I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPRufus Sewellドラマ・TV映画関連ネタ ≫ ルーファス・シーウェル出演ドラマ「女王ヴィクトリア」NHK総合放送予定

ルーファス・シーウェル出演ドラマ「女王ヴィクトリア」NHK総合放送予定

マシュー・マクファディンの情報がまたも停滞気味で
前回の記事更新から一ヶ月経ってしまいそうなので、
今更ネタですが、自分が忘れないようにということでメモ。

ルーファス・シーウェルがメルバーン卿を演じるドラマ
「女王ヴィクトリア 愛に生きる」(Victoria)がNHK総合で放送されます。

第一話は2017年7月30日(日)23:00からの放送で、
全8話、毎週日曜の23時からのようです。

「女王ヴィクトリア 愛に生きる」NHK番組公式ページ

まあ、タイトルのとおりヴィクトリア女王を主役にしたドラマです。
…それにしてもまたもなんつー副題…。

とかはおいておいて、このドラマでルーファス演じるメルバーン卿が
(ミーハー的に)すごく好評だったようで、
本国のミーハー丸出しテレビ雑誌が度々取り上げていたりしました。

(ちなみに、アルバートを演じるのはRADA出身のトム・ヒューズくん)

そんなわけで?UK版のDVDは買ったものの、まだ観られておらず…。
この放送が先になりそうです。

ちなみに、NHKさんの放送ということで、メインは吹き替えなのですが、
結構厳密に役者さんに対して声優さん固定なのかと思っていましたが、
ルーファスのメルバーン卿は、「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」(The Pillars of the Earth)の
トムの時のてらそままさきさんではなく、堀内賢雄さんとのこと。

…まあ、どのみち副音声+聴力障害者用の字幕で見ることになるとは思いますが…。

とりあえずPBSのトレーラーを貼り付けてみる。
Victoria: UK Preview

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017年08月04日(Fri) 15:13
Re: No title
編集
鍵コメさん、コメントを有難うございます♪

ご覧になったのですね!メルバーン卿、素敵でしたよね~!
個人的にはお話としてはそんなに…という感じですが、とりあえずはしばらく見ていきたいと思います。

ザ・クラウンはNetflixに来ていますよね、気にはなりつつ…
(ちょっとお顔が苦手な役者さん(もちろん、クレア・フォイさんではありません)が。。。というのもあって)
見られていませんが、たしかにNHKさんでやってくれると良いかも…と思います!
2017年08月05日(Sat) 17:56
ルーファス・シーウェル♡
編集
初めまして。あおと申します。「女王ヴィクトリア」で初めてルーファスさんを知りました。メルバーン首相かっこいい!「陛下の背丈をとやかく言う輩はロンドン塔に送ります」のセリフにしびれました。女王も陥落したようですが私も恋に落ちました。第3話で女王の告白を心ならずも拒み、でも蘭を贈りエリザベス女王に対するレスター伯の仮装で女王に「気持ちはある」。やはり40歳差、女王と臣下、自分にはもうそれ程時間が残っていないというので結婚は無理だけど恋人だったら、というところでしょうか。たぶん第5話あたりで「アルバート王子、あとは頼んだ」と首相を辞任して静かに退場するんだろうなと思います。そうなったら「女王ヴィクトリア」は見なくなるかも。今も第1話〜
第3話のメル卿登場シーンを見てニヤついています。イギリスでもメルバーン首相が好評だったんですか?だったら番外編作ってくれないかな?史実無視で領地にまで追いかけてきた女王をそのまま我が物にして秘密結婚して添い遂げる、なんて妄想爆発のを作って欲しい。色男に姦通罪に手練手管に女性問題と言われ放題ですが、個人的には色男が一番ツボです。これをきっかけにルーファスさんの今後を注目したいです。来日してくれないかな?
2017年08月20日(Sun) 14:10
Re: ルーファス・シーウェル♡
編集
あおさん、はじめまして、コメントを有難うございます♪

メルバーン卿格好いいですよね~!
もうすぐシーズン2が始まるイギリスでもシーズン1放送時に彼のかっこよさに落ちた人続出だったようで(笑)
メル卿(Lord M)派とアルバート派に別れたり何だったりもしたようです(笑)
この先どうなるか…はお楽しみにということで、でも、きっとあおさんのように、史実曲げても!!!と思われた方もたくさんいらっしゃると思います~。

本国でのシーズン1放送後にルーファスの舞台を見に行ったときも、それより前に見た時よりも出待ちの人数が増えていたので、メルバーン卿効果?!と思ったりもしました。

ルーファスは、眼力のあるハンサム、ということもあってかハリウッド大作系だと悪役が多くて日本では悪役演る人、というイメージも強いようなのですが、
そうではない作品もたくさんありますので、今回こうやって、そうでない役からルーファスを知る方もいらっしゃるのは嬉しい限りです♪
かくいう私はやはりはじめはハリウッドの悪役で彼のことを知ったと思います(何で知ったのかはっきり覚えていない…)のですが、ファンになったのは6年前にやはりNHKのBSで放送した「ダークエイジ・ロマン大聖堂」というドラマがきっかけでした。
これはDVDも出ていますので、もし機会があれば、ぜひぜひ(字幕で!)ご覧いただければうれしいです!ルーファスは修道院の建築主任トム役で、格好いいですよ~!アルバートの兄役のデイヴィッド・オークスさんとルーファスのからみも多めですのでそのあたりでも。(そしてついでに修道院長フィリップもお願いします)。

それから、メルバーン卿的な素敵さというと、ジェームズ・フランコが出ていた「トリスタンとイゾルデ」でしょうか(だいぶ違うかもしれませんが)。マーク公、格好いいです。

あと、「ヴィクトリア」作中でメルバーンが議会で言及していた、24歳で首相になった小ピットをベネディクト・カンバーバッチ(「SHERLOCK」のシャーロック役)が演じていた「アメイジング・グレイス」(主役のウィリアム・ウィルバーフォース役は「ヴィクトリア」と同じくITV→NHKで放送した「ホーンブロワー 海の勇者」主演のヨアン・グリフィズ)でも、ルーファスはとってもいい役で出演していますので、こちらも機会があればぜひ。
イギリスのファンフォーラムで「最悪の髪型、最高のキャラクター!」と言われてたりしていました(笑)

他にも沢山良い作品、良いキャラクターを沢山演じています。もう既にご覧になっているかもしれませんが、リンクを貼らせていただいている「ルーファス・シーウェル!(Rufus Sewell and so on)」さんで、沢山出演作を紹介してくださっています。
ルーファスは彼独特の雰囲気で魅せてくれる面白い役者さんだな~と思います。

ルーファス、来日したことあるんでしょうか。
来るにしてもどういうシチュエーションでなのか全く見当もつきませんが、もしもゆっくり話せるチャンスがあれば、ぜひぜひお話されると良いのではないでしょうか。
彼はファンとの会話を楽しんでしてくれるタイプの役者さん(なんなら向こうから話をふってくれる)だと思いますので!

最近は上記の「大聖堂」でルーファスと共演した別の俳優に関することばかりのブログですが、もしよろしければまた遊びにいらしてください♪
2017年08月20日(Sun) 20:13
No title
編集
こんばんは。あおです。お返事ありがとうございました。今日外出先にDVDの売り場があったので見ていたら「KING OF EGYPT」があって出演者の中にルーファスさまの名前が!思わずニマニマしてしまいました。
第4話はメル卿受難の巻でした。いきなり女王に打ち合わせ無しの口裏合わせを振られて焦ったり、アフガン戦争で忙しいのに議会が終わった後にウィンザーくんだりまで来るように言われて(アルフレッド卿と馬を飛ばしたのかな)ブロケットホールの温室を女王御用達にしてクチナシの花を献上したら結局女王とのワルツの相手を譲るはめになった上に目の前でアルバート公にプレゼントされ、もう踏んだり蹴ったりですわ。女王のお誘いを「拒むのは愚か者」と女王に聞こえないように自嘲したり。結局アルバート公に「そろそろ引き際です」と伝えて女王のプロポーズに応えるように背中を押したり。切ないわ〜。あと10歳メル卿が若かったらレスター伯路線だったかなあ。私にとってはメル卿>超えられない壁>アルバート公、です。やっぱり年齢立場後先考えず女王との恋に突っ走るメル卿が見たいです。
ルーファスさんはちょっと時代がかった儀式用衣装が似合う方ですね。金モールとか白のふわふわ毛皮とか。
2017年08月26日(Sat) 00:17
Re: No title
編集
あおさん、コメントを有難うございます♪

「キング・オブ・エジプト」、実はまだ観ていないんですよ~。
いつかテレビででも放送したときにでも観たいと思います。

4話のメル卿、色々可哀想でしたね、しかし表情やなんや、かわいいというかなんというかで…(笑)
アルバートは、ちょっと不思議ちゃんですね…。今後どうなっていくのか楽しみではあります。

そして兄のエルンストが可愛くて…「大聖堂」好きとしては、
彼とメル卿が一緒にいるシーンにニヤニヤしてしまいました…(笑)

シーズン2でメル卿は…?というあたり、本国のテレビ雑誌がまた何やら言っていましたので、そのあたりも楽しみに待ちたいと思います!
2017年08月27日(Sun) 20:07
「Good bye Lord M」「Good bye Ma'am」
編集
こんにちは。またまたお邪魔いたします。

ううう、ついにこの時が来てしまった・・・。メル卿ロスです。第5話、実はまだあまりしっかり見てないんです。本放送では見ましたし、お別れの場面だけは何度も録画を見たのですが、恋人の結婚準備をするメル卿をあまり見たくなくて。メル卿、辛くて自邸で泣いてたりして。誰もいないし。レーゼンさんとポートマン夫人からも「お役目お疲れ様」なんて言われてたし。
メル卿としては、全力で守ってきた愛しい人を託すに足る人に後を任せてホッとした部分はあると思うけど、やっぱりあのお別れのシーンは涙無くしては見られない。お祝いのキスという名の惜別のキスと手を取り合っての「I shall never forget」「Good bye lord M」「Good bye Ma'am」は多分一生忘れられないシーンになると思います。ルーファスさんの地声でこのセリフを聞いたんですが、この作品に限っては堀内さんの吹き替えの方がいいかな。堀内さんの「さよなら陛下」はちょっと涙声だった。
ルーファスさんの目の演技がとても素晴らしかった。第1話では首相として女王を見る目で第2話の途中くらいから女王への愛を感じさせる目になり、第3話ではもう完全に恋人を見る目になってる。オペラの場面で女王を見つめる眼差しがやばい。レオポルドのオペラグラスを通してだったけど、あれがオペラグラス越しでない映像だったら私は完全に悩殺される自信があります。
第2シーズンがイギリスではもう放映されているようですが第1シーズンの第6話〜第8話ではメル卿の存在は消されている感じらしいですが、第2シーズンの第1話ではメル卿は出ないけどメル卿の存在を感じさせるようですし、第2話では、多分ブロケットホールの温室に女王がやってきて再会するみたいですね。蝶ネクタイ姿の写真が公開されているようですし。史実では引退して数年で病没するようなので最後に女王がお見舞いに来る場面とかあるかもしれないですね。楽しみです。
しばらくは第5話のお別れ場面を見て涙する日が続きそうです。ちなみに私がいちばん好きなシーンは第1話でロシア皇太子のセクハラダンスの後に急に相手がいなくなって戸惑う女王にメル卿がダンスを申し込むシーンです。

長々と申し訳ありませんでした。
2017年08月30日(Wed) 17:11
Re: 「Good bye Lord M」「Good bye Ma'am」
編集
あおさん、コメントを有難うございます♪

…来てしまいましたね…。

そうなんです、本国でもまさにLord Mロス!!!
とかそんな感じに騒がれていました(笑)

堀内さんの吹き替えが結構良いというお話を他の方からも伺ったので、近々吹き替えでも観てみたいと思います!
劇中、ドイツ語のセリフは吹き替えだと元々英語のセリフとの区別はないのかも気になっていますし。

私も「大聖堂」の時は日本放送時は(当時の環境上そうするしかなかったので…)吹き替えで見ていたのですが、
てらそままさきさんの吹き替えに慣れていた当初、ルーファスのあの独特の声や声の演技に最初そこまではぴんとこなかったのですが、
オリジナル音声版(つまり英語版)を何度も見ているうちに、ルーファスの演技がやはりずっと良いなと思うようになりました。
もちろん、それぞれ好みはあるかと思いますが。

いずれにしても、やはりルーファスは良いなぁ、と再確認しつつ楽しむことができました。

私はトム・ヒューズくんもデイヴィッド・オークスさんも気になっている俳優さんなので続きも観るかと思いますが、
やはりメルバーン卿がいないと物足りなく感じそうです。

NHKさんでシーズン2を放送してくれるかどうかは、視聴者の反応次第なのでしょうか。
2017年08月31日(Thu) 18:08
メル卿ロス続行中
編集
こんにちは。メル卿ロス続行中です。だめだ、妄想が止まらない(笑)。

やっと第5話をしっかり見ました。女王に「アルバート王子に求婚して承諾してもらいました」と言われて思いっきり動揺するメル卿。って、結婚を勧めたのは誰だ?まあ頭ではわかっていてもいざ実現してしまうとメル卿でもやっぱり動揺するのか〜。それでもなんとか理性で感情を抑え込んだのか、女王の結婚準備を首相として淡々と準備していくメル卿。優秀な部下をアルバート公の側近に付ける配慮。第6話で早速有能ぶりを発揮するのを見ると「有能な上司とその上司に鍛えられて有能に育つ部下」、やっぱりメル卿政治家としても優秀だったんだな、とわかる。メル卿、結婚後の愛人の心配をする女王に「老いた皮肉屋の戯言ですよ」と慰め「いいお相手だと思いますよ」と人を見る目の確かさを披露。ついでに「物事を懐疑的に見るせいで結婚にしくじったのかも」と笑いを取る。もう
完璧じゃ〜。メル卿、やっぱり最高!でも女王とアルバート公のラブシーンを窓から見ているメル卿の横顔は寂しそうだった。
結婚式で金モールに威儀を正し、剣を捧げ持って女王を先導するメル卿は「男前」だった。第1話〜第5話に登場するメル卿の中で一番かっこよかった。現職首相のうちに最愛の人が頼れる人を見つけられて、その人の結婚式で最後の役目を果たし、祝福と別離の万感のこもったキスをし、「絶対忘れない」と言われて静かに退場する。もうたまりませんわ。ああ、私は完全に心を持って行かれてしまいました。

ルーファス・シーウェル恐るべし。なんでこの人のこと今まで知らんかったんだろう。なんか今までの人生でスゴく損をしてきたような気がします。この「女王ヴィクトリア」も私は全然知らなくて、夫が録画していて夫が見ているのを横目でチラチラ見ていて「え、誰?このメルバーン首相役のかっこいい人?」というのがきっかけで、夫が録画していなければ今も彼のことを知らなかったわけで、なんか不思議な気がします。もっとも夫は第1話とこないだの第6話しか見てないと思う。私が第1話〜第3話を見たおしているのは知っているみたいですが、私がメル卿にぞっこんなのは知らないかも。

第2シーズン、結構メル卿登場シーンが多いみたいですね。それがあるので一応第8話まで見ようと思います。教えていただいた過去のルーファスさんの作品も見てみたいです。過去の出演作品の出演シーンをちょっと見ましたが「レジェンドオブゾロ」のアルマン伯爵役のあまりの美形ぶりに驚きました。「大聖堂」と「高い城の男」は特に興味をひかれます。

なんか第3シーズンも制作されるみたいで、これがもっと続くならアルバート公死後の女王の寵臣ディズレーリ首相役でのルーファスさんの再登場を激しく希望。初登場の時に女王に「メル卿・・・❤️」とつぶやいてほしい。

勝手な妄想、失礼しました。
2017年09月09日(Sat) 15:37
Re: メル卿ロス続行中
編集
あおさん、コメントを有難うございます♪

5話のメルバーン卿、書かれていることにいちいちうんうんと頷きながら読ませて頂きました!
本当にかっこよかったですよねぇ。
そしてルーファスの演技もすごく良かったと思います!
なんというかルーファスのキャリア史上最も正統派の
格好いいというかなんというかなキャラなのではと思います(多分)

ご覧になるきっかけ、旦那様だったのですね!
元々ご覧になる予定でなかったとは何という運命的な出会い…!

シーズン2も出番が多いとなると、楽しみですね。
ぜひNHKさんで放送してくれますように!

ルーファスの他の作品も機会があれば是非ご覧になってください!

「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」は10月にまたイマジカBSで放送があるみたいですね。
10月からはチャンネル名がシネフィルWOWOWになるとのことですが、
もし今イマジカをご覧になれる環境であれば、そのままご覧になれるようですのでぜひ!

「大聖堂」の放送予定は以下のようです。(10月4日~6日の連続放送)
http://www.imagica-bs.com/program/index.php?prg_cd=CIIDTPOE01

「大聖堂」は諸々の事情でぜひ字幕でご覧いただきたいので、
こちらの放送をご覧いただけると一番手っ取り早いかなと思います!

「高い城の男」はアマゾンプライムですよね。
私契約していないのですが、そのうち観たいと思っております!

アルマン伯爵と言えばポロというか…なシーンが好きです。
このシーンは「ROCK YOU!」のアダマー伯爵をご覧になると
より楽しめると思います!

…シーズン3にそういった形での登場を望んでいる方も結構いらっしゃりそうな気も?!

妄想するのは自由ですのでガンガンしちゃってください!
私も色々いつも妄想垂れ流しておりますので…!
2017年09月09日(Sat) 18:10
イギリスからメル卿ファンの悲鳴が・・・
編集
こんにちは。なんかイギリスからメル卿ファンの悲鳴が聞こえてくるのですが・・・。多分ですが、メル卿の訃報が女王に伝えられ、悲嘆に暮れる女王をアルバート公が慰めているシーンがネットにアップされているようです。2度目のメル卿ロスか・・・。うう、キツイわ〜。

メル卿はいつから女王に本気になったのか。メル卿、妻子に先立たれて首相にもうんざりしていた時に、新女王となったヴィクトリアに出会い、小柄ながらも凛とした気品と威厳があり自立して女王としての職務を立派に果たしていこうとしている彼女に心を打たれ、サポートしていくうちに、自分も前を向いて首相としてもう一度頑張ろうと決意する(この辺第1話)。ジャマイカ法案がギリギリで議会を通過したが、もう政権維持は困難と判断して女王に辞任を申し出るも女王の「こんな時に私を見捨てるの?」という不安そうな顔、女王のなりふり構わぬピール政権拒否、自分に向けられる愛情を感じ、また、自分の女王への恋情もあり、ウェリントン公にも背中を押されてあえて火中の栗を拾って首相再任を申し出る(この辺第2話)。女王、若さゆえか直球勝負に出てメル卿についに告白するも、おそらくメル卿は自分の年齢や女王と臣下という立場を考え、愛する女王の将来を慮って断ったんでしょう。しかし、自分に堂々と告白した女王を、これからは一途に愛し全身全霊で守ろうとこの時決意したのかな。もし女王がエリザベス女王のように独身を貫くならレスター伯のように恋人として支え、自分と同じくらい女王を愛し敬う人が女王にできれば潔く自分は身を引こうと決心したと思う。それを示したのが仮装舞踏会で女王に蘭の花を贈って自分はレスター伯の仮装で女王に「気持ちはある」と告白することだったんだろうな(この辺第3話)。
ポートマン夫人はずっと女王とメル卿の恋模様を見ていて、蘭の花を見てメル卿の本気モードを悟ったのか。ポートマン夫人はメル卿に「ウイリアム」って呼びかけてたからずっと昔からの知り合いでバイロン卿と駆け落ちした奥さんを許したくらい情の深いメル卿が本気モードになったらどんだけ凄いか知っていたんだろうな。
多分メル卿、結構いろんな人と浮名を流すような遊び人だったと思うので(ウェリントン公が素で「色男」というくらい)、物腰にも色気があるし(これはルーファスさんの演技かそれともルーファスさんの素かもしれないが)第1話で女王にダンスを申し込んで女王の腰を引き寄せる手つきの色っぽさとか、自室でくつろいでいる時のしどけない恰好の色気たるや見てるこちらが赤面するくらいですよ。その人の本気モードの一途な恋、を想像するだけで私はノックアウト状態です。
このドラマ、原作があるそうで(脚本を書いている人が原作者らしい)、それにはもっと女王とメル卿のキラキラエピソードが書いてあるみたいです。もちろん英語で。読みたいけど私は英語はからっきしダメでして。今回の「Lord M COME BACK」騒動でルーファスさんがインタビューを受けている動画を見ましたが一言半句も理解できませんでした(笑)。誰か翻訳して日本で出版してください(切実)。

また何か情報が入ったら教えてください。お願いします。
長々と失礼しました。

2017年09月11日(Mon) 14:13
Re: イギリスからメル卿ファンの悲鳴が・・・
編集
あおさん、コメントを有難うございます♪



あああ~、そういう展開だったようですね…。
もうご存知かもしれませんが、
テレビ雑誌の記事でITV(ヴィクトリアの放送局)が
ルーファスはもう出ないと
言ったとかなんとか…(記事自体は読んでいないのですが…)



原作本?はこちらでしょうか。

Victoria
http://amzn.asia/dTQ6iZR 



脚本/原作?のデイジー・グッドウィンは、私が好きな別の俳優が若い頃に出ていた、

複数の俳優たちが色々な(愛に関する)詩を読むという企画のイメージしかなかったのですが、

今回ドラマを見て、そういうキラキラしたのがお好きな方なのかな~
というイメージですが実際はどうなのでしょうね。



ドラマのガイドブックのようなものもいくつか出ているのですね、

そのうちの一冊の一部なか見!ができますが、写真が素敵そうで気になります!



