I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2019年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年07月
TOPMatthew Macfadyenドラマ・TV映画関連ネタ ≫ 放送映画批評家協会賞に「キング・オブ・メディア(Succession)」と、トム役マシュー・マクファディンがノミネート!

放送映画批評家協会賞に「キング・オブ・メディア(Succession)」と、トム役マシュー・マクファディンがノミネート!

「キング・オブ・メディア」シーズン1最終話と、
「くるみ割り人形と秘密の王国」の雑感はまた今週末と来週末?あたりに
更新予定として、先にこちらのネタを。

マシュー・マクファディンが、HBOドラマ「キング・オブ・メディア(Succession)」の
トム・ワムズガンズ(Tom Wamsgans)役で第24回放送映画批評家協会賞TV部門
(Television Nominations for the 24th Annual Critics' Choice Awards)の
シリーズドラマ助演男優賞(Best Supporting Actor in a Drama Series)にノミネートされました。


「キング・オブ・メディア(Succession)」も作品賞(Best Drama Series)でノミネートされています。
Critics' Choice Awards公式ページ

以下、作品賞、助演男優賞ノミネートリスト

TELEVISION NOMINATIONS FOR THE 24TH ANNUAL CRITICS’ CHOICE AWARDS

BEST DRAMA SERIES
The Americans (FX)
Better Call Saul (AMC)
The Good Fight (CBS All Access)
Homecoming (Amazon)
Killing Eve (BBC America)
My Brilliant Friend (HBO)
Pose (FX)
Succession (HBO)


BEST SUPPORTING ACTOR IN A DRAMA SERIES
Richard Cabral – Mayans M.C. (FX)
Asia Kate Dillon – Billions (Showtime)
Noah Emmerich – The Americans (FX)
Justin Hartley – This Is Us (NBC)
Matthew Macfadyen – Succession (HBO)
Richard Schiff – The Good Doctor (ABC)
Shea Whigham – Homecoming (Amazon)


実は数日前にゴールデン・グローブ賞のノミネートが発表されて、
「キング・オブ・メディア」関連ではミニシリーズ・TV映画の助演男優賞に
ローマン役のキーラン・カルキンくんがノミネートされたのみだったのですが、
正直なところものすごく驚きました。

なぜなら、もちろん、キャストは皆素晴らしくてキーランくんもものすごく良かったのですが、
批評家や視聴者に、その中でも特別、と単体で絶賛されていたのはマシューだったからです。
(もちろんキーランくんを単体で名指しで褒めている人もいたかもしれませんが、
少なくとも絶対数ではマシューの方がずっと多かった)

マシューは派手ではない役を好み、派手ではない演技をするので、
レビューなどでの評価の高さ、また視聴者からの評判の良さに、
ちゃんと彼の仕事をしっかり見てくれている人がいるんだ、と嬉しくなっていたりしました
(イギリスのテレビ関連では、「いつも良い」と言われがちな立ち位置ですが)。

マシュー以外ではローガン役のブライアン・コックスさんと
ケンダル役のジェレミー・ストロングさんの評価が高く、
実際観てみても自分もその通りだと感じていました
(マシューに関してはそれはもうものすごく良い、最高!と思っていますが
なんせ盲目的ファンなので自分の評価は信用できない)。

そして作品自体の出来も素晴らしかったので、
もしも関連でノミネートされることがあれば、作品賞か
あればアンサンブルキャスト賞、
主演男優賞でブライアン・コックスさん、もしくはジェレミー・ストロングさん、
そして助演男優賞でマシューだと思っていたのです。

なので、そのどれもがノミネートされず、キーランくんのみなことにびっくりし、
結局賞ってのは派手な役をやったハリウッドでも有名な人が評価されるんだなぁ、
とちょっとガッカリもしていました。
まあ、ものすごくたくさんの作品や俳優から選ばれるんですから、それもそうかも、とも。

まあその他も諸々大人の事情からみまくっているのだとは思いますし、
イギリスでも賞となると、なかなかマシューは引っかかってこないので
(一応いくつか受賞歴はあり)、またかあ…という感じでも有ったのですが。

そんな中、今回Critics’ Choice Awardsでは、
自分が想像していたように作品賞と助演男優賞でマシューがノミネートで
なんとなく気持ちが落ち着きました(笑)

ちなみに、GGのときはHBOもスターチャンネルさんも
(他の方がノミネートされていたのでエージェンシーも、たしかRADAも?)
大騒ぎだったのですが、この賞は地味っぽくて
今のところそのあたりは何も言っていないのも、なんとも(笑)

なお、受賞するかはもちろんわかりませんが、
受賞式は2019年1月13日(日)とのこと。
おそらく、「キング・オブ・メディア」シーズン2撮影中なので、
マシューやみんなは授賞式に参加するかな?と思っています。

もちろんキーランくんは本当に良かったので、あくまで比較の問題で、
キーランくんにはぜひGGを受賞してもらいたいと思っています!

ちなみに、以前書いたGQの記事ですが、
下記ツイートの通り冊子体(GQ(US) Dec 2018 / Jan 2019)にも
見開き1ページ(2ページ分)、5人の集合写真と、
Web版からのごく一部のよりぬき記事が載っていたので購入しました。




とりあえず、切り抜き用と冊子全体で置いとく用がほしいので、あと1冊買おう…。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL