I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2015年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年08月

"The Last Kingdom"マシュー・マクファディン+ジョセフ・ミルソンの役紹介とリッパー・ストリートS4撮影現場のマシュー

マシュー・マクファディンとジョセフ・ミルソンが出演するBBCドラマ
"The Last Kingdom"。

BBC Americaの公式サイト上にやっと!彼らの役名とキャラクター紹介がアップされました。
↓その紹介ツイート



もちろん左上がマシュー・マクファディン演じるLord Uhtred、
右下がジョセフさん演じるAelfric。
あ~、このLord Uhtredの写真すごくかっこいい…・。
そしてAelfric、前のトレーラーの時にもしや?と思ってたのですが、顔に傷がありそう。

各キャラクター個別紹介ページ↓

Lord Uhtred紹介ページ-BBC America
Aelfric紹介ページ-BBC America

ついでに個人的にすごく楽しみなデイヴィッド・ドーソンさん演じるアルフレッドも(この写真すごく好き)
Alfred紹介ページ-BBC America

キャラクター紹介を読んだ限り、原作通りの設定で、つまり二人は兄弟のようでホッとしました(笑)
マシューがお兄さん役でジョセフさんが弟役…実際はジョセフさんのほうが半年上…
とかはいつものことなんで(笑)
(しかしBebbanburgがKingdomって書いてあるけどそうだっけ…少なくともUhtred達は王ではない)

にしても、二人にちゃんと共演シーンある共演してほしいと思ってましたが、
兄弟役なんてもう願ってもなさすぎるというかなんというか…。
家族に「誰得だよそのキャスティング」と言われる始末。

(特にマシューの)出演シーンは少ないのわかってますけど、十分すぎます。有難うございます。
一度と言わず、またいずれ共演してください映像でも舞台でも…ええ…。

もちろん、他のキャラクターたちもこんなかんじなのか!とか興味深いです。
アメリカ版ソフトはいつ出るのか、イギリスでの放送はいつになるのか、
日本ではどこか買ってくれるのか…
(でもやっぱりいつものことですが吹き替えは作ってほしくない)

と、マシュー・マクファディンがエドムンド・リードを演じる「リッパー・ストリート」。
そのシーズン4の撮影が現在行われており、ジャクソン役のアダム・ローゼンバーグさんに続き
マシュー、ドレイク役のジェローム・フリンさんなども撮影現場でその姿を確認されているよう。

色々ネタバレもあるかと思いますので、一応閲覧注意で。
Matthew Macfadyen cuts a dapper figure in three-piece suit as he joins returning co-star Lucy Cohu on Ripper Street set in Ireland

個人的に意外な服装で、マシューはシャツやジャケットもよく着ているイメージなので
一瞬私服かと思いましたがまあリードの衣装でしょうね…。
ズボンの前のところの上のあたりが開いちゃってるのが気になります(こら)

それ以外も、アダムさんやジェロームさん含め色々色々気になりまくりですが、
まあ、やきもきしても仕方ないので無事出来上がるのを待つしか…。

マシュー・マクファディン出演作"The Trapp Family - A Life of Music"ドイツ版+"The Last Kingdom"US版トレーラー

マシュー・マクファディンがゲオルク・フォン・トラップを演じる
トラップ一家を題材にした映画"The Trapp Family - A Life of Music"。

そのドイツ語版トレーラーが公開されたとのDarcylicious情報。


※埋め込みでうまく見られない場合はこちらでどうぞ。(結構重いです)

音声は残念ながらドイツ語吹き替えですが、
動きだけでもゲオルクパパ、魅力的で今からオリジナル音声版見るのが楽しみです!

これはやっぱり歌うシーンも有り?!!とか、
ある程度の年月のことが描かれているので老けメイクも結構ありなんだな、とか。
これは大画面で、いい音で観たいです。

ドイツ語の題名は"Die Trapp Familie - Ein Leben für die Musik"のようですね。
ドイツ語版の公開は2015年11月12日とのこと。
英語圏の公開は、やはり内容的にクリスマスですかね。
日本でもぜひぜひやってくれますように!

ドイツ版公式サイトもできているそうですが、これからもう少しコンテンツ増えほしいです。

と、ドラマネタ。
ゲオルクになる直前にやっぱり武人で父親な、でも全くタイプの違うUhtred(父)を演じた
"The Last Kingdom"も新しいトレーラーが配信されていました。



マシューUhtred(父)も期待大ですが、
やっぱりデイヴィッド・ドーソンさんのアルフレッドがすごく楽しみです。

「リッパー・ストリート」シーズン4撮影開始!と、新キャストと再登場キャスト

マシュー・マクファディンがエドムンド・リード警部補を演じる
「リッパー・ストリート(Ripper Street)」。

そのシーズン4の撮影が始まったようです。
「リッパー・ストリート」ツイッター公式アカウントの投稿↓



で、新キャストや帰ってくるよ、なキャストが書かれた記事も出ていたり。
(S3のネタバレ的なところもあるので閲覧注意)

David Threlfall and Matthew Lewis are joining Ripper Street for series 4 by Digital Spy.

メインのマシュー、ドレイク役のジェローム・フリンさん、ジャクソン役のアダム・ローゼンバーグさんと
ローズ役のシャーリーン・マッケンナさん、スーザン役のマイアンナ・バーリングさんは
出演するとのことみたいですが、この辺りの記述に関しては非常に不確かなところがあるというか、
S3を見たらもしもこの全員が出演するにしてもキャラの立ち位置というか
色々変わるんじゃないかなとか思ったりしちゃうんですが…。
というか変わらないなら一体どうつなげるのか…。

で、新キャストの前に、S1からの再登場キャストも言及が。

孤児院を運営しているユダヤ人女性で、リードの不倫相手でもあった
デボラ・ゴレン役のルーシー・コウさん、
そして、S1E6でロシアスパイとのあれこれで最後左遷?されていた
コンスタンティン役のデレク・リデルさん。

この二人の再登場はかなり気になります。
ゴレンさん、リードとのあれこれはともかく、
孤児院の運営とかそういったところでエミリーがやろうとしていた施設のこととか
その辺りのからみとかあるのかなとかそういったあたりで。
S2で出てこなかったのはE6の話の流れから言っても少し無理があるかなと思っていましたし。

そしてコンスタンティン。
個人的になところでデレクさんの再登場は嬉しいですが、
使えんから左遷ね!みたいな感じだったコンスタンティンがどういう形で再登場するのか…。
というか、個人的にモンロー警視総監にも再登場願いたいですが(声がかっこいいから)、
年代を考えたら史実ではもう警察とっくに辞めてた…。
でも、まあアバーライン警部のアレやS4でリードくんが主役で帰ってくるなら(むにゃむにゃ)

そして、新キャスト。
とりあえずお名前が載っていた方一覧(敬称略)

デイヴィッド・スレルフォール(David Threlfall)
マシュー・ルイス(Matthew Lewis)
ジョナス・アームストロング(Jonas Armstrong)
キリアン・スコット(Killian Scott)
デイヴィッド・ワーナー(David Warner)

スレルフォールさんはChannel 4ドラマ、"Shameless"で主役を務められていた方のようです。
こちらのガーディアンの記事によれば、Abel Crokerという役名だとわかっている模様。
悪役、とのことっぽいですが、どんなキャラになるのか。

マシュー・ルイスくんは、あんまりこういう言い方するのはアレかもですが、
「ハリー・ポッター」シリーズのネビル・ロングボトム役で私でも知ってる!という俳優さん。
活動を追っているとかは全くないのですが、ハリーの時のインタビューなんかをほんの少し見た限りでは
面白いことやるようになるのかな?と思っていたので、今回彼がキャスティングされて楽しみです。

本人がツイッターでこちらの画像をアップしていました。


可愛い!

H署の巡査という役のようですね。
S1のホッブスくんやS3のグレースくんのような役回りになるんでしょうか。
今までは正統派?イケメン系だったことを考えると(?)
ちょっと愛嬌のある感じでもう少し違った感じになるのかも?とか、
この辺りも色々妄想してしまいます。

ジョナス・アームストロングさんはBBCドラマ「ロビン・フッド」でロビンを演じられていた俳優さんで、
私はリチャード・アーミティッジさんが出演されているので観たいな、
と思いつつも残念ながらまだ観られていません。
どんな役で、レギュラーなのかゲスト出演なのかなど含め気になります。

キリアン・スコットさんは"Calvary"と、「ベルファスト 71」という映画2作で
ドナルド・アーサトン巡査部長役のデイヴィッド・ウィルモットさんと共演されているよう。
「ベルファスト 71」は1972年に起きた「血の日曜日事件」の直前のベルファストが舞台の作品のようで、
なんと(?)タイミングの良いことに現在日本で公開中。
「ベルファスト 71」公式サイト
私の住んでいる県にある映画館ではでは10月に上映予定とのことで、
忘れないようにしなければ(でも痛そう怖そうな感じなので観に行けるかは。。。パンフだけ買う?)

デイヴィッド・ワーナーさんは英米いろんな作品に出演されている方のようですが、
私は多分ケネス・ブラナー版「刑事ヴァランダー」でのヴァランダーのお父さん役と、
あんまり覚えていないのですが、ITVドラマの「ホーンブロワー 海の勇者」に
出演されていたのを見たくらい…かもしれないという相変わらずの無知というか見てる作品少なすぎな…。

撮影を今やっているということは、UKアマゾンさんでの配信は今年中になるかな、と勝手に思っています。
色々色々気になり過ぎますが、やはりマシューリードがどうなるかというところが一番…。
これも徐々にわかっていくことなので、まあぼちぼち入ってくる情報を追いかけて行きたいと思っております。

マシュー・マクファディンナレーションの「ニュルンベルク裁判」AXNミステリーにて放送

マシュー・マクファディンがナレーションを担当した
2006年のBBCドキュメンタリードラマ「ニュルンベルク裁判(Nuremberg : Nazis on Trial)」が
AXNミステリーさんの「第2次世界大戦と「刑事フォイル」:戦後70年特集」の一環で放映されると
Twitter上で教えていただきました。

2007年にNHKでも放送され、それをそのまま放映のよう、とのこと。
そのため、音声は日本語吹き替えがメインの二ヶ国語版ですが、
私は英語字幕なしのオランダ版DVDしか持っていないので、十分すぎるほど有り難いです。

ちなみに2007年の放送、観たような気がしますが、
観た(聴いた)のは吹き替え版でしたのでマシューの声を聴いて
「ナレーションの人良い声だ」と思ったとかそんなことは全くなかったという…。

AXNミステリー「ニュルンベルク裁判」放映日時:
2015年8月23日(日)22:15-25:30(24日1:30)


ちなみに同企画で8月8日に放送された2011年のBBCドキュメンタリー
「ヒトラーの暗号を解読せよ(Code-Breakers: Bletchley Park's Lost Heroes)」
ナレーションがキーリー・ホウズ(MI-5のゾーイを演じた女優で現マシューの奥さん)だったと
教えていただいたのですが、それに気づいたのが放送終了後で見逃したという…。
こちらもNHK世界のドキュメンタリーで放送したものだったようです。

ヒトラーの暗号を解読せよ」BBCさん配信のトレーラー


また放送してくれると良いなぁ…。

マシュー・マクファディン新作映画"The Trapp Family - A Life of Music"スチル画像複数

マシュー・マクファディンがゲオルク・フォン・トラップを演じる
トラップ一家を題材にした映画"The Trapp Family - A Life of Music"。
German Films Quarterlyというサイトにスチル写真が
複数掲載されたとのDarcyliciousさん情報。

THE TRAPP FAMILY — A LIFE OF MUSIC

なんと!見たいけどあまり期待していなかった軍服ゲオルクが!!
どの写真もいい感じで今から見るのが楽しみです。
(と、すっかり普通に見られるきでいる)