I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2013年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月

ロンドンひとり珍道中2013年8月Day2その3/グローブ座(16Aug/2013)

と、いうわけでグローブ座(Shakespeare's Globe)に到着。

20130816shakespearesglobe01.jpg

駅から徒歩15分とのことだったので遠いな…と思ったのですが、
すごく近く感じました。
実際何分かかったのかは計っていないのですが…。

このあたり、すごく人が多くて、しかもその殆どが
(自分も含め)観光客なんだろうな~、という感じでした。

このグローブ座はアメリカ出身のサム・ワナメイカーという方の尽力により
1997年に復元されたものだそうです。
ワナメイカーさんは残念ながら完成を見ることをはできなかったそうです。

20130816shakespearesglobe02.jpg
ワナメイカーさんのブルー・プラークがありました。

この劇場は4月の下旬から10月の上旬にだけシェイクスピア作品を中心に
いくつかのお芝居をローテーションで上演しているそう。

20130816shakespearesglobe03.jpg
8月の上演スケジュールはこんな感じ。

この日見に来たのは「マクベス」(Macbeth)。
演劇情報系アカウントのツイートでバンクォーをビリー・ボイドさんが演じる、
というのを目にしたのがきっかけでした。

「ロード・オブ・ザ・リング」の出演陣の中でも
気になり度の高かったビリーさんのバンクォー!見てみたいな、と
グローブ座のサイトで上演日を見てみると
今回の旅とちょうど日程が合うではありませんか!

その時には自由立見席と一階席(?)の端っこの方が残っていたので
どうしようか悩んでいたのですが、
色々アドバイスを頂いて、結局立見席のチケットを購入しました。

お値段5ポンド。寄付をしても1500円もしないくらい。
もし体力が持たなそうだったり、天気が悪ければ
行けなくても惜しくない値段だし、とこの時は思っていたのでした。

今まで観てきた劇場のチケットは、
海外在住の人はボックスオフィスでの受け取り一択だったのに、
ここは郵送もしてくれるとのことで
試しにそちらを選択したらほんの何日かで届きました。
普通郵便じゃなさそう…5ポンドのチケットに
いくら送料かかってるんだろう、と申し訳ない気持ちに…。

自由席(と言っても立ち見なので椅子はない)なので並ばないといけないわけですが、
事前にここに来たことがある方に並ぶ場所などを伺っていたので、
その位置を確認した後ショップに行って「マクベス」のプログラムと
職場への土産のボールペンを購入。

その後、立ち見の列ができるはずのところをぶらついていると劇場内から歓声が。
この日はマチネはないと思い込んでいたのですが、
他のお芝居を上演していたのでした…しまった、トイレが混む、と思いつつも
すごく楽しそうで中をのぞいてみたくなりました(もちろん不可能ですが)

この日のこのお芝居は、グローブ座友の会のようなものの会員の人が
上演後にキャストに会えるというものだったようでそういう企画も楽しそうで良いな、
と思いつつ、少し人がはけた後、お手洗いへ行って
また元の列ができるであろう場所に戻ると「ここから並んでね」の看板が出ていました。

まだ誰も並んでいなかったので、
そこが見えるテムズ川側の階段に座ってボーっとしていました。
川からの風と、傾き始めた太陽が心地よくて、こんな時間も良いな…。

開演の1時間半前になったら並ぶか、と思っていたら、
その直前に人が並び始めたので自分も移動しました。

先頭は若い女の子数人グループ、
次がいかにも何度も来ていて慣れているという感じの年配の女性お一人、そして私。
私の後ろが家族連れ、そのあとに男女混合の若者集団などなど
本当に老若男女、といった感じ。海外からの人も結構いそうでした。

30分~1時間くらい程して、スタッフの方が出てきて
「みんな~、お待たせ~!チケットを手元に準備してね♪(本当にこんな雰囲気…)」と
門の中に誘導してくれました。
「スタンディングじゃない人は声をかけて!」と言っていましたが、
周りは殆どスタンディング(笑)

劇場の扉の前でまたしばらく待ちました。
並んでいる人たち、みんなソワソワ、ワクワクしていてなんだか良い雰囲気!
扉の脇に注意書きの板?がかかっていて、そこに
「裸のシーンがあるよ」って書いてあったのですが、
スタッフの方が「あ、残念だけど、これは違うの~♪」と言いながら外していました(笑)
多分さっきやっていたお芝居にそういうシーンがあったのでしょうね。

そうこうしていると後ろの方で若い男の人が一緒にいる人に
「ジェームズ・マカヴォイがマクベスで…」と言っているのが耳に入ってきました。

あ、2月にロンドン来たときトラファルガーでやっていた
あの舞台の話かな?と思っていると、
「レストランがなんやかんや…」と言っていて、
あ、「シェイクスピア21」の現代レストラン版「マクベス」か!
私が唯一観たことのある「マクベス」!
予習代わりに旅前にもう一回観てこようと思ってたけど、
結局時間がなくて観られなかったんだよね~、しかしなんで今更??
…とか思っていました…この話は後で関わってまいります…。

そしていよいよ開場~!前に並んでいたおば様に続いて行って
最前列のほぼ真ん中ゲット!

20130816shakespearesglobe04.jpg
この劇場、実は立見席が一番舞台から近いのです!

そして最前列の人は舞台に手をかけても良いのです。
…さすがにウッカリ舞台の上にハンバーガーを置いてしまった隣のおじさんは
即座に注意されていましたが…。

皆肘をかけていましたが、自分はチビなので、手だけかけて寄りかかっていました。
2時間半、普通に立ちっぱなしでは辛いので…。
荷物も自分と舞台の下の間に置けて楽!

それにしても、昔の芝居小屋ってこんなか~、と、ぐるっと見まわしてみました。

20130816shakespearesglobe05.jpg
舞台にかかっている屋根(天蓋??)はこんな。

20130816shakespearesglobe07.jpg
偉い人席(笑)には屋根がありますが…。

20130816shakespearesglobe06.jpg
立見席の上空には屋根がありません。
私が天気を心配していたのはそのためだったのでした
(あと、並ぶところにも当然屋根がなかったし…)。

さあ、いよいよお芝居が始まる時間です!

Day2その4に続く!
(その前に「マクベス」感想アリ)
[ 2013/08/31 18:10 ] 旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(0)

ロンドンひとり珍道中2013年8月Day2その2/ セントポール大聖堂(16Aug/2013)

宿で昼食をとってしばらく横になってダラダラしているうちに
すっかり雨は上がっていました。やった!

なぜこんなに雨を気にしているかと言えば
この日芝居を観に行くのがグローブ座だからです。
グローブ座だとなんで雨を気にするのかというのはまた後ほど。

このグローブ座、どこの駅からもちょっと歩くようだったので
どう行くか迷って複数の方からアドバイスを頂いたのですが、
宿最寄駅からのアクセスを考えてセント・ポール駅(St Paul's)から行くことにしました。

駅を出てすぐのところにセント・ポール大聖堂(St Paul's Cathedral)が。
中に入るのにはお金がいるので、外から眺めておりました。

20130816stpaul01.jpg
正面はこういう感じ。

20130816stpaul02.jpg
時計なんかもかっこいいですが…

20130816stpaul03.jpg
ドームの見える横側の方が「らしい」気がします。

駅を出て、セント・ポール大聖堂を通り抜けた先に
ミレニアム・ブリッジ(London Millennium Footbridge)がかかっています。

20130816stpaul04.jpg
ミレニアム・ブリッジ方面から振り返ってみたセントポール。

橋を渡っていると、対岸に見えてきました!
グローブ座(Shakespeare's Globe)!
20130816shakespearesglobe08.jpg

次がちょっと長くなりそうなのでとりあえずここまで、
Day2その3に続く!
[ 2013/08/31 15:51 ] 旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(0)

ロンドンひとり珍道中2013年8月Day2その1/ 劇場2か所とあのロケ地(16Aug/2013)

この日は夜に芝居を観に行く予定だったのでとりあえず朝は街中をぶらぶらすることに。
残念ながら雨が降っている…芝居が始まるまでにやむと良いんだけど、と思いつつ、
ちょっとしたミッションを果たしにまずは地下鉄で
レスター・スクエア(Leicester Square)駅に向かいました。

レスター・スクエア駅を出て、
ノエル・カワード・シアター(Noel Coward Theatre)の脇を通り抜け、
セント・マーティンズ・レーン(St Martin's Lane)を
ちょっと南下した道沿いにその劇場はあります。

20130816dukeofyorks01.jpg

デューク・オブ・ヨーク・シアター(Duke of York's Theatre)。
10月30日からマシュー・マクファディンが出演する
"Jeeves and Wooster: Perfect Nonsense"を上演するのがココ。
現在は別のお芝居を上演中ですが、入り口の脇にはもう看板が立っていました!

20130816dukeofyorks02.jpg

で、ちょっとしたミッションですが、
この芝居のチケット発売日に慌ててチケット押さえたんですが、
その後旅に同行者ができて日程がちょっと変わったのでチケットのエクスチェンジに…。

エクスチェンジを済ますと(当たり前ですが)その場でチケットを渡してくれたので、
他の日にちの分もこの日にもらうことにしてバウチャーを渡して発券してもらったら
"More Jeeves and Wooster?!"って言われてしまいました…
2回分だけど合わせて6枚だからな…。
というわけで複数回観る予定です~楽しみ!!!!

で、ボックスオフィスのあるロビー内にもポスターが貼られていたので
応対して下さっていた方に写真を撮ってもいいか聞くと
「宣伝用のものだから良いよ」とのことで。

20130816dukeofyorks03.jpg

それから、先日アップしたフライヤーをボックスオフィスと
入口の二か所で数枚ずつもらってきました…。

その足で、今度は別の劇場へ。
コヴェント・ガーデン(Covent Garden)の少し北側に向かって歩いて行って目的地に到着。

20130816donmar01.jpg
トム・ヒドルストンさんが主演の"Coriolanus"を上演する
ドンマー・ウェアハウス(Donmar Warehouse)です。
チケット発売日に仕事のために出遅れ、
争奪戦に敗北したため、観られるかはわかりませんが、
一応下見、ということで…。

20130816donmar02.jpg
正面入り口はこんな感じ。

さすが座席数が少ないだけあってここ入って突き当りの
ボックスオフィスまでの空間もかなり狭かったです。

現在は"Middletown"でマシューの弟役だった、RADAの後輩でもある
ダニエル・メイズさんが出演(多分主演)されている
"The Same Deep Water As Me"が上演中。
入口を入ったところにこの作品のパネルも何枚か貼ってありました。

ただし、メイズさん、先日怪我をされたそうで公演が中止になったり代役が立ったり…とか
そんなことになってしまっていましたが、その後どうなったのでしょう…
たいしたことがないと良いのですが…!
お芝居は生ものですから、そういうこともあるってことは心しておかねばなりませんね…
なるべく遭遇したくないですけど。

ちなみにショッピングモール的建物に入っていて、

20130816donmar03.jpg
中がわにはこういう扉もありました。

それとここにもジーヴスのフライヤーがあったので数枚もらって…
結果先日もアップした画像のように無駄に多くなってしまったわけです(汗)

その後また徒歩で2月に"War Horse"を観たNew London Theatreへ…ではなく、
その近くにあるフリーメイソン・ホール(Freemasons' Hall)へ。

20130816freemaisonhall01.jpg

…別に私はフリーメイソンには全くと言っていいほど興味がないんですが、
じゃあ何のために…と言いますと…
この建物、マシューがS1,S2の主演だった「MI-5 英国機密諜報部」("Spooks")の
MI-5本部、テムズハウスの外観のロケ地なんです。
実際のテムズハウスは全然違う場所にある全然違う建物らしいんですが。

20130816freemaisonhall02.jpg
アップにした方がそれっぽいかもです。

中も見学ができるようですが、前述のとおり、フリーメイソンには興味がないので…(汗)
とりあえずこのあたりでいったん宿に戻り、中休みを取ることにしました。

Day2その2に続く!
[ 2013/08/30 23:23 ] 旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(0)

ロンドンひとり珍道中2013年8月Day1/行きの飛行機(15Aug/2013)

8月15日より3泊5日でロンドンへ行って参りました~。

今回も一人旅だったのでフリーツアーで行って参りました…。
5月の旅で日程が合わなかったNTの"Othello"をどうしても観たくて…
4月に販売になった8月の追加公演分のチケットが取れたので行くことにしました~!

その他もう一つお芝居を見てきたのですが、それはまた後ほど。

飛行機はヴァージン・アトランティックでした。
普段コンタクトなのが飛行機だとメガネだからかなのか酔い止めを飲んでしまうからか
ねむ~くなってしまってろくに機内エンタメを見られないことに最近気づきました…。

何とか"Downton Abbey"シーズン3の第1話(多分…)を見ました。
やっぱりダン・スティーブンスさんはいいなぁ、
…来年になるらしいけど日本での放送が楽しみです。

食事の後少し寝てから"Elementary"のS1EP1を。
アメリカ版の現代版シャーロック・ホームズですね。
とはいっても主演は英国人俳優のジョニー・リー・ミラーさんで、
ホームズも英国人という設定のようでした(そりゃそうか)

私はミラーさんは「弁護士イーライの不思議な日常」(これもアメリカドラマ)
でしか見たことがなかった
(本当は「トレイン・スポッティング」も観たことあるんですが
どの役だか覚えていないしあの映画好きじゃないので多分また観ることはない…)
んですが、全然印象が違って、やっぱり役者さんてすごいな~。
(今回はなんかワイルドでかっこいい…!)

…ちなみにただでさえ英語なんて聞きとれないので
案の定かなり早口で何にも内容わかりませんでした…半分寝てたし(言い訳)

随分前にこのドラマの話が出たときはBBCのSHERLOCKのリメイク的に
聞いていた気がするんですが、全然違うんですね。
原典やSHERLOCKがお好きな方の反応はどうだかわかりませんが、
私はシャーロック・ホームズに全然思い入れがないので(すみません)
これはこれでおもしろそうだな、と思いました。

WOWOWさんで10月12日から放送が始まるみたいですね。(私は観られませんけど)
なんとなく英国ドラマに慣れてしまうと、
「え、1シーズン24話もあるの??」とか思ってしまったり^^;
でもそうじゃなかったら「24」ってドラマはできていませんよね(笑)

そのあとはワンコのドキュメンタリーと
「ホビット」(ていうかドワーフ)を観て癒されておりました…。

ワンコのドキュメンタリーで水を飲むワンコの口元がスローモーションで
映されていたんですが、ワンコって舌の裏側で水をすくって飲むって初めて知りました…
帰ってから家族にそのことを興奮して伝えたら
「…知ってたよ、あんた10年もわんこと暮らして何見てたの…」と言われ…えっ…。

ホテルまで送迎バスで送ってもらったらもう6時近くなってまして
体力が持ちそうで間に合うなら観ようかどうしようかとと思っていた
ダニエル・ラドクリフくん主演の"The Cripple of Inishmaan"
(5月に観に行った"Peter and Alice"と同じシリーズ)も
結局観に行かずにその日は就寝。


Day2に続く!
[ 2013/08/29 21:50 ] 旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(0)

帰ってきました。

と、いうわけで?8月15日から19日という弾丸ぶりでロンドンへ行っておりました!

すんごくすんごく楽しかったので
5月の旅行記も途中ですが、今回分を先にアップ予定です!
(5月分は日付を8月分より古くして後日アップしますね)

とりあえず、こんなものを入手してきました!

20130816jeevesandwoosterfly.jpg
"Jeeves and Wooster"のフライヤーです!

なんだか無駄にたくさん取ってきてしまったので
もしご入り用の方がいらっしゃいましたらお気軽にメールでもコメントでも下さいませ。
(行きたいけど行けない、という方優先で…
行ける方は楽日近くでなければ多分手に入ると思います)

あ、あと…今回の旅でまた好き俳優が一人増えてしまいました…。
われながら気が多すぎですね、アハハ。

というわけで8月分の旅行記は今週末くらいからアップできれば、と思っております~。