I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP旅行記 ≫ イングランドひとり珍道中2016年12月~2017年1月Day3その4/エーフォウィッチ、ヨーヴィック、ヨーク!(2Jan/2017)

イングランドひとり珍道中2016年12月~2017年1月Day3その4/エーフォウィッチ、ヨーヴィック、ヨーク!(2Jan/2017)

ピーターバラ大聖堂からピーターバラ駅まで小走りで、
なんとか予定のヴァージン・トレイン・イースト・コースト(Virgin Trains East Coast)
に乗り込みました。

今回、鉄道パスを一等席利用にしたのは、
このヴァージン・トレインに何度か乗る予定が有ったというのもありました。

というのも、これに乗ると、無料で飲み物や食べ物がもらえるらしい(貧乏性)
そういえばクロス・カントリーでも飲み物とビスケットをくれたような気もするけど
オーカムの印象が強すぎてあまり覚えていない…。

いずれにしても、ヴァージン・トレインでは席に既にカップが備え付けられていて
なかなかゴージャスな感じを演出しております(小市民)
17Jan02_065.jpg

席について、列車が動き出すと、検札も来る前からポットを持った人が
「お茶飲む?」「コーヒー飲む?」と廻ってきました。

そしてその後、サンドイッチ、2つ味あるけど
どっちが良い?ポテトチップスいる?とワゴンが廻ってきたり。

そんなこんなで次の目的地に到着。
17Jan02_066.jpg

ヨーク(York)、結構でっかい駅です。
17Jan02_067.jpg

アレ?結局検札回ってこなかったような。
普通席ので一等席乗ったり、改札もなかった気がするから
ここまでの切符買わなかったりするせこい人が続出しないのだろうか…。

有名な鉄道博物館が有ったりということですが、
今回はパス、で駅の反対側へ。

この街もまた大聖堂(York Minster)で有名な街です。
17Jan02_076.jpg

デカイ。
17Jan02_073.jpg

デカイ。
17Jan02_075.jpg

なんかデカすぎて外側見るだけで満足してしまい、
中には入りませんでした…(お金かかるし←こら)

「ロビン・フッド」でも
ノッティンガムの代官が行くわけではないですが、
登場したりですが…。

このヨークに来たのはそれが動機ではなく。

このヨーク大聖堂(の基)を作ったのは、ノーサンブリアの王様、
といえばなんとなくおわかりでしょうか。

それとも、ここのひとつの観光的ウリがヴァイキングである、
そしてヴァイキングの時代にはヨーヴィック(Jorvik)と呼ばれていたこの土地が、
その前はエーフォウィッチ(Eoferwic)という名前だったといったほうが良いかもしれません。

そうです、「ラスト・キングダム(The Last Kingdom)」で
マシュー・マクファディン演じる太守ウートレッド(Lord Uhtred)が
戦死したのがこの土地だったからなのです。
(ロケ地はハンガリーですけど)




ロード・ウートレッドかっこいい…と無駄に公式ツイートを貼るな。



本当はロード・ウートレッドが治めていたという設定のベバンバーグ(Bebbanburg)、
今でいうところのバンバラ城(Bamburgh Castle)に行きたかったんですが、
遠いし、車がないといけないしということで、
ヨークであればピーターバラと同じ線で行けるから、
というくらいではあったのですが…。

旅に出る前は本当に時間がなくて、
アングロ・サクソン時代の見どころ的なものが探せなかったので、
ひとまずは、ヴァイキング関連、ということで、
ヨーヴィック・ヴァイキング・センター(Jorvik Viking Centre)という
観光施設に行こうと思っていたのですが、
昨年の洪水で水没してしまったとのことで、現在は改修工事中とのこと。

そういえば、昨年イギリスに来たとき、ヨークが大変なことになっているという
ニュースがずっとやっていたな、とか…。

で、その展示物の一部をヨーク市内に分散させてミニ展示をやっているとのことで、
その中のひとつ、ヨーク・シアター・ロイヤル(York Theatre Royal)
でやっているという、"jorvik: life and death"に行ってみました。

…外観も、内観も写真撮るの忘れました…。
(中は撮っていいか訊くの忘れたので、ということもあり)

芝居観るでも、チケット買うでも、ショップに行くでもなく劇場に来るのは流石に初めて…。

劇場入り口を入ってすぐ右手にある、洞穴みたいな小部屋がその会場のよう。
本当に小さい部屋で、私のほかは昔の人の格好をしたスタッフさんが一人いるだけ。

部屋を見回すと、入り口のところに、
ここは中世の病院の跡ですということが書かれていました。
スティーヴン王によって建てられた(建て替えられた?)とかなんとかで、
まさかここでも「大聖堂」がつながってくるとは。

そういう場所だから、今回"life and death"という
展示の会場に選ばれたっぽいです。

展示は本当に少しで、当時食べられていたものとか、
薬に使われていたものとか、そんな感じだったかと思います。
おそらく、目玉はヴァイキングの女性の骨(レプリカだったかな)と、
そしてもう一つ。

"The Lloyds Bank Coprolite"または、"The Lloyds Bank Turd"と呼ばれる展示物。

"turd"といえばこのセリフ。



はい、まあ、早い話がヴァイキング時代のウ●コです。

…それにしてもデカい。
こんなデカいウ●コする悪魔のウ●コにはかないませんよ、ロード!

とかなんとかで、意味不明なところで最も興奮してしまい、
小学生以下の知能だということがバレる。

まあ、真面目な話、これだけ完璧な形で残っている人糞石ってのは殆どないそうです。
貴重なものを見ることができたなぁ。

…食事中の方申し訳ございませんでした。

…というわけで気を取り直して…。

シアター・ロイヤルを出て、
近くにあるヨーク・ミュージアム・ガーデンズ(York Museum Gardens)に行ってみました。
ミュージアムはショップに入ってみた限り、お金がかかる割に、
個人的に興味があるあたりは少なそうなので、展示は見ませんでした。

公園内には、遺跡が残っていたりします。

17Jan02_079.jpg
これは"St. Mary's Abbey"という、ヘンリー8世の時代に破壊された修道院跡だそうです。
今回、大聖堂に行く機会が多かったので、ヘンリー8世が
カトリックの建築物や聖遺物等を破壊したという話を何度聞いたり目にしたことかという。
まあ、しょうがないつったらしょうがないのですが…。

こちらは"The Multangular Tower"という、ローマ時代の要塞の跡だとか。
17Jan02_080.jpg

そろそろ日も傾いてきたので(と言っても14時過ぎくらい)
公園をあとにしました。

なんとなく川を撮ってみる。
17Jan02_081.jpg
ウーズ川(River Ouse)という川だそうで、
きっとこの町の歴史と深く関わっているに違いない(適当)

17Jan02_082.jpg
で、ヨークはその城壁の上を歩けるというのでも有名なので、
駅に向かいがてら登ってみました。

17Jan02_083.jpg

幅は二人並んで歩くのはきついかな、という感じで、
前からも後ろからも人が来るので(ゆっくり写真を撮るために)
追い越してもらったり、すれ違ったりはけっこう大変でした。

大聖堂が少し遠くになりました。
17Jan02_085.jpg

そんなわけで駅に到着。
17Jan02_086.jpg

帰りのロンドン(キングス・クロス)までの列車が
今回の鉄道の旅で一番乗車時間が長かったのですが、
スコットランドからで1月2日の夕方にロンドンに着く、ということでか満席で、
デッキ部分に2時間以上立ちっぱなしだったのでした…。

ただ、そのおかげで全然読めてなかった
次の日に見る舞台"Art"のスクリプトに一通り目を通すことができたのですが…。


そんなわけで、Day4その1へ続く!
[ 2017/01/31 21:06 ] 旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(0)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL