(ファイナルシーズン)、BBC Americaにて放送開始!

マシュー・マクファディンが主人公エドムンド・リード警部補を演じる
「リッパー・ストリート(Ripper Street)」。

そのシーズン5のBBC AMERICA(アメリカ)での放送が2017年3月8日から開始とのことです。

BBC America "Ripper Street"公式ページ

放送開始のお知らせツイート。



そして、BBC America版のトレーラー。


サッチャーくんが結構出てるのは嬉しいけど、
個人的にはやっぱりAmazonUK版のトレーラーが好きかなぁ。


しかし、これでアメリカ版のブルーレイが出てくれるに違いない。
アメリカのアマゾンを見てみたら、
発売日未定ながら、商品ページは一応できていました。

Ripper Street: Season Five [Blu-ray]

それにしてもBBC Twoでの放送、そしてAXNミステリーさんでの放送が
いつになるのかも大変気になります…!

マシュー・マクファディン新作ドラマ情報"Howards End"+最近ちょこちょこ出てる情報まとめ

旅行記だかなんだかが延々と続き、もはや何ブログだかわからなくなってきましたが、
久々にマシューのお仕事情報が出てきましたので、そのネタを…

マシュー・マクファディンがBBCとStarzの共同制作ドラマ、
"Howards End"に出演するとの情報がdarcyliciousさんからまわって来ました。

情報源の記事はこちらのようです

E.M.フォースターによる同名小説が原作で、
そのまま「ハワーズ・エンド」という邦題で翻訳も出ているようです。

Amazon河出書房新社翻訳版内容紹介より
「思慮深く理知的な姉マーガレットと、若くて美しく情熱的な妹ヘレン。
ドイツ系の進歩的な知識人家庭で育った二人は、ある時まったく価値観の異なるブルジョワ一家と出会う。
ふかい緑に囲まれた、この一家の邸ハワーズ・エンドをめぐって、やがて二つの家族は意外な形で交流を深めていく。
文学や芸術に重きを置き、人生の意味を探し求める姉妹は、イギリス社会のさまざまな階層の人間に触れながら、
それぞれの運命をたどっていくこととなる。人と人とが結びつき、お互いに理解しあうことはいかにして可能になるのか。」


という感じで、マシューはイギリスの「ブルジョワ一家」
ウィルコックス家の家長、ヘンリー(Henry Wilcox)を演じるとのこと。
どう考えてもまた実年齢より随分年上設定っぽいけどどうなのか…。
それから以前映画化された時は、アンソニー・ホプキンスさんが演じたそうです。

「大聖堂」と"Any Human Heart"でがっつり共演した
ヘイリー・アトウェルさんがまたマシューヘンリーとがっつり絡みそうな
マーガレット・シュレーゲル(Margaret Shlegel)役(主役かな?)
とのことでそこもすごく楽しみ。

撮影や放送時期は不明ですが、話数は4話、
撮影場所はロンドンとその周辺、
放送局はイギリスはBBC One、アメリカはStarz。

とりあえず原作の翻訳版を読んでみようかと思います。
いくつか出ているようですが、一番手に入りやすそうな、こちらあたりを…。
(先程の内容説明のやつですね)


それと、今まで出ていた情報などに追加などでて来ましたのでついでにメモ。

ドキュメンタリー映画"Revolution – New Art for a New World"DVD発売予定
マシューがレーニンの声を担当した作品ですが、DVDが3月に発売予定とのこと。

今のところ、イギリスなどのアマゾンには商品ページはできておらず、
Foxtrot Filmsの通販サイトからは予約できるようです。

PAL版なので、日本では普通のイギリス版とあまりかわりないですが、
リージョンフリーとのことでもしかして一般流通には乗らない感じ?流石にそれはないですかね。

HBOドラマ"Succession"のシリーズ化にGOサイン
とりあえずパイロット版だけで、その後シリーズ化するか決めるとのことでしたが、
全10話でシリーズ化が決まったとのことです。
キャストもおそらくそのままで、マシューはトム役を演じることになりそうです。

こちらも撮影時期や放映時期は今のところ未定(のはず)

"The Current War"のマシューの役はジョン・ピアモント・モルガン?
マシューの役名がよくわかっていませんでしたが、
先日IMDbをみてみたらJ.P.Morganと記載がありました。

あのモルガンのモルガンさん、ですね、
つまり資産かというか実業家というかお金持ちというか。
マシュー、リードくんにさよならしてから、
お金持ちの役ばっかりでないですかね、まあ、良いけど…。

他のところではまだ確認が取れていないので、
モルガン役というのが本当かどうかわからないですが、
まあ、多分これと思っていていいのかな、という感じです。

その後ちょっと調べてみましたが、
エジソンともテスラとも関わりのある人物ということで、
出番が多くても、逆に少なくてもおかしくなさそうで、どんなもんか気になります。

作品のテーマ的には、今のところ発表になっているものの中では
一番楽しみ(と言うか好みというか)なんですが。