I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPMatthew Macfadyen声のお仕事 ≫ "Revolution – New Art for a New World"マシュー・マクファディンはレーニン役

"Revolution – New Art for a New World"マシュー・マクファディンはレーニン役

マシュー・マクファディンが声の出演をするドキュメンタリー映画
"Revolution – New Art for a New World"。

作品の公式サイトができ、マシューの新画像もアップされ、
そこに担当が書かれていたとのDarcyliciousさん情報。

マシューは、ウラジミール・レーニンの声を担当するようです。

こちらの公式サイト上に写真が
マシューの横顔、格好いいですね。

芸術家の声を演じる(朗読する?)のかと思っていましたが、
レーニンという、私でも名前を知っているような有名人でした。

ちなみに、トム・ホランダーさんは抽象画で有名らしい?
芸術家のカジミール・マレーヴィチを担当されるとのこと。

しかし、レーニンの声って知らないな~と、検索してみたら、
結構スピーチの音声残っているのですね(さすが)

レーニンのスピーチ音声はパブリックドメインになっているはずなので、
アップしている方がどなたかはわかりませんが、ひとつ貼っておきますね。
(動画をアップしている方やコメントしている方の思想と私の思想は関係ありません…と、一応)


音声も良くないし、言語も違うのを鑑みても、
マシューの声とは全然違う感じ。

マシューはどういうシチュエーションで、
どういった内容のものを読む?のでしょうか。
残された書物、手紙やスピーチの内容を読むにしても、
役を演じるようにするのか、朗読よりなのかも気になります。

なお、イギリスでの公開は2016年11月10日、
その他の国の公開予定もいくつか書かれていますが、
日本での公開予定は今のところなさそう?
あっても、前にも書いたとおり、吹き替えになってしまうんでしょうか…?
せめてUK版DVDでも出てくれると良いのですが。

とりあえず、無知でお馴染みの私ですので、ロシア・アヴァンギャルドどころか
レーニンのことも全く知りませんのでせめて
ロシア革命とか、レーニンあたりのことだけでもちょっと調べてみようかな…。

"Ripper Street"はシーズン4BBC Two放送開始とか、
アマゾンUKのシーズン5配信予定とかでちょこちょこ有りますが、
それはまたもう少しネタが溜まってから…。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL