I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2016年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年09月

「リッパー・ストリート」シーズン5トレーラーとAmazonUK配信予定

マシュー・マクファディンが主人公エドムンド・リードを演じる「リッパー・ストリート」。

そのファイナルシーズンとなるシーズン5が、
2016年10月12日より、イギリスアマゾンVODサービスである、
Amazon Prime Videoにて配信開始とのこと。

思っていたより早いです。
シーズン4のラストが「…???!!!!」という感じのようなので、
おそらくBBCOneでの放送終了してすぐの配信にしたかったということでしょうか。

そして、トレーラーもYouTube上にアップされました!

!!シーズン4ネタバレ大のため閲覧注意!!



色々ネタバレすぎるのであまり多くは書かないでおくとして…。
あの人やあの人が!!というところはうれしいですが…、
あれだけ色々言っていたけど、見たらワクワクした!なシーズン4のトレーラーと違って…
個人的には…色々不安…(やっぱりシーズン3で終わりでよかったんじゃ、となりそうな…)

うううん。。。杞憂に終わればいいですが…。

それと、これに合わせてマシューが新収録動画系でメディア露出してくれないと、
いよいよ本当に…心配になってしまうので、お願いしたいところ…。

お仕事情報も出てほしいですが、本人の元気な姿が見たい、
とかなってしまうほどどうしてるの今…状態です…。

「リッパー・ストリート」シーズン4、11月にお試し放送+10月にS1~S3再放送とNTL「ハード・プロブレム」上映予定

マシュー・マクファディンが主人公エドムンド・リード警部補を演じる「リッパー・ストリート」、
そのシーズン4がAXNミステリーさんにて2016年12月放送予定ですが、
それに先駆け、11月に第1話がおためし放送されるとコメント欄にて教えていただきました!
(Elijahさん、有難うございます!)

教えていただいた番組表

「新作ミステリー収穫祭!1話トライアル」という企画中のひとつのようです。
(結構新作じゃないものも多い気がするけど、まあ良いか…)

「リッパー・ストリート」シーズン4第1話の放送日時は以下。
2016年11月6日(日)10:00-11:00

この「第1話」は、AmazonUKで配信したときの1話分を2話に分けたものの前半、
なので、続きが気になる~!ということになるかもしれません。

そして、その「おためし放送」に先駆け?
シーズン1からシーズン3も、また放送があるようです。

10月14日(金)から放送開始、
火~金曜日の朝6時各1話を帯で放送、
その翌日夜中2:30からそれぞれの再放送、
という前回の放送と同じ形になるようです。

AXNミステリー「リッパー・ストリート」公式ページ

上記ページ、トップの画像がS4のものになっていますね!

それから、全く別件ですが、
「リッパー・ストリート」シーズン2に
フライト巡査役で出演していたダミアン・モロニーさんが出演した舞台
"The Hard Problem"が、「ナショナル・シアター・ライヴ」の一環で、
2016年9月30日(金)~10月5日(水)に、
一部のTOHOシネマズの劇場で上映されます。

「ナショナル・シアター・ライヴ」サイト内「ハード・プロブレム」公式ページ

ダミアン・モロニーさん演じるスパイクも登場↓
National Theatre Live: The Hard Problem trailer


これ、舞台を観に行ったは良いのですが、トム・ストッパードの新作、ということで(?)
一夜漬けでスクリプト読んで挑んだだけでは私の英語力では意味がよくわかりませんでした…。
ので、久々にNTL、見に行こう!と思っている次第です。
(↑ここのところ、あんまり見たいと思う演目がない…)

…いくらトム・ストッパードの久々の新作で、
ハイトナーさんNT芸術監督時代最後の演出作品と言っても
日本のNTLのラインナップ見ると、よくこれ持ってきたな、
とびっくり、そして嬉しかったです。
というか、お客さん、どのくらい入るんだろうか…感があるので…。
(期待値が高すぎたのか、あんまり劇評も良くなかったみたいだし…)

NTの中の、Dorfmanという、最も小さい劇場で上演されたのですが、
すごく見やすくて(最前列でしたが、全身、そして舞台全体見渡せ、かつもちろんものすごく近かった)、
もう一度ここで見てみたいな、と思ったのですが、
多分映像になっちゃうとぶれて見づらいだろうな、と思いつつ…。

意味がわからないながら、ダミアンさんはすんごく可愛かったので、
もしフライトくんがお好きとか、それ以外でも、
ダミアンさんが気になっていたり、
ファンの方はご都合が付けばご覧になってみてはいかがでしょうか。

iOSアプリ"National Theatre Shakespeare"

National Theatreがシェイクスピア没後400年の企画として、
NTで上演されたシェイクスピア作品の全プロダクションの
アーカイヴ資料の一部を収録したiOS向けのアプリの配信を開始しました。

その名も"National Theatre Shakespeare"。

NTで上演されたシェイクスピア作品、といえば、このブログ的には
2005年に上演された、ニコラス・ハイトナー演出の「ヘンリー四世」第一部、第二部。
マシュー・マクファディンがハル王子を演じたプロダクションです。

もちろん、このプロダクションの資料も収録。
内容は、リハーサルフォトとプロダクションフォトの一部。
メイキング本(?)や、フォトグラファーさんのサイトで見られるものも多いですが、
ウォーターマーク無し、カラーで比較的高解像度で(しかも無料で!)
見られるという有難いことになっています。

他にも、とにかく、色々と豪華すぎる数々のプロダクションの、
物によっては、衣装デザインや、セットデザインなどなど貴重な資料を見ることが出来ます。

こちらからインストール可能


iPadだけでなく、iPhoneなどでも見られるようですので、該当の機種をお持ちの方はぜひ。

NT Archiveといえば、私のようなタダのミーハーにも貴重な資料を見せてくださり、
本当に頭がさがるというか、いろいろと考えさられるのですが、
今回もまた、研究用の資料の扱いやアーカイヴのあり方やそんなことを考えさせられました。

そして、もちろん、また動いて喋るハル王子に会いに行きたくもなりました…。
(ミーハーすぎてスミマセン)
NT Archiveで最初に観た時の感想記事はこちら

以前アーカイヴで読ませていただいた資料の面白かったあれこれも、
いずれここに書きたいなと思っております。

と、いうか、マシューの舞台観たいよう…つーか、
もう映像でもいいからなんかお仕事情報…。

「リッパー・ストリート」シーズン4画像とUS/UK版BD・DVD発売情報

マシュー・マクファディンが主人公エドムンド・リード警部補を演じる
「リッパー・ストリート(Ripper Street)」。

現在、そのシーズン4の放送がBBC AmericaとイギリスBBC Twoで放送中です。

BBC Americaと作品公式アカウントが画像やクリップ、画像をちょこちょこツイッターに上げている模様。
ただし、動画は今のところトレーラーもクリップも、以前AmazonUKがあげていたものと同じようですので、
画像ツイートのみ貼り付けますね。

番組公式によるBBCTwo放送直前のツイート。



BBCがしてくれないのでカウントダウンも番組公式が。あといちにち!



この言葉に(リッパー的に)ピンときた方は、
リードがホワイトチャペルに戻るきっかけが何となく分かるかも?



色々気になりますが、リードくんがかわいい



撮影中のマシュー、格好いい



BBC AmericaのS4E3(配信版のE2)放送前のツイート


アマゾンUKの時にもこの画像あった気がしますが、リードくん格好いいなぁ~。

やっぱりこの並び良いですね…。



同上。



で、インタビューなんかでもしつこくマシューも言っているかと思いますので、
あんまりネタバレでもないかと思うんで書きますが、
今回は、ドレイクがリードの上司です。これ、テストに出ます(?)
S3と逆で、階級は一緒ですが、H署の責任者がドレイクなのです。
どうやらリードくんもよく忘れているようなのですが。

で、今まで出ているインタビューを読む限り、
リードくんのあの(ちょっとそれどうなのよ、と感じさせることがある)
性格に関してマシューももちろん自覚というか、わかって演じていたようで(笑)
そういうあたりも含めてカットされちゃうと
脚本や演技の良さが伝わりづらそうでもったいないな、といつも思っていたりです。。。

ついでにイギリスのテレビ雑誌Radio Timesがサイト上に
リチャード・ワーロウさんのコメント記事を載せていました。


今まで出ていた情報からあまり新しい物はないかと思います。
あくまでもシーズン5で終わり、ということをここでも強調。

ところでこれを読む限り、1900年が舞台になることはないということで、
実際の意味での「ヴィクトリア時代の最後」まで描くわけではなさそう??
S4は1897年なので、S5はそのすぐ続きってことなのでしょうか。

それと、アマゾンから2シーズン、13話が与えられたと書いていますが、
S4の1話を2話分と数えるのかどうかで、S5の話数が変わってくるので、そのあたりも気になります…。

他にも、作品レビューやマシューのインタビューなど出ているようですが、
あまり目新しい情報もないかと思いますので省略。

「リッパー・ストリート」のファイナルシーズンとなるシーズン5ですが、
アマゾンUKの番組配信ページによると、2016年末ごろから配信スタートとのこと。
多分、日本でシーズン4を放送している時期とかぶるのかな、という感じですね。
どんなラストになるのか。

シーズン3がああいう終わり方をしたので、むしろ真逆にもなりえそうで怖い気も…。

で、アメリカ版とイギリス版のシーズン4ブルーレイ/DVDの発売情報が
各国アマゾンに出ています。
ずっと情報が微妙だったアメリカ版も、
やっとジャケットがシーズン4の画像になったのでこれを機にメモ。

とりあえず、下記3バージョンを購入予定です。

Ripper Street: Season 4 (BD) [Blu-ray]  アメリカ版ブルーレイ商品ページ(Amazon.com)
Ripper Street - Series 4 [Blu-ray] イギリス版ブルーレイ商品ページ(Amazon UK)
Ripper Street - Series 4 [DVD]イギリス版DVD商品ページ (Amazon UK)

アメリカ版は2016年9月27日発売とのこと。
収録時間400分ということで、BBCAmericaが制作から外れたためか、
今までの一話61分枠ではなくなってしまったようです…。
(でもまだ誤表記であって欲しい、と希望は捨てていない…)

しかし、アメリカ版ジャケットの写真が相変わらず無理やり銃器をもたせている感じであんまり…。
S3は元々そういう画像があってそれを使っていたから良いのですが、
むりむり合成しているから…なんだかなぁと…。

イギリス版は2016年10月10日発売予定。
こちらのジャケットは格好いい!
のは良いとして、収録時間は405分とのことで、これも1話60分に届かない…。
BBC TwoはBBC Oneより放送時間が少し短いのでしょうか??

ちなみに現在2016年9月3日現在、
アマゾンUKで(予約ではなく)購入可能なS4のDVDはオランダ版で、
上記2バージョンよりさらに収録時間が短いのでご注意を。