Victoria: The Heart and Mind of a Young Queen: Official Companion to the Masterpiece Presentation on PBS
http://amzn.asia/g0xXkb1



ルーファスのインタビュー全然見られていないのですが、

ルーファスって結構早口なイメージなので、聞き取るの大変かもしれませんね…。



あ、あおさんの方がきっと情報色々お持ちですし早いと思いますので、

ぜひぜひ何かあったら教えていただきたいです!よろしくお願いいたします~!
2017年09月12日(Tue) 22:31
メル卿ロス継続中
編集
こんにちは。日曜日の夜がむなしいです。夜の11時にはテレビの前に待機していたのに(第6話〜第8話はお義理だったけど。1回も録画を見てないです)。

まず前回のコメントの内容が不正確だったようで、その訂正を。第2シーズンに入って女王はやはりメル卿の助言が欲しくて「自分を助けてほしい」と手紙を出したが卿からは「それはできません」と返事が来て・・・。第3話で女王夫妻はロンドンの絹織物を主産業にしている地域が衰退していることを心配し、その地区の絹製品を使った仮装舞踏会を計画し、女王はメル卿にも招待状を出します。舞踏会の会場に向かう女王が階段につまずくとその手を取って支えてくれる人が。顔を上げるとそれはメル卿でした(この辺りの動画を見て私は歓喜の叫び声を上げてしまいました)。しかし、舞踏会は成功したものの国民には仮装舞踏会のような贅沢をするなんてと非難の声が上がり、ますます女王はメル卿に近くにいて欲しいと望みますが、彼は重い病気にかかっているとの情報が女王に伝えられるようです。女王はメル卿の好きなモーツアルトの曲を奏でる機械仕掛けの鳥をお土産にメル卿の屋敷に向かいます(メル卿がモーツアルト好きなのは第3話でオペラの翌日の乗馬タイムで女王に「昨夜のルチアどうだった・」と聞かれて「私はモーツアルトの方が。陛下は?」という会話が伏線になってますね。)。そこでも再びメル卿に自分を助けて欲しいと頼みますが、明らかに弱々しく「無理です」というメル卿に(この辺りの動画も見ましたが私の英語力ではよく理解できませんでしたので話の内容は違うかもしれません)、もう自分がメル卿に会えるのはこれで最後になると悟り、女王は「Good Bye, Lord M」と言うとメル卿の手を握ります。そして未練を振り切るように去っていきます。ゼンマイが切れたのか声を出さなくなった鳥を力なく見つめるメル卿。カメラはずっと引いて行って・・・。そして女王がバッキンガムに帰ると愛犬ダッシュが急死していました。初恋の人と愛犬を同時になくして悲嘆に暮れて悲しむ女王をアルバート公が慰める。   という感じみたいです。なのでメル卿の死は暗示されるだけなのでテレビ局から「もうルーファス・シーウェルは出ない」というコメントが出たんだと思います。シーズン2の第4話以降で誰かの台詞で「亡くなったメルバーン卿が・・・」みたいな形で間接的にメル卿死去が明らかになるのかもしれませんが。あと、経緯は分かりませんがメル卿とアルバート公が2人で話をする場面があり、そこで宮廷での立ち位置に悩んでいたアルバート公が重要なヒントを得るようです。
間違った情報を書き込んで申し訳ありませんでした。

女王とメル卿のお別れのシーンで今回は「Good Bye, Ma'am」というセリフはありませんでした。以下私の妄想です。そう先ではないメル卿の最期の時、その胸に去来する面影は結婚以外の全てのものを与えて愛し、守り抜いた女王、その面影に「Good Bye, Ma'am」とささやいてこの世を去ることが二人にはわかっていたから。その暗示かな・・・。

今も毎日第1話〜第5話を見ています。あまりに最初の場面だったので見逃していましたが、メル卿がケンジントンに挨拶に来た時に馬から降りるところがかっこいい!そこからメル卿かっこいい路線がはじまっていたんだなあ。

教えていただいた写真集の「なか見」を見ましたが、写真が素敵ですね。全部英語だけど(当たり前だ)。実物が見れるといいなと思っていて丸善あたりでもしあったら買おうかどうか考えています。メル卿の写真だけでも値打ちありそう。「最悪の髪型」というのを見つけましたが武⚪️鉄矢さんかと思いましたよ。あれはないわ〜。来月早々にあるイマジカの放送が見れたらいいんだけど、夫に見れるか聞いてみます。

やっぱりメル卿主役のスピンオフ作って欲しい。齢60近くになって子供に先立たれ生きる意味がないもう首相も辞めて隠居したいと思っていた時に出会った若き女王。女王の凛とした気品と威厳、周りは利用しようとするものばかりで苦しむその人を見かねて助け、支えていくうちに、それが愛に変わり、また女王も父親の風貌を持つ優秀な政治家であるその人を愛するようになっていく。しかしそれは報われることがない辛い恋。結婚ができなくても恋人として女王を支えていく意志を示し、また女王もそのつもりでいたところに降って湧いた縁談。女王は若くハンサムな王子に惹かれていき、自分は最も間近でそれを見て結婚の準備をしていかなくてはいけない。その男心の揺れと葛藤、そして身を退く覚悟、最愛の人が自分が首相で居られる間に頼れる人を見つけた安堵、それを描いて欲しい。メル卿ファンはみんなそれを見て泣くと思う。誰かイギリスのITVに英語で要望してください。

女王の結婚宣言でパニック状態になったメル卿、あの後どうやって帰ったんだろう。馬車だったらいいけど馬を駆ってきたんなら落馬しかねない程動揺してたからなあ。アンソンさん、いつもは切れ者の首相がその日は失恋で茫然自失状態だったのをどう思ったんだろう。ああ、妄想のネタは尽きないわ。

長々と申し訳ありませんでした。
2017年09月27日(Wed) 18:04
Re: メル卿ロス継続中
編集
あおさん、コメントを有難うございます♪
承認と返信が遅くなり、申し訳ありません!

楽しみにしていたドラマが終わってしまうと、なんとも寂しい感じがしますよね。

S2、そんな感じになっていたのですね…ダッシュちゃんが…(ってそっちかですみません)

メル卿とアルバートの会話のシーンがまたあるのは、
個人的にはなんとも楽しみです。

シーズンを重ねるとして、どのあたりまでやるのかが気になっています。
アルバートも結構早くに亡くなってしまいますし。

そうなったら、やはりメル卿スピンオフを…(笑)
ルーファス、そういう話があったら受けるのかどうなのかも気になるところですが、
本当に、期待している人は結構いるのではと思います~。

あ、E1の馬から降りるシーン、格好いいですよねええ!
私も好きです♪馬も可愛い子でしたし、良いシーンだ…。

ドラマのメイキング?本、東京の大きな店舗ならどこかにあるかもしれませんよね。
価格は多分アマゾンで買うのが一番安いのかな、とは思いますが、
中身を見てから、とか、店頭での出会いがあれば、というのもありますしね。

もしも購入されたら、メル卿のどんな写真が載っていたか教えて下さい!

「最悪の髪型」は、「アメイジング・グレイス」のトマス・クラークソンですよね?
本当にあの髪は。。。ですが、
本当にいい役ですし、ルーファスも演じていて楽しかったと思う役ですので、
もし機会があれば是非是非ご覧になってみてくださいね!
2017年09月28日(Thu) 23:22
ルーファス・シーウェルお誕生日おめでとう!
編集
こんばんは。お久しぶりです。今日はルーファスさんのお誕生日です。50歳かな?おめでとうございます!7月末に「女王ヴィクトリア」を見て、その色気にクラッときてから3ヶ月、それまで全く知らなかったのに私の人生に彩りを与えてくれる人になりました。
前回のコメントから1ヶ月、いろいろありまして・・・。まず、うちの「女王ヴィクトリア」が消されてしまいました(涙)。夫が消してしまったのです。「消さないで」と言ってなかった私が悪いのですが気づいた時は消された直後でした。でも、結局例の本を丸善で取り寄せました。売り場で探したらなかったのでスタッフさんに聞いたら「お取り寄せになります。2週間ほどかかります。値段は5180円です。どうされますか?」と言われ、アマゾンの方が安いけどまたこれで丸善に来る口実ができると思ってしまい、思わず『ではお願いします。」と言ってしまったのです。300ページあり、重いです。写真はとても綺麗ですが、あれは基本的には読み物です。英語です。ちょっと後悔しました(笑)。写真は次回コメント時に詳しく書きます。
第2シーズンの追加情報です。女王とメル卿の手紙のやり取りは第1話であるようです。第1話にはメル卿は登場しないようです。第2話で女王がメル卿の屋敷を訪ねるようです。多分ブロケットホールの温室で植物の世話をしているメル卿に声をかける女王がネットにアップされています。第3話は仮装舞踏会で女王とメル卿のダンスシーンがあります。私、あの二人のダンスシーンが好きなので楽しみです。そして体調が悪化したメル卿の屋敷にモーツアルトの歌を奏でる機械仕掛けの鳥かごを手に女王が訪問します。かなり辛そうにしているメル卿が部屋に入ってきた女王を見て立ち上がろうとするのを抑え、女王がゼンマイを巻くとモーツアルトのオペラ「魔笛」の夜の女王のアリアを奏でる鳥。最後にメル卿が椅子の肘掛に頼ってやっと立ち上がると、女王は「Good bye, Lord M」と手を握って未練を振り切るように去っていく。ゼンマイが切れてもう動かなくなった機械仕掛けの鳥を力なく見つめるメル卿。女王がバッキンガムに帰るとダッシュが急死しており、女王は愛犬の死と近いうちに訪れるであろう初恋の人の死去を重ね合わせて慟哭するのでした。それを慰めるアルバート。メル卿とアルバート公が2人で会うのは第2話か第3話で場所はウエストミンスター寺院のようです。
「大聖堂」「ヘラクレス」「ROCK YOU!」を見ました。9月末までの私の認識はルーファス・シーウェル=メル卿=英国首相にまで上り詰めた優秀な政治家で宮廷人としても完璧なマナーを身につけた女王を一途に愛する(でも実は色男)端正な容貌の素敵なおじさま、だったのですが。まず「ヘラクレス」でワイルドなルーファスに打ちのめされ(でも瞳がとても鮮やかな緑色に写っていた)、しかもちょっとお下劣なセリフにガラガラとイメージが崩されてしまった。「大聖堂」かっこよかった。死ぬところがとてもよかった。エルンスト王子役の人に殺されてしまったけど。結構エッチなシーンが多かったので、やはりイメージがまたガラガラと・・・。「ROCK YOU!」はやっぱり敵役だったけどメル卿っぽいところもあって、ちょっとイメージが持ち直しました。11月は「ホリデイ」が放映されるようなので見ようかなと思っています。あ、修道院長もかっこよかったです。ライトブルーの瞳が印象的な素敵な俳優さんですね。しかし、「大聖堂」のキャストリストのトップがイアン・マクシェーンってあの面従腹背の腹黒聖職者というのは納得できないわ。前半はトムとフィリップ、後半はジャックとフィリップが主役だと思うけどなあ。

また長々と書いてしまいました。今日はこの辺で失礼します。

2017年10月30日(Mon) 00:37
Re: ルーファス・シーウェルお誕生日おめでとう!
編集
あおさん、コメントを有難うございます♪

ルーファスの誕生日、今回はツイッターでのみ言及となりまして記事の更新なく申し訳ありません。

あああ、録画、消されてしまったのですね…残念です…。
と言いつつも私も実は日本放送分は速報や台風情報などが多すぎたので消してしまいました…。
だいぶ前にイギリス版DVDは購入していたので、観たくなったらこれを見ようということで…。
近いうち、また再放送が有ると良いのですが。

メイキング?の本、決してお安いものではないのに、申し訳ありませんでした…。
文章が多いということで、情報量が結構あるのでしょうか。それはそれで気になります。
「ダウントン・アビー」のメイキングは日本語版も出たようですが、今回はちょっと厳しいですかね…。

シーズン2の情報もありがとうございます。
(イギリス版)DVDは11月13日発売なんですね。
今後何かのついでの時に購入するか先に買うか迷います…。
でもアルバートとメル卿のシーンは気になる…。

「大聖堂」「ヘラクレス」「ROCK YOU!」ご覧になったのですね!
私もつい先日、「大聖堂」と「ヘラクレス」を観ていました。

たしかに、トムもアウトリュコスもメル卿とは随分違うキャラですが、どちらも私はかっこよくて大好きです~。
(基本ヒゲ好きなのもあり…)

あ、フィリップ院長も見ていただきありがとうございます(笑)
このブログはフィリップ院長の人だらけなので、もし気が向いたらご覧になってみてください(笑)

私も、トップでマクシェーンさんの名前が来るのはどうなのかなと思いつつも…。
しかし、「ヘラクレス」でもルーファスとの共演が見られて、
しかもあの二人がかなりいいキャラだったのでとっても嬉しかったです♪

「ROCK YOU!」も一部を除き大好きな作品です。
たしかに、身分的にも3キャラの中では一番メル卿に近いかもしれませんね(笑)

「ホリディ」のジャスパー基本的にサイテーヤローなので、
またイメージが崩れてしまうかもしれませんが(笑)
憎めないキャラで結構好きです(作品的にはロマンスモノが苦手なので個人的には…ですが)

ひとまず、50歳の、そして50代のルーファスの活躍にも大いに期待しましょう!
2017年10月30日(Mon) 22:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL