I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOPMatthew Macfadyen声のお仕事 ≫ 人権団体作成動画"Last Words"

人権団体作成動画"Last Words"

マシュー・マクファディンがYoutube上にアップされている動画
"Last Words"に参加しているとのDarcyliciousさん情報。

この動画を作成したのはイギリスの弁護士が1999年に立ち上げたReprieveという人権団体で、
世界各地の対テロ政策の名のもとに非人道的な扱いを受ける囚人たちを支援しているようです。

この動画は、"Last Words"というタイトルで、
拷問による自白などで、冤罪であるのが明白である、
もしくはその刑に値しないにも関わらず死刑判決を受けたといった死刑囚たちの
言葉を俳優たちが朗読し、その言葉の主がどういった状況で逮捕され、
どういう扱いを受けているのかを紹介する、という内容。



マシューは1分58秒頃から登場し、
以下の言葉を読み上げます。

"Ireland, I miss everything about Ireland.
Dad, I'm sorry that for three years you've had your son taken away from you.
Mum, I'm sorry for three years you have been chasing me from prison to prison.
To my sisters and my brother, I'm sorry that I couldn't be there as a brother for you.
I am sorry that I couldn't be an uncle for your kids.
Ireland, I am sorry to have been away from you for three years."

この言葉の主は、アイルランド国籍の青年、イブラヒム・ハラワさん。
動画の紹介と、団体のサイトによると、彼は17歳だった2013年8月、休暇中に
エジプトのカイロで3人の姉と一緒にデモに参加し、逮捕されたそうです。

その勾留中、負傷していたにも関わらず、治療を受けられず、
また、体罰を受けたり、弁護士との接触を許されなかったり、
光も入らず、トイレもない独房に監禁されるなど非人道的な扱いをうけ、
死刑を受ける危機に直面している、とのこと。

団体では、こういった境遇にある人々の命を救うための寄付を受け付けている、とのことです。

マシュー・マクファディンの他に、
動画のサムネイルにもなっているデイヴィッド・テナントさん、
デイヴィッド・モリッシーさん、トビアス・メンジーズさん、オリビア・コールマンさん、
ハリー・エンフィールドさん、アジョア・アンドーさん、アンナ・マックスウェル・マーティンさん、
ティム・マッキナリーさん、ハリド・アブダラさん、アリヨン・バカーレさん、コリン・サーモンさん、
セル・スペルマンさんが朗読に参加しているようです。

Reprieve公式サイト

ところで、いつごろ収録したものかわかりませんが、
相変わらずの素敵ヒゲで、服は普段着っぽいラフさで良い感じに格好いいです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL