I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP旅行記 ≫ イングランドひとり珍道中2016年12月~2017年1月Day2/グリニッジとドックランズあたり(1Jan/2017)

イングランドひとり珍道中2016年12月~2017年1月Day2/グリニッジとドックランズあたり(1Jan/2017)

というわけで寝ている間に年が明けました。

いつもは観光客で賑やかなホテル最寄り駅も人がまばらな1月1日の朝…。
17Jan01_001.jpg

1月1日は開いていない所も多いのですが、
一部博物館や施設等は開いているところもあり。
そんなわけで、そんな施設のひとつを目指し、グリニッジ(Greenwich)へ。

なんだかクリスマス仕様か、カティーサーク(Cutty Sark)号の前に
メリーゴーラウンドが…。
17Jan01_003.jpg
天気悪いし新年早々の早目の時間だから誰も乗っていない…。

グリニッジは昨年も来て、
旧王立海軍大学(The Old Royal Naval College)のあたりをブラブラしたり、
国立海事博物館(National Maritime Museum)に行ったり、
グリニッジ旧王立天文台(The Royal Greenwich Observatory)あたりで
ルーファス・シーウェル主演ドラマ"Charles II"
ごっこをしたりしたのですが(いや、作中に出てくるというだけ)、
その時に工事中か何かで開いていなかったこちらにリベンジしに来ました。
17Jan01_005.jpg

「チューリップ階段(Tulip Stairs)」と呼ばれる、
この螺旋階段で有名なクイーンズ・ハウス(The Queen's House)という建物です。
(心霊写真が撮れた!とかで有名という説もあるとかないとか)
17Jan01_007.jpg

元々ジェームズ一世の妃(で、チャールズ2世のおばあさん)、
アン・オブ・デンマークのために作られた建物だそうです。

なんでわざわざここに来たかというと、
まあ、この階段はこんな感じなのでいろんなロケに使われているっぽいのですが、
マシュー・マクファディンがアーサー・クレナムを演じた
ディケンズ原作のBBCドラマ、「リトル・ドリット」の迂遠省としても使われているからなのです。

アーサーがここを訪れて、たらいまわしというか、
待たされるというかなシーンが有ったりとか。

17Jan01_008.jpg
アーサーは上から下を覗き込んでいたのですが、
ロープが張ってあって上の方に登れず、こんな画に…。

このくらいの角度で、窓の手前にアーサーが立っているという
プロモーション写真があったりとか。
17Jan01_009.jpg

LDの迂遠省として使われているときは、
ライトのところがランプ的なものに変わっていたり、
階段に足の踏み場がないほど、書類が置かれていたりという感じになっています。

このチューリップ階段、やっぱり人気があるらしくて
自分含め誰か彼かがここの写真を撮っていましたが、女性二人組が長いこと、ずっと記念撮影していて、
ここを使った何か映画かドラマかのファンなのか、それともオカルトファンなのか何だったのか…。

建物の中には、船や港に関する絵やなんかも色々有ったりでしたが、暗くてうまく写真が撮れず…。
しかも、あまり広くないところなのに微妙に迷ったりしてしまいましたよ(方向音痴)

と、いうことで、存分にアーサーごっこをした後にクイーンズ・ハウスを後にしました。

17Jan01_012.jpg
クイーンズ・ハウスを背にして見た旧王立海軍大学。
ここもLDの撮影に使われたようです。
向こうの方にはシティ辺り?の都会な感じの建物が…。

帰りにドックランズ(Docklands)の
ウエスト・インディア・キー(West India Quay)というところにある、
ドックランズ博物館(Museum of London Docklands)のショップだけ寄りましたが、
今回はあんまり面白いものが見つからず、何も買わずに出てきてしまいました。

新しく博物館のバー?カフェ?ができている様子。
17Jan01_014.jpg

博物館は古い倉庫を改装して作られていますが、
周りにはやはり現代的なビルが。
17Jan01_015.jpg

ここは以前"Jack the Ripper and the East End"という
なんとも興味深い特別展をやったことがあるようです。
カタログは購入できましたが、まだ全然読めていないという。。。

ここの展示は「リッパー・ストリート」的にも、
ルーファスがトマス・クラークソンを演じた「アメイジング・グレイス」的にも
色々面白かったので、機会があれば、以前訪問した際のことでも書きたいと思っております。

この後、オックスフォード・ストリート(Oxford Street)でデパートを覗いたりしていて、
他ももう少し色々ブラブラしようと思っていたのですが、
結構強く雨が降ってきてしまったので宿に帰りました…。


Day3に続く!
[ 2017/01/22 01:23 ] 旅行記 | Comments(2) | Trackbacks(0)

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017年01月22日(Sun) 16:45
Re: No title
編集
鍵コメさん、コメントありがとうございます♪

この日は特に天気が良くなくて残念でした…。
階段すごく綺麗でおおお!となりました!みんなして写真を撮りたがるのがわかります!
そして私もLDをまた見たくなりました。

ありがとうございます、またお付き合いいただければ嬉しいです。
博物館のこともそのうち…
2017年01月22日(Sun) 18:24












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL