I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPMatthew Macfadyen舞台関連ネタ ≫ ロンドンひとり珍道中2014年4月Day4その3/ジーヴス最後の出待ち…ハドフィールドさんにマンガンさん…ってマシュー?!!(5Apr/2014)

ロンドンひとり珍道中2014年4月Day4その3/ジーヴス最後の出待ち…ハドフィールドさんにマンガンさん…ってマシュー?!!(5Apr/2014)

"Jeeves & Wooster in Perfect Nonsense"のオリジナルキャストの公演が終わり、
できれば3人に感謝の気持ちを伝えたいと思い、
この日は出てくるのが遅くなるだろうと思いつつ出待ちをすることに。

劇場を出てすぐに、正面入り口のところに演出家のショーン・フォーリーさんがいらして、
サインをもらっている人もいたので私もお声掛けして
オリジナルキャストラスト公演のチケットにサインを頂きました。

私:「素晴らしいショーをありがとうございました!」
フォーリーさん:「楽しんだ?」
私:「ええ!8回観ました!」
フォーリーさん:「8回も?!」

…やっぱり半年の間に同じ公演8回も観る人いませんか…ね…(汗)

フォーリーさんが、じゃあ、と、劇場の中に戻って行かれたのでまたステージドアあたりに戻る。
今日はさすがにすごく人が多い!何人いるかな、でも30人…はいないかな??

…ほんとに誰も出てこないな~、周りの人みんな連れがいるっぽいけど私だけぼっちで寂しい…。
マシューのファンの人も多いだろうから、声をかけてみればいいんだけど…言葉もできないし…
とか思いつつ…どんどん時は過ぎ…。どんどん出待ちの人も減っていき…。

そうこうしていると劇場の人が出てきて、
「中でお祝いパーティしてるからあと1時間出てこないよ」とのこと…。

しばらくすると、さっきまでお友達と一緒だったアジア系の人がお一人になっていて、
私に「どこから来ましたか?」と訊いてきたので「日本です」と答えると「ですよね~!(日本語)」と!

Nさんというイギリスに長期滞在中の方で、
たまたまロンドンに来ていて何か舞台を観たいと思い調べていたら、
お好きな「プライドと偏見」に出ていたマシューが舞台をやっている、
ということを知り一度ジーヴスをご覧になったところ、あまりに面白かったのでもう一度ご覧になって、
キャストに声をかけたいと出待ちされていたとのこと!

日本語でマシューの話ができる!とばかりに
またほぼ一方的なマシュートークを聞いて頂き…(汗)

気付けばネオンまで消えていて(こんなの初めて)、ホントみなさんいつ出てくるのやら…。

しばらく待っているとNさんが「誰か出てきたみたいですよ」と。
ステージドアではなく正面入り口から、ハドフィールドさんが出てこられていました!

ハドフィールドさんにも、チケットにサインを求める。

ハドフィールドさん:「ヘルメットキャッチしてたね」
私:「はい~…!素晴らしいパフォーマンスをありがとうございます!」
ハドフィールドさん:「こちらこそ、色々ありがとう!日本へ帰るの?」
私:「はい、明日帰ります!」
ハドフィールドさん:「明日?!本当にありがとう!」

9月にまた観に来たいです、と言おうかと思ったけど、全く未定なのでやめておきました…。
今のところ行けそうもなくなって、言わなくてよかった…(汗)

その後脚本のグッデイル兄弟のうちどちらかが帰って行かれるのも見たのですが、
デイヴィッドさん?ロバートさん?と思っていたらお声掛けするタイミングを逸してしまい後悔…(汗)
Mr Goodale!って言えばよかったのだから後で確認すればよかったのに(汗)

ちなみにジーヴスでオリヴィエ賞受賞した時のご兄弟♪
左が元役者のロバートさん、右がデイヴィッドさんです♪


バーティのアンダースタディのエドワード・ハンコックさんも出ていらしてました。
髭を生やされていて、もしバーティをやることになったら慌てて剃るのかな?とか。
プレスナイト直後にマンガンさんが肺炎になってしまった時、
バーティを実際一週間演じたこともある方ですし、彼のバーティも観てみたいです!

他も(多分)クリエイティヴのみなさんなど出ていらしたのですが…
マンガンさんとマシューはまだ出てこない…
ま、まあこの2人以外は月曜からまた仕事だっていうのもあるのかな…と…。

セキュリティのお兄ちゃんも「もう出てきてるハズの時間なんだけど…」
とのことで…大変だなぁ…と…(汗)
この時直接話を聞いていた人は
「今日になるか明日になるかわからないって…ってもう明日よね~♪」
とかおっしゃってました…(笑)

もう残っているのはさすがに10人もいない感じになっていて、
もうステージドアではなく劇場正面から出てくるだろう、と
みんなそちらに移動していました。
そして「中に入れて!一緒に飲ませて!」なんて冗談を言ったり(笑)

私もNさんに「マシュー、酔っ払って出てくるんじゃないですか~?!
酔ったら声デカくなりそう、とか思ってるんですよ~」とか冗談言ってました。
…この時は、本当に冗談のつもり…だったんです…けどね…。

そんなこんなしていると…とうとう…!
マンガンさんが出ていらした……!!!!

「え~?!こんなに長い間待ってたの~~??!!」という感じで対応して下さる。

対応途中に女性がマンガンさんのところに来て、何かをやり取りしていたんですが、
多分奥様のルイーズ・デラメールさんだったと…
いや、プレスナイトのアフターパーティの時の画像でお顔見ているのですが…

私基本女性の顔って全然覚えられないんです、すすみません…(汗)
でもマンガンさんのズボンのポケットに手を突っ込んでいたのでさすがに間違いないでしょう…。

そんなわけでもしかしてキーリーも来てたりするのかな?とか思っていたりしたのですが。

で、私の番になって、やはりチケットにサインを求めと、
マンガンさん、「ヘルメット、ナイスキャッチだったね!」と言ってくださいました!
投げ方が良いからです、って言いたかったんですが、そんな英語できません…。

そして、「素晴らしいパフォーマンスをありがとうございました!」と言うと、
あちらも「ありがとう」と言ってくださいました~!

あああ、オリヴィエ賞の司会のこと言うの忘れたよ…とか思いつつ…。

それからちょっとすると…マシューがやーっと出てきました!
キーリーはいないみたいでちょっと残念…って…
ん…マシュー…なんか…酔ってるね…?見るからに…(笑)

喋りや動きがいつもよりスローモー…目も眠そう…あの颯爽とした感じはどこへ…(笑)
反応が「はあ…?うん…?」と言う感じになってました…(笑)

それでもファンに対応するマシュー。
最初に2ショット撮らせてもらっていた人たちには
「足元が荷物でいっぱいでごめんね」と言っていました。
そう、今まで楽屋においてあった荷物全てと、
記念にもらった劇場写真のパネルなんかでとっても大荷物になっていたのでした。
(だからマンガンさんにも迎えの車が来ていました)

マシューが出てくる前にNさんが「ハグを頼んだら怒られますかね?」とおっしゃっていたので
「そんなことないですよ~!」と言っていたので(私もしてもらおうと思ってたし)
順番が来た時にNさん、マシューにハグをお願いしていました。
それを見た他のファンも「私も~!」「私も~!」とハグをリクエストし、応えるマシュー(笑)

そして、私の番になってマシュー、「あ~…元気…?」みたいな感じで声をかけてくれました(笑)
チケットにサインをもらいつつ、どうしても訊きたかったことを…。

実は、3日に話した時に、最後にマシューの口から飛び出した言葉とは…
「ありがとう…ありがとうございます」という日本語だったのです!

それが「アリガト…アリガトゴザイマース」って感じではなくて、
とってもきれいな日本語イントネーションだったのもあってとにかく驚いてしまって!

RADAなんかで(あくまで英語ではあるけど)各地のイントネーションなんかを
きっちり勉強してるだろうし、"Warriors"でのリバプールなまりも驚いてる人いたし、
きっとそういう「耳」がすごく良いんだろうなと感心してしまって
肝心なことをその時に訊けなかったので…。

そう、「どこでその日本語覚えたの?」ということを…。

私:「あの、あなたの日本語すごくうまいけど、どこで覚えたの???」
マシュー:「え???なに???ゴメン、もっかい言って…?」
とこのやり取りを何度か…。

私:「日本語どこで覚えたの??」
マシュー:「え~?なに…?」

わ~!確かに私の英語酷すぎだけど、素面の時のマシューなら
もうわかってくれてるハズなのに…!こりゃダメだ…(汗)

私:「…やっぱりいいです…」
マシュー:「え~?なに~?もっかい~…」

これも何度も…。
しかもマシュー、私の口元にどんどん耳を近づけてくるもんだから、顔が近い…!(笑)

もうどうしたらいいの?!とNさんの方を思わず見てしまったり…(笑)

私:「昨日(ホントは一昨日だけど、そう言ってる余裕なし)日本語喋ったよね…?」
マシュー:「ありがとう…(日本語)」
私:「そう!どこで覚えたの?」

と言ったらやっとわかってくれました…(笑)
そして…

マシュー:「あ~ツアーでね~…行ったんだよ~…日本に~…RSCの「夏の夜の夢」で~…。」

…!やっぱり!やっぱりそうだったんだ…!

実は、前々からもしかして…と思っていたのです…。
1996年のマシューがディミートリアスをやったRSCの「夏の夜の夢」。

これをご覧になった日本人の方が、今にして思えばマシューを見ていたんだな、と
いうようなことをブログに書いていらっしゃるのを読んだことがあって…。
その時はストラトフォードがロンドンでご覧になったのだろうと思っていたのですが、
このプロダクションが1997年にツアーで日本に来ていたことを後で知って…。
もしかして、その方は日本でご覧になったのかな?とも思ったのですが…。

いや、でも、きっとやっぱりこの方はイギリスでご覧になっていて、
この時の来日キャストにマシューはいなかったんだ!と思い込んでいて…。
と言うか、きっと思い込みたかったのかもしれません…(笑)

で、マシューが日本語を話した時に、
やっぱりこの来日公演のメンバーだったのでは?と思ったのでした。
子供の頃、インドネシアのインターナショナルスクールに
日本人の友達がいた、という可能性も考えましたが…(汗)

と、いうわけで皆さん、マシューは日本に来たことがありました…
いや、ご存知の方もたくさんいらっしゃるでしょうから…
超今更ネタでビックリしていてお恥ずかしいです…(汗)

それにしてもマシュー、酔っぱらってわけわからない状態になってるのに
何度も何度も訊き返してくれて…本当に優しいな~…。

そして、私もハグを頼んだらやっぱり最初「?」って感じだったんですが、
すぐに「ハグ~?いいよ~~」って感じでハグしてくれました(笑)

一月にハグしてくれた時よりも
マシュー酔ってるし、何人にもしてる分かガバッ!って感じで来てくれたので
マシューの肩に私のあごが乗る感じのハグらしい形になりました(笑)

そして、前は上着を着ていましたが、今回はマシューがシャツ一枚だったので
マシューの体温や体つきが伝わってきました…(笑)
胸周りがぱっつぱつなのが私好み過ぎて有難うございますという感じでした…(笑)

その後も「おうちにかえんなきゃ~」とか言いつつも
(決して「家に帰らないと」と言う口調ではなかった…)
ファンのリクエストに応えていて…
ちょっとびっくりするようなリクエストにも快く応じていました…(笑)
あれ、酔っていたからやったのか、素面でもやってあげたのか…にしても、
「最後の子で良かったですね、あれ、最初だったら絶対みんな私も!って言ってましたよね」
とNさんと言っていました…(笑)

で、「も~、全部終わった~???」
とマシューが言うので、申し訳ないと思いつつ…最初撮る気がなかった写真をリクエスト。

「笑って~!」と言ったのが聞こえているのか聞こえていないのか…。
というのがこの写真。

05apr2014matthew.jpg

フラッシュを近くで焚いているあおり写真とはいえ…
明らかに素面の時と表情が違います…(笑)

お礼をいうと、帰り支度を始めるマシュー。

そして、荷物を持とうと屈んでいるマシューの耳元に、
最後にどうしても言いたかったので
「素晴らしいパフォーマンス、本当にありがとう!」と。

そうしたら、「こっちも色々とありがとう~~~」と言ってくれました。

荷物を一応すべて持つも、ふらつくマシューにファンたちが
「大丈夫?車まで荷物持とうか?」とか声をかけたのですが
「大丈夫~」と…千鳥足で去っていきました…。

ファンたちはみんな心配して
ちょっと離れたところに停まっていた迎えの車に
マシューが乗り込むまで見守ってました…(笑)

なんか、多分その場にいたファンたち、
自分を含めほとんどがマシューよりそれなりに年下だったと思うのですが、
マシューは皆の母性本能を鷲掴みにしていたと…(笑)

でもすごいな、と思ったのは、マシューが「大丈夫」と言ったら、
誰もマシューを追わずに劇場の前から見守っていたこと。
年末年始の他劇場でのあれこれを聞いていただけに感心してしまいました…
と、いうか、こっちが普通であちらが異常だったということはわかっていますが…(汗)

あの人らがこんな無防備に酔っていたら、それこそ大変なことになりかねないなぁ…と…。
(でもそれ以上にマシューに対しては「おやじ狩り」にあわないでね、とか思ったり…)

まあ、無防備に酔っているとは言っても、
ファンの対応をむげに断ったり鬱陶しがったりせずに
応えてくれるだけの理性は保ってる程度ではあって、
そこもまた大変だな、とも(元々すごく人が良い性格なのかもしれませんが…)

と、いうわけで?
きっとこの時のことは次の日には全部忘れちゃってただろうけど、
本当に素敵な思い出をありがとう、マシュー!

と、いうわけで…
チケットに頂いたサイン。
ticket.jpg

2日にハドフィールドさんにプログラムに頂いたサイン。
mark.jpg

本当に8回観ましたよ、フォーリーさん!!!(笑)
本当に本当に素敵なプロダクションをありがとうございました…!!!!
jeeves.jpg


で、マシューから聞き出した情報を基に調べてみたところ、
運よく1997年のRSC「夏の夜の夢」来日公演のプログラムを入手できました!

表紙はこんな感じ。
rscmidsummer01.jpg

青いパジャマみたいなのを着ているのがマシューディミートリアス♪
rscmidsummer02.jpg

キャスト+クリエイティヴ一覧。
rscmidsummer03.jpg

マシューはオーベロンとシーシアスのアンダースタディでもあったみたいで!
やっぱり背が高くて声が低いからかな???
ジョセフ・ミルソンさんが"The Fairy Queen"でオーベロンやっていたのもあって
「おお!」と思ってしまいました!観てみたい!

文字が邪魔…!(こら)
rscmidsummer04.jpg

キャストプロフィール。
rscmidsummer05.jpg
まだRADA時代のプロモーション写真使ってる…(笑)
しかも映像作品が"Holding the Baby"しかない頃なんだな、とじわじわ…。

文字が邪魔!その2(文字が丸被りしてる写真の右ページに顔があるのがマシュー)
rscmidsummer06.jpg

これもどこかにビデオレコーディングないかな、と思ったのですが、
マシューはこのプロダクションのオリジナルキャストではないのでなさそうでした…。
1995年のオリジナルキャスト版を映像用に撮ったものはDVDも出ているのですが…。

と、いうわけで一応Day5に続く!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL