I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPMatthew Macfadyen舞台関連ネタ ≫ マシュー・マクファディンatウィンダムズ・シアター+ジーヴス稽古初日?

マシュー・マクファディンatウィンダムズ・シアター+ジーヴス稽古初日?

2013年9月16日、ロンドンのレスタースクウェアにある
ウィンダムズ・シアター(Wyndham's Theatre)で行われた
キーリー・ホウズの出演する"Barking in Essex"のプレス・ナイトに
マシュー・マクファディンが姿を見せました。

マシュー1
マシュー2
マシュー3
マシュー&キーリ―

…この劇場、5月に"Peter and Alice"を観てきた
ノエル・カワード・シアター(Noel Coward Theatre)と
背中合わせになっている劇場なのですが、
あああ・あのあたりにマシューが…とか変に興奮してしまいました…。

とか言ってますが、マシュー本人もその目と鼻の先の
デューク・オブ・ヨーク・シアター(Duke of York's)で
10月30日から芝居をやるわけなので、毎日そのあたりにいるんだよね…と。

時期もろかぶりだから二人一緒にいる姿を目撃されたりすることも多いのかな、とか…。
(別にお互いプロで大人だから夫婦だからっていつも一緒にいなくたって良いんだけど
全く別行動だとそれはそれで心配だし…)

で、マシューのお芝居"Jeeves & Wooster in Perfect Nonsense"ですが、
バーティー・ウースター役のスティーヴン・マンガンさんのツイートによると、
まさにこのプレスナイトの日9月16日が稽古初日だったようです。




主演二人以外のキャスティングはどうなっているんだろう?
と今日公式サイトを見てみたら、一人だけ増えていました。

バーティのおばさんの執事役にマーク・ハドフィールド(Mark Hadfield)さん。
彼もRADA出身だそうで、今まで発表されている3人、全員RADAっ子。
これは残りのキャストも…?と期待(?)してしまいます(笑)

この芝居、というか原作についてはまたあらためてご紹介します~。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL