I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2013年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年03月

"Ripper Street"米国版BD到着!+マシューインタビュー動画

マシュー・マクファディンがエドマンド・リード警部役で
主演を務めるBBCドラマ"Ripper Street"。

シーズン1のDVD/BDがアメリカにて3月12日に、
イギリスにて3月18日に発売となりました。

今回はアメリカ版の方が発売が早く、
注文時(発売日)にはアメリカアマゾンさんでの価格がかなり安かったこと、
また、アメリカ版のBDは何の問題もなく普通に日本のプレイヤーで観られることから
3月12日にアメリカ版BDを注文し、昨日届きました!

ripperstreetbd.jpg
↑ULTRA VIOLETというサービス?で
本編をPCやポータブル用にDLできるらしいんですが、よくわからん…。

アメリカアマゾンは英国アマゾンより届くまでに時間がかかるので
おそらく英国版DVDを買った方が結果的に到着は早かったかと思いますが…。

アメリカ版BDは本編には英語字幕が付いていましたが、
映像特典にはついていませんでした。
「リトル・ドリット」の英国版DVDは映像特典にも字幕が付いていたのですが、
"Ripper Street"英国版はどうなんでしょうか。

また、アメリカでの本放送時にはカットシーンがあったようですが
このアメリカ版BD、パッケージの表には「BBC AMERICAで放送したものと同じ」
と書いてあるのですが、裏面には「編集なしの完全版」と書いてあって、
カット有りなのかノーカット版なのかいったいどっちなのか…。

そのうち英国版DVDを入手することがあったら確認してみたいと思います…。

早速第1話"I Need Light"を観てみましたが、
かなり早口+自分の英語力では言葉が難しく、
英語字幕が付いていても全然わからないところが多かったです(汗)

が、言葉がわからないなりにも面白かったです!
リード、ジェローム・フリン演じるリードの部下ドレイク、
アダム・ローゼンバーグ演じる元アメリカ軍医ジャクソンの3人が
三者三様、そして皆良い感じで…!
基本は暗い雰囲気なんですが、ちょっとクスッとしてしまうシーンもあって。
2話以降+映像特典を観るのが楽しみです!

またすべて見たらちょこっと感想書きたいな、と思っています。

ところで、日本放送は全く決まってないのでしょうかね…。
一般に知れるためにはNHKさん、
一番可能性がありそうなのはWOWOWさんなのでしょうが、
やはり字幕(というかオリジナル音声)で観たいので…
いや、でも贅沢は言いません、はい。
どこでもいいから入ってきて日本版のBDかDVDが出てくれると良いな~。

ちなみにアメリカ版BDなのであるかと思ったんですが、
日本アマゾンさんでの扱いは今のところないみたいですね…。

ついでに?まだご紹介したことがなかったと思うので
BBC AMERICAさんの公式ページ上で配信されていた
マシューのインタビュー動画を張り付けておきます。


BBC One "Ripper Street"公式ページ
BBC AMERICA "Ripper Street"公式ページ

"Ripper Street"アメリカ版BD商品ページ
"Ripper Street"英国版DVD商品ページ

視力矯正医を訪れたマシューと出演作を網羅したファン動画

先日ロンドンの視力矯正医をマシューが訪れたようで、
そこの病院のアカウントがFlickrに写真をアップしていました。



"Epic"のスタジオセット撮影でドイツにいるとばかり思っていたのですが、
もう終わったのでしょうかね。

実際手術をするのか、したのか、しないのかは知りませんが、
もし手術を受ける(た)のであれば、
視力が悪く、プライベートではメガネをかけていることも多いマシュー、
仕事の上でも支障をきたすこともあるのかもしれません。

…でも個人的にはマシューのメガネ姿が大好きなので、
もう役の上でかけなければ
マシューのメガネ姿が見られないのかと思うとさびしすぎる…。

それから、普段はファンビデオ含めた
アンオフィシャル配信の動画・画像はアップしないことにしているのですが
FB上で紹介されていて、とてもよくできていたので…

マシューの映像デビュー作"Holding the Baby"(TVドラマ)から、
「アンナ・カレーニナ」、"Ripper Street"までで演じた役柄を
網羅しているファンビデオ。



これを観るだけで、いかにマシューが
幅広い役を演じているのかを再認識させられます。
(そしてそういえばこれ買ったのにまだ観てないー!ということも…笑)
これからのマシューはどんな役を演じていくのでしょうか。

みなさんはどのマシューがお好みですか?

マシュー・マクファディンとドナール・グリーソンの30分動画。

日本では2013年3月29日に公開のジョー・ライト版「アンナ・カレーニナ」。

オブロンスキーを演じるマシュー・マクファディンと
リョービン役のドナール・グリーソンの
約30分にわたるインタビュー動画が
ずいぶん前にアップされていたことに今日気づきました…。



以前、他のキャストたちに混じった細切れな動画はアップしたかと思うのですが、
こちらの存在に全然気づいておりませんでした…。
(そういえばあの動画の題、Sneak Peakとかついてた気が…)

まだちゃんと見ていませんが、キャラクターのこと、
ダンスや撮影についてなどなどじーっくり。
本編でもとっても良い感じの二人でしたが、ここでもかわいいな~。
…これBDの映像特典に入れてほしい(笑)

ちなみに本編でも個人的にはこの二人が主人公ってことになってます(笑)

「アンナ・カレーニナ」冒頭10分の動画。

2013年3月29日に日本で(やっと!)公開となる
「アンナ・カレーニナ」。

Yahoo!映画さんが冒頭10分の動画を配信しています。
Yahoo!映画内「アンナ・カレーニナ」動画配信ページ

…冒頭10分、ということは、もちろん!
マシュー・マクファディン演じるオブロンスキーが登場します!!

顔をもまれるオブロンスキー、浮気がばれて慌てるオブロンスキー…
10分のうち半分くらいはオブロンスキーのシーンなのでは(笑)

大体オブロンスキーのおいしい?シーン網羅気味ですが、
ダンスのシーンなんかは入っていないのでやはり劇場に観に行けってことですね!
にしてもマシューの所作が美しいな~。惚れ惚れ。

ちなみにアーロン・テイラー=ジョンソンくん演じる
ヴロンスキーは一切出てきません(笑)

公式サイトのキャスト紹介のマシューの紹介文が
日本のパンフレットなどでは今まで読んだことない書き出しで新鮮でした。
(テレビデビュー作は間違ってるけどね…)

しかし、アメリカ準拠だからか
代表作書くときってドラマ無視されるのがさびしい…。
英国ドラマは質が高いものが多いし、
自分がマシューの出演作で好きなのってテレビドラマ(かテレビ映画)が多いので…。

「アンナ・カレーニナ」公式サイト

"Epic"スチル写真や動画など。

マシュー・マクファディンが主人公を演じるベン・ホプキンス作品"Epic"。
(結局監督は脚本も担当しているホプキンス氏のようですね)

グルジアでのロケを終え、撮影をドイツのセットに移したようです。
スチルや撮影風景の動画、その他プロモーション用の画像
なんかも出てきているようです。

プロダクションに関わっているスタジオのサイトで
スチル写真を少し掲載しています

本文は全然読めないけど…!こちらもスチル写真が

Zimbioさんでもプロモーション用?画像が上がっていました。
左上のZOOMをクリックすると大きい画像が見られます。

そしてすっかりおなじみ?GNFCさんによるFB上での配信。
3分15分まで飛ばして大丈夫です(笑)
"Epic"の撮影風景に加えてマシューの過去作を今までにないくらい詳しく紹介。

「フロスト×ニクソン」や"Criminal Justice II"、
「ソネット29」の朗読なども入っているのがうれしい。
(欲をいえば"Secret Life"も入っていれば、というところだけど…)

その作品についてマシューのコメントもあるんですが、
相変わらずボイス・オーバーでグルジア語が被っているので…。
…それにしても"Spooks(MI-5)"の映像がS7のものらしく、
ルパート・ペンリー・ジョーンズさんと
リチャード・アーミティッジさんはいるのにマシューはいないという(笑)