I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年12月

2018年年末のご挨拶(と「メディア王~華麗なる一族~」版トレーラーと今更"Fall on Me"動画 feat. くるみ割り人形と秘密の王国)

あっという間に大晦日となってしまいましたので年末のご挨拶を…。

2018年は、マシュー・マクファディン出演の新作が本国から少し送れ程度で
ドラマ、映画共に観ることが出来、秋以降、とても充実した年になりました。

特にHBOドラマ"Succession"邦題「キング・オブ・メディア」は、
ドラマ自体も、マシューの役柄、演技共に素晴らしいもので、
本当に、日本で放送してくれたスターチャンネルさんには感謝しかありません。

当ブログ「キング・オブ・メディア"Succession"」基本情報+各話ネタバレ感想への入り口ページ
※HBO、スターチャンネル、ワーナーの各作品ページへのリンクもあります

個人的に、この作品のトム・ワムズガンズ役は、
マシューのキャリア史上、最も素晴らしいと思います。
アメリカでの仕事ということで不安がいっぱいでしたが、
そこは流石にマシューをキャスティングするような作品、
またマシューが選ぶような作品・役柄でした。

マシューは本当にいつも良い意味で期待を裏切ってくれて、やっぱり大好きだ!と。

「マシューが演じている特定の役柄」のファンの方はわかりませんが、
「俳優マシュー・マクファディン」のファンの方は、きっと気に入ると思いますので
まだご覧になっていない方、是非是非ご覧になっていただけたらなぁ、と思います。

スターチャンネルもAmazonプライムも見られない、という方も、
2019年3月6日より、DVDのレンタルがスタートするようです。

DVDの配給?元はワーナー・ブラザーズ・ジャパンで、
スターチャンネル放送時から邦題が変更となり、
「メディア王~華麗なる一族~」になるようです…。

なお、スターチャンネルさんやワーナーのサイトの作品紹介はかなり微妙です、
本当に出来が良く、バランスも最高のドラマ(特に後半)なので、騙されたと思って見てみてください(笑)

DVD【予告編】「メディア王~華麗なる一族~ <シーズン1>」3.6レンタル開始


できればセル版も出てくれると良いなぁ、と思っています。

ディズニー映画"The Nutcracker and the Four Realms"邦題「くるみ割り人形と秘密の王国は、
マシュー自身が撮影のことを殆ど覚えていないと言っていたり、
役柄が原作やバレエ版だとあまり重要じゃなさそうだったり、
アメリカ公開後のレビューが…などで色々不安でしたが、
蓋を開けてみたら、マシューが演じる主人公クララのお父さん
ベンジャミン・シュタールバウムは出番こそ多くはないものの、
かなり重要な立ち位置のキャラクターで、なかなか良い役でした。
(ちなみに、マシューの演技に言及していたイギリスの新聞のレビューは高評価でした)

マシューの演技はもちろん良くて、結局4回ほど見に行ってしまいました…(笑)

「くるみ割り人形と秘密の王国」三回見た後の感想エントリ

と、4回目見たあとの追記的ツイート







こちらは、少し待てば確実にブルーレイが出ると思いますので、もちろん購入します…が、
きっとマシュー絡みのおまけはないのでしょうね…。

ところで、エンディング曲の"Fall on Me"を歌うアンドレア・ボチェッリさんの
公式アカウントがだいぶ前にYoutube上で配信してくださっていたPVに、
トレーラーなどには出ていなかったベンジャミンのカットが出ていましたので、今更貼り付け。

Fall On Me (From Disney's "The Nutcracker And The Four Realms" / English Version)

3:52あたりから、ちょいネタバレ?な父娘シーンのカットあり。
ここのシーンも良いんですが、この後が個人的なツボでした…!

当のマシューは"Succession"のシーズン1の撮影が終わってからは、
キーリーがものすごく忙しかったこともあり、
プロモーション活動以外は主夫業に専念していたようで、
夏休みは一ヶ月ほど、お子ちゃまたちとフランスに行っていたとか…。

お子ちゃまたちの学校が始まってからは、暇を持て余して
本を読んだり、走ったり、ギターの練習したりしてた、とのことですが、
このギターをなにか仕事で使うことはあるのか?と期待?してしまいますよね…(笑)

そして、本当になんの撮影もしていなかったのでしょうか…うーむ…。

年明け、2019年1月からは"Succession"シーズン2の撮影が始まるとのことで、
またぼつぼつ何かしら出てくるかもしれませんが、
今のところ、お仕事情報はこれだけしか発表されていないので、
そろそろ、ロンドンでの舞台をお願いしたいです…。
(でもホントは出来たら来年末くらい冬にしてほしいんだけどなぁ…Succession次第でしょうか。)

と、言うわけで、ひとまず2019年はSuccessionのシーズン2を
スターチャンネルさんが放送してくださると期待しています。
シーズン2ではトムがどんな事になっている(なる)のか、ひっじょうに気になります。

そして、BBC/Starzドラマ"Howards End"の日本放送をしてくれないかな、ということと、
例のアレのアレでそれになっている"The Current War"、本国?では
やっと一般公開?するとかなんとかいう噂っぽいので、日本でもやってくれますように…。

と、舞台含め、新しいお仕事情報が出るのを待ちたいですね
(あと、実はアワード関連もちょっと気にしてますがあまり期待しすぎないようにしよう)。

そんなわけで、来年が皆様にとって、
そしてマシューと、彼の大切な人たちにとって良い年になりますように!

HBOドラマ"Succession"邦題「キング・オブ・メディア(スターチャンネル放送時)」「メディア王~華麗なる一族~(レンタルDVD)」「サクセッション(アマゾンプライムビデオ)」キャスト、クリエイティヴ、各話ネタバレ感想等

マシュー・マクファディンがアメリカ人ビジネスマン、
トム・ワムズガンズ(Tom Wamsgans)を演じるHBOドラマ"Succession"。

スターチャンネルさんにて「キング・オブ・メディア」の邦題で放送され、
それを見ながら各エピソードのネタバレ感想というか雑感を書いてきましたが、
作品のトップページ的なものを作ったほうが各記事にもアクセスしやすいと思い、
ついでに全然書いていなかったクリエイティヴの情報なども記載しました。

もちろん作品情報が更新された場合、このページも追加や修正等大いにあります。

なお、「メディア王~華麗なる一族~」なる邦題で、2019年3月6日より、
シーズン1のDVDがレンタル開始だそうです。セル版も出てほしいなぁ、というところですね。

また、2019年3月より、アマゾンプライムビデオにて、
「サクセッション」の邦題で配信もスタートしているとのこと。

キャスト・クリエイティヴ等の下に各エピソードタイトル一覧があり、
感想へはそこから飛べるようになっています。

Cast 
Role
役名
Actor
演者
Logan Roy
ローガン・ロイ
Brian Cox
ブライアン・コックス
Kendall Roy
ケンダル・ロイ
Jeremy Strong
ジェレミー・ストロング
Roman Roy
ローマン・ロイ
Kieran Culkin
キーラン・カルキン
Siobhan "Shiv" Roy
シヴォーン・"シヴ"・ロイ
Sarah Snook
サラ・スヌーク
Connor Roy
コナー・ロイ
Alan Ruck
アラン・ラック
Marcia "Marcy" Roy
マーシャ・"マーシィ"・ロイ
Hiam Abbass
ヒアム・アッバス
Tom Wamsgans
トム・ワムズガンズ
Matthew Macfadyen
マシュー・マクファディン
Greg Hirsch
グレッグ・ハーシュ
Nicholas Braun
ニコラス・ブラウン
Rava Roy
ラヴァ・ロイ
Natalie Gold
ナタリー・ゴールド
Gerri Killman
ジェリー・キルマン
J. Smith-Cameron
J・スミス=キャメロン
Stewy Hosseini
スチューイ・ホセイニ
Arian Moayed
アリアン・モーイエド
Frank Vernon
フランク・ヴァーノン
 
Peter Friedman
ピーター・フリードマン
 
 ※キャストの並び順は独断と偏見によります。
Crew 
Creator/Executive Producer
クリエーター/製作総指揮
Jesse Armstrong
ジェシー・アームストロング
Executive Producer
製作総指揮
Will Ferrell
ウィル・フェレル
Executive Producer
製作総指揮
Kevin Messick
ケビン・メシック
Executive Producer
製作総指揮
Adam McKay
アダム・マッケイ
Executive Producer
製作総指揮
Mark Mylod
マーク・マイロッド
Executive Producer
製作総指揮
Frank Rich
フランク・リッチ
Executive Producer
製作総指揮
Jane Tranter
ジェーン・トランター
Executive Producer
製作総指揮
Ilene Landress (Pilot)
アイリーン・ランドレス (第1話のみ)
Producer
製作
Regina Heyman
レジーナ・ヘイマン
 
Producer
製作
Dara Schnapper
ダラ・シュナッパー
Cinematography
撮影監督
Andrij Parekh
アンドリー・パレーク
Editor
編集
Mark Yoshikawa
マーク・ヨシカワ
Company Credits 
Production Company
制作会社
Gary Sanchez Productions
ゲイリー・サンチェス・プロダクションズ
Production Company
制作会社
Project Zeus
プロジェクト・ゼウス
Production Company/Distributor (USA)
制作会社/放送局 (アメリカ)
Home Box Office (HBO)
HBO
Distributor (UK)
放送局(イギリス)
Sky Atlantic
スカイ・アトランティック
Distributor (Japan)
放送局(日本)
Star Channel
スターチャンネル
Distributor (DVD/Japan)
配給(レンタルDVD/日本)
Warner Bros. Japan
ワーナー・ブラザース・ジャパン
Distributor (Online Streaming/Japan)
配給(ネット配信/日本)
Amazon Japan
アマゾン・ジャパン
※会社名をクリックすると、各ドラマ公式ページに飛びます


Season 1 Episodes 
Episode Title
各話タイトル
Directed by
監督
Written by
脚本
第1話Celebration
誕生日
Adam McKay
アダム・マッケイ
Jesse Armstrong
ジェシー・アームストロング
第2話Sh*t Show at the F**k Factory
狂言
Mark Mylod
マーク・マイロッド
Tony Roche
トニー・ローチ
第3話Lifeboats
助け舟
Mark Mylod
マーク・マイロッド
Jonathan Glatzer
ジョナサン・グラッツァー
第4話Sad Sack Wasp Trap
伏線と罠
Adam Arkin
アダム・アーキン
Anna Jordan
アンナ・ジョーダン
第5話I Went to Market
家族の団欒
Adam Arkin
アダム・アーキン
Georgia Pritchett
ジョージア・プリチェット
第6話Which Side Are You On?
敵か味方か
Andrij Parekh
アンドリー・パレーク
Susan Soon He Stanton
スーザン・スーン・ヒー・スタントン
第7話Austerlitz
修羅場
Miguel Arteta
ミゲル・アルテタ
Lucy Prebble
ルーシー・プレブル
第8話Prague
プラハ
S. J. Clarkson
S・J・クラークソン
Jon Brown
ジョン・ブラウン
第9話Pre-Nuptial
結婚式の前日
Mark Mylod
マーク・マイロッド
Jesse Armstrong
ジェシー・アームストロング
第10話Nobody Is Ever Missing
家族
Mark Mylod
マーク・マイロッド
Jesse Armstrong
ジェシー・アームストロング
※エピソードタイトルをクリックすると、各話のネタバレ感想に飛びます

「キング・オブ・メディア(Succession)」シーズン1第10話「家族」"Nobody Is Ever Missing"日本放送雑感

マシュー・マクファディンがアメリカ人ビジネスマン、
トム・ワムズガンズ(Tom Wamsgans/Wambsgans)を演じる
HBOドラマ「キング・オブ・メディア」("Succession")。

シーズン1第10話(シーズンフィナーレ)が
スターチャンネルさんにて日本初放送となりました。

「キング・オブ・メディア」スターチャンネル公式ページ

ということで、ざっとではありますが、
第10話のことをHBO公式のクリップなどを交えぼちぼちと。

ひきつづき、ストーリーラインを追いながら時々一言感想を書きつつ、
最後にまとめ感想を書くスタイルで…。


※以下、シーズン1第10話のネタバレ含みます!!

『くるみ割り人形と秘密の王国(The Nutcracker and The Four Realms)』

「キング・オブ・メディア」S1最終話の雑感は現在書き途中ですが、
時間がかかるのでひとまず先にこちらを…。

『くるみ割り人形と秘密の王国(The Nutcracker and The Four Realms)』
は、E.T.A.ホフマン作の物語とチャイコフスキーのバレエ作品を元に
更にストーリーなどに独自のアレンジを加えた2018年公開のディズニーライブアクション(実写)映画。

マシュー・マクファディンが主人公クララの父、
ミスター・シュタールバウム(ベンジャミン)を演じていて、
3回ほど見てきましたので感想というか雑感を。

まず、トレーラーを3種貼り付けますね。(2つ目はおそらく日本未公開)

Disney's The Nutcracker and the Four Realms - Teaser Trailer


The Nutcracker and The Four Realms - Official Trailer #2


Disney's The Nutcracker and the Four Realms - Final Trailer



以下、あらすじとネタバレ?感想など、思ったより長くなったので、記事を折りたたみますね。
(記事折り畳まれている状態の場合、続きを読まれる方は下の▼ READ MORE ▼をクリックしてください)

放送映画批評家協会賞に「キング・オブ・メディア(Succession)」と、トム役マシュー・マクファディンがノミネート!

「キング・オブ・メディア」シーズン1最終話と、
「くるみ割り人形と秘密の王国」の雑感はまた今週末と来週末?あたりに
更新予定として、先にこちらのネタを。

マシュー・マクファディンが、HBOドラマ「キング・オブ・メディア(Succession)」の
トム・ワムズガンズ(Tom Wamsgans)役で第24回放送映画批評家協会賞TV部門
(Television Nominations for the 24th Annual Critics' Choice Awards)の
シリーズドラマ助演男優賞(Best Supporting Actor in a Drama Series)にノミネートされました。


「キング・オブ・メディア(Succession)」も作品賞(Best Drama Series)でノミネートされています。
Critics' Choice Awards公式ページ

以下、作品賞、助演男優賞ノミネートリスト

TELEVISION NOMINATIONS FOR THE 24TH ANNUAL CRITICS’ CHOICE AWARDS

BEST DRAMA SERIES
The Americans (FX)
Better Call Saul (AMC)
The Good Fight (CBS All Access)
Homecoming (Amazon)
Killing Eve (BBC America)
My Brilliant Friend (HBO)
Pose (FX)
Succession (HBO)


BEST SUPPORTING ACTOR IN A DRAMA SERIES
Richard Cabral – Mayans M.C. (FX)
Asia Kate Dillon – Billions (Showtime)
Noah Emmerich – The Americans (FX)
Justin Hartley – This Is Us (NBC)
Matthew Macfadyen – Succession (HBO)
Richard Schiff – The Good Doctor (ABC)
Shea Whigham – Homecoming (Amazon)


実は数日前にゴールデン・グローブ賞のノミネートが発表されて、
「キング・オブ・メディア」関連ではミニシリーズ・TV映画の助演男優賞に
ローマン役のキーラン・カルキンくんがノミネートされたのみだったのですが、
正直なところものすごく驚きました。

なぜなら、もちろん、キャストは皆素晴らしくてキーランくんもものすごく良かったのですが、
批評家や視聴者に、その中でも特別、と単体で絶賛されていたのはマシューだったからです。
(もちろんキーランくんを単体で名指しで褒めている人もいたかもしれませんが、
少なくとも絶対数ではマシューの方がずっと多かった)

マシューは派手ではない役を好み、派手ではない演技をするので、
レビューなどでの評価の高さ、また視聴者からの評判の良さに、
ちゃんと彼の仕事をしっかり見てくれている人がいるんだ、と嬉しくなっていたりしました
(イギリスのテレビ関連では、「いつも良い」と言われがちな立ち位置ですが)。

マシュー以外ではローガン役のブライアン・コックスさんと
ケンダル役のジェレミー・ストロングさんの評価が高く、
実際観てみても自分もその通りだと感じていました
(マシューに関してはそれはもうものすごく良い、最高!と思っていますが
なんせ盲目的ファンなので自分の評価は信用できない)。

そして作品自体の出来も素晴らしかったので、
もしも関連でノミネートされることがあれば、作品賞か
あればアンサンブルキャスト賞、
主演男優賞でブライアン・コックスさん、もしくはジェレミー・ストロングさん、
そして助演男優賞でマシューだと思っていたのです。

なので、そのどれもがノミネートされず、キーランくんのみなことにびっくりし、
結局賞ってのは派手な役をやったハリウッドでも有名な人が評価されるんだなぁ、
とちょっとガッカリもしていました。
まあ、ものすごくたくさんの作品や俳優から選ばれるんですから、それもそうかも、とも。

まあその他も諸々大人の事情からみまくっているのだとは思いますし、
イギリスでも賞となると、なかなかマシューは引っかかってこないので
(一応いくつか受賞歴はあり)、またかあ…という感じでも有ったのですが。

そんな中、今回Critics’ Choice Awardsでは、
自分が想像していたように作品賞と助演男優賞でマシューがノミネートで
なんとなく気持ちが落ち着きました(笑)

ちなみに、GGのときはHBOもスターチャンネルさんも
(他の方がノミネートされていたのでエージェンシーも、たしかRADAも?)
大騒ぎだったのですが、この賞は地味っぽくて
今のところそのあたりは何も言っていないのも、なんとも(笑)

なお、受賞するかはもちろんわかりませんが、
受賞式は2019年1月13日(日)とのこと。
おそらく、「キング・オブ・メディア」シーズン2撮影中なので、
マシューやみんなは授賞式に参加するかな?と思っています。

もちろんキーランくんは本当に良かったので、あくまで比較の問題で、
キーランくんにはぜひGGを受賞してもらいたいと思っています!

ちなみに、以前書いたGQの記事ですが、
下記ツイートの通り冊子体(GQ(US) Dec 2018 / Jan 2019)にも
見開き1ページ(2ページ分)、5人の集合写真と、
Web版からのごく一部のよりぬき記事が載っていたので購入しました。




とりあえず、切り抜き用と冊子全体で置いとく用がほしいので、あと1冊買おう…。