I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月

"Epic"関連動画とスチル画像

マシュー・マクファディンが主演を務める映画"Epic"。
数日前Darcyliciousさんで紹介して下さっていたのですが、
またしてもグルジアの放送局?の関連動画が。
グルジアのMusucBoxTVというところがYoutube上で配信していました。


マシューと、"Ripper Street"でも共演している
マイアンナ・バーリングさんもかなりたくさん出てきます、
相変わらずグルジア語で全くわかりません
(まあ英語でも似たようなものですが)
パーカー姿、ホントかわいいな…。

こちらには"Epic"の初スチル?画像も出ていました
こちらもテキストがグルジア語で何にもわかりません…。

しかし、どんな作品になるのか、今から楽しみです!!

マシューの主演ドラマ"Ripper Street"は
英国ではEP5放送が終わったところ。
気づけばS1、もうとっくに折り返し地点を過ぎていました。

マシューファンになった後、主演に決まったらしい、
から追いかけていた初めての作品なのでなんだか感慨深いです…。

S2の撮影はいつからになるんでしょうかね、
"Epic"後S2撮影の間にも何か仕事が入るんでしょうか。

舞台はできれば来年後半か再来年くらいまで待ってほしい…
(個人的な金銭的問題で…)

「昔の日々」

現在ロンドンのハロルド・ピンター劇場で上演中の
ルーファス・シーウェル出演ハロルド・ピンター作"Old Times"。

その翻訳版「昔の日々」のスクリプトを収めた
「筑摩世界文学大系 85 現代劇集」が
職場所在地の市立図書館にあったので借りてみました。

まだちゃんとは読んでいないのですが、
一時間くらいあれば十分読めてしまえるくらいの短いもので、
これを舞台で見たらどのくらいの長さになるんだろうか、
と思っていたら公演情報が更新されていて、約1時間半とのこと。

おそらく「不条理劇」と呼ばれるものだと思うので、
読んでいても意味があまりわからず…後ろについている解説を読んで初めて、
「あー、そういうことだったの?」という感じでした
(でもこの解説も、書いた人の解釈ですから絶対こう、
とは言えないのだと思いますが)

出演者は男性一人と女性二人の計3人。
今回の舞台はルーファスと、クリスティン・スコット・トーマスと
リア・ウィリアムズで、女性キャストは日によって
どちらの役をやるのかが違う…ということをやっているのですが、
スクリプトを読んでみて、なぜそうしたのかがなんとなくわかりました。

それにしても、ルーファスがこの役を
どう演じるのかな…とか想像するだけでもワクワクします…!

ちなみに、今回の舞台は4月6日まで。
公演情報とチケット購入はこちら。

「ホビット 思いがけない冒険」とリチャード・アーミティッジさん

「ホビット 思いがけない冒険(The Hobbit: An Unexpected Journey)」を
先日やっと観てきました!

「ロード・オブ・ザ・リング」(以下LotR)にハマったクチで(笑)
(とはいっても、SEEを観たり、原作「指輪物語」(追補編含む)を
さらっと読んだ程度で世界観どっぷりとか詳しいといわけではありませんが…)
観たいと思っていたのですが、他にいろいろ見たい作品があったのと、
ロングランになるだろうと思い込んでいて後回しにしておりました。

(少なくとも周りの)評判は良いにもかかわらず、
(少なくとも日本での)興行成績が振るわないようで
思ったより早く終わってしまいそう
(とは言ってももう1か月以上は上映しているんですが)
な雰囲気も漂ってきたので慌てて観てきました…。

IMAX3D、「アベンジャーズ」でウッカリ前売りを買ってしまったので
初めて経験したのですがそれで懲りたので、もちろん2Dで見ました。
IMAX2Dが一番きれいで迫力あると思うんですがね…。
まだまだ人間の脳内3D変換の方が優秀だと思うんですよ…。

と、3Dに対するグチはこのくらいにして…
結論から言うと思っていた以上に面白かったです!
LotRを観ていると、あー、これがアレにつながってるんだ、
とか、そういう仕掛けもたくさんあって、
作り手の愛があふれているな~と思いました。

上記のようなところや宣伝などの感じから
LotRを観ていないから見るのを躊躇されている方もいらっしゃるようですが、
観ていなくても十分楽しめると思いますよ~!
説明もあまりなく専門用語?が使われることが多いですが、
それはLotRの時からそうでしたし…。

LotRは2部、3部と進むうちに原作と結構設定が違ってきたりで
原作ファンからはだんだん不満も出てきたようですが(多分…)、
でもやっぱりホビットを映画化するならP.J.さんで、
という声も多かったのでしょうかね(どうだか全然知りません)

今回は重要なキャラクターがちょっと原作と違うみたいなんですが、
その違いも好意的に受け止められているのかな…?
というか、そのキャラがお気に入りなのでそうだといいな~と思っています。

キャストやキャラクターについてですが、
最初画像見たときからマーティン・フリーマンさん演じる
ビルボがイラっとするほどかわいい…
と思っていたのですが、予告や本編見てもそのイメージは変わらなかったですね(笑)
…マーティンさんって絶対自分の可愛さをわかってやってますよね…(笑)
それにしても最初はものすごい巻き込まれっぷりでかわいそうなビルボ(笑)

マッケラン様のガンダルフ、
LotRでは途中から「白のガンダルフ」になっちゃったわけですが、
灰色の方が好きだったので、今回はずっと灰色でいてくれるのがうれしいです。
…それにしてもガンダルフってなんであんなにホビット好きなんでしょうか。
これってホビット原作、もしくは指輪物語などに何か言及あるんでしょうか…。

でドワーフたち、みんな良い感じでした~。

上の方に書いたお気に入りキャラですが、ご想像の通り?
ドワーフのリーダー(というか王)トーリンです。
↓の予告の歌のシーンを劇場で見て(聴いて)から気になりまくりでした。


本編見てみてもやはりすごく良かったです!
カリスマリーダー系なんですが、欠点もすごく多くて魅力的でした。
原作ではもっとアレなキャラみたいで、
映画版の方が良いキャラになっているようですね。

そういえば私LotR映画版ではボロミアが一番好きで
(今更ですが演じたショーン・ビーンはマシュー(たち)のRADAの先輩!)
その高潔なんだけど欠点も多い感じのところが被ってるのかな~、と思いました。
(アラゴルンは確かにすごくかっこよかったんですが、完璧すぎて自分はあんまり…)
ちなみにLotR原作ではレゴラス+ギムリの二人が好きでした。

それと、基本しかめっ面なんですが、時々ふっと目がすごく優しくなったり、
いつも甥っ子たち(特に年少のキーリ)を心配していたりと
そういうところも大変にツボでございました!!!!
バーリンとの関係も大変よろしゅうございます…!

そんなトーリンを演じるのはLAMDA出身のリチャード・アーミティッジさん。
素顔の彼は長身黒髪低音ヴォイスという…
ワタクシのツボをしっかり押さえてくださっていて持ってかれ気味です…。
しいて言うならもう少し頭の形が良かったらな、とか贅沢なことを…
…坊主頭が似合う人が好きなもので…。
(実は素顔よりトーリンの方が好みです…身長と足の長さ以外(笑)
というよりヒゲ有の方が好み…といった方が良いか…?)

と、今まで全然見てなかった
プロダクションダイアリー動画などをちょこちょこ観はじめました
(これソフト化したら特典映像で入ったりするんでしょうか)
これの7分過ぎくらいから、マオリの歓迎セレモニー(?)に対して
マオリ語で祈り?の言葉を言うアーミティッジさんが男前すぎる…。
背の高さがよくわかりますね。


色々なメディアによるインタビュー動画が公式系からも色々上がってますね。

トーリン役リチャード・アーミティッジさんのインタビュー


WSJによるリチャード・アーミティッジさんのインタビュー


例の予告にもあった歌とエンディングがすごく良かったので
鑑賞後立ち寄ったCDショップで輸入盤の特別編?サントラを購入しました。
(LotRも3枚とも持っているので元々買う気ではいましたが…)
…レミゼサントラも買ってないのに…(笑)

そんなわけで(?)もっと早く観ておけばよかったです…
色々気になるところもあるので、明日もう一回見てきます…!

で、アーミティッジさんのその他の出演作ですが…

マシュー・マクファディンがS1S2の主役だった「MI-5 英国機密諜報部」
にも出ていたようで。S7~9の主役??なんでしょうか。

・FOX CRIMEサイト内「MI-5 英国機密諜報部」S7キャラ紹介
・FOX CRIMEサイト内「MI-5 英国機密諜報部」S8トップページ
 (キャラ紹介よりこちらの写真の方がかっこいいので…)
・FOX CRIMEサイト内「MI-5 英国機密諜報部」S9キャラ紹介

…FOX Crimeさえ見られればマシュー(トム・クイン)降板後も観たんですが…。
うちはケーブルテレビで無印FOXはみられるんですが、
Crimeはお金払っても観られないんです…。
…正直個人的には無印FOXは見られなくても困らないんで、
それとCrimeを交換してほしい…。

それと、どうやら違う役でマシューが出ていたS1?にも
出ていたようなんで後日チェックしてみます。
(でも役名が武装警官、だったのでな…かなりのチョイ役でしょう)

出演作「シェイクスピア21 マクベス」と「キャプテン・アメリカ」は
見たんですがあんまり覚えてなかったので(こら)
録画してあったものを再度見てみました。

「マクベス」はマクベス役がジェームズ・マカヴォイでしでしたし
シリーズの中でも一二を争う出来
(もう一つ出来がいい!と言われているのが
ルーファスがペトルーキオやった私も大好きな「じゃじゃ馬ならし」)
とのことで一度見たのですが、何せ4作の中で唯一の悲劇なこともあり…
あまり見ていて気持ちのいいものでなかったのでもういいかな…
となっていたんですが、マクベス夫人
(最初観たときこえーよマクベス嫁…と思って見てました)が
マシュー嫁ことキーリー・ホウズだったと知ってもう一度見なきゃ、と
思っていてそのままにしていました…。

今回見てみてまず発見したのが
脚本が"Criminal Justice"や"Silk"の
ピーター・モファットさんだったんですねえ(そこなのか)
このシリーズはシェイクスピア劇を現代風にアレンジする…
というものなのですが「マクベス」は舞台が昔の王国の覇権争いから
現代のとあるレストラン(厨房)の覇権争いになっていますが
確かにとてもよくできています。

で、肝心のアーミティッジさんは厨房ではなくって給仕係なので
スーツを着ているのでかっこいいー!!!でもかわいそうな役なんですよ(涙)
っていうかすんごい重要な役なのにあんまり覚えていなかった自分って一体…。
(私は有名すぎるオリジナルをあまり知らないので
シェフかと思ってましたが、んー、もっと年かさの人だったような、
と思っていたらやっぱり違ってました…)
いや、筋は覚えていたので、調べた後であー、あの役か、とは思ったのですが…。
役名がピーター・マクダフ、ということで
オリジナルをご存知の方は大体想像がつくかと…。

それにしても改めてマカヴォイのマクベス、やはりすごく良かったです。
マカヴォイさん、今年舞台でマクベスやるようで、
今度はマクベス夫人が「リトル・ドリット」のエイミーの人らしいので
なんとなくマシューつながりが続くマカヴォイマクベス(笑)

続いて「キャプテン・アメリカ」。
こちらはつい最近観たのでアーミティッジさんがどの役か
大体わかってましたがやはり、でしたね。
でも最初メガネかけてたことは忘れていました…!
メガネに七三でスーツ…うひー、私をどうする気ですか(こら)
しかし、ヨーロッパ系黒髪イケメンだから
アメリカ映画の中だと胡散臭さ爆発なんですよ、
最初観たときからこいつクサすぎる、と思うでしょ
(わざとそういう演出+演技にしているんだとは思うけど)。
Spooksファンはおやおや、またスパイ役かね、
とニヤリとするわけなんですね?
ていうか、この映画…トーリンとエルロンド様が悪役…(笑)

しかし…3作と他作品の動画などを見てみて、
今のところは役者として「うおおお!」って感じには
ハマってないので(すみません…でもそもそもそうなるなら
再見した2作を最初観たときに気になってたはずなんですよ…)
他の過去作は機会があったら見てみたいかな、という感じです。
とか言いつつ、何か月か先には俳優としてもすっかりハマっている、
なんてことも十分ありえますが(笑)

とりあえずトーリンなアーミティッジさんが大好きなので、
「ホビット」2作目3作目に期待です!

…ところで、アーミティッジさん関連の動画をYoutubeで
色々見ていたらお勧め動画でなんでか
マシュー・マクファディンがナレーションしている
マークス&スペンサーのCMが出てきた…。

低音ボイス好きとばれたか…?それともMI-5関連??

英国土産話とマシューