I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2019年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年06月
TOPRufus Sewellドラマ・TV映画感想 ≫ 『トロイ・ザ・ウォーズ』

『トロイ・ザ・ウォーズ』

本日仕事休みだった上に
珍しく日中家人が居なかったので、DVDを2本鑑賞。

どちらもルーファス・シーウェル目当てです。

1作目はTV映画『トロイ・ザ・ウォーズ』("Helen of Troy")

先日の記事で言及した(?)通り、中古でDVDを購入。
長い上に恋愛もの?なので、アガメムノンが出てくるとこ以外は早送りで(汗)
これは…主役はアガメムノンってことでいいですかね(え)
ヘレンはまぁ置いとくとして(置いとくのか)、
男性の登場人物の中では確実に一人でオーラが違っていましたよ。

まぁたしかに無茶な暴君ではあるんですけど…
神託に従ってわが子を手にかけなければいけないと知ったとき、
それを実行するとき、その時の思いを告白するとき。
その表情がなんとも言えず…すごいなー、ルーファスさん、と思いました。
(ヘレンをじ~っと見てるとことかもね~怖いよ~・笑)
その割には最後はちょっとあっけなかった気もしますが、
あそこで引っ張ったらほんと主役が誰だかわかんなくなりますからね、
と無理やり納得してみる。

メネラオスはいい人なんだけどやっぱりいまいちな感じだし(汗)
パリスは…何が良いのかよくわからん(汗)でした(汗)
…『トロイ』のオーランドみたいに、
顔がめちゃくちゃ可愛ければまた別なんですけど…
って、あのオーランドアホパリスはあまりにヘタレでしたが…
男としてはこっちのパリスのほうがいいか(汗)

ヘクトルは最初やなやつかと思いきや、
(なんせアガメムノンいないシーンは早送りなので…)いきなり弟思いに変身!
上記2人よりはかっこよかったかな~。
『トロイ』ではバナヘクトル大贔屓の私でしたので、そのせいもあるかも(笑)

そういえば、ルーファスアガメムノン、吹き替えてらそままさきさんでした。
(当時はお名前、漢字で寺杣昌紀さんでしたが)
最初字幕で観て、気になったシーンだけ吹き替えでも観てみました。
「あ、若くて悪いトムだ…」とかニヤニヤしてしまいましたよ~。
そして、実は『トロイ』のバナヘクトルもてらそまさん!
あ~、私っててらそまさんキャラが好きなのかなぁ(もはや意味不明)

イリアスは読んだんですが、すっかり忘れてしまったのでアレなんですが…
多分『トロイ』よりこちらのほうが元ネタに近い…とは思います。
アキレスはなんか違うような気もしますが(汗)

どちらが好きかと言われたら…う~ん…
よくわかりません(汗)

ルーファスアガメムノン、バナヘクトル、豆オデッセウス、
オーランドパリスで観てみたかったかも。
(女子はもうどっちでもいいけど。興味ないので←オイ)

トロイ ザ・ウォーズ 【ベスト・ライブラリー 1500円:アクション映画特集】 [DVD]トロイ ザ・ウォーズ 【ベスト・ライブラリー 1500円:アクション映画特集】 [DVD]
(2011/04/27)
シエンナ・ギロリー、ルーファス・シーウェル 他

商品詳細を見る

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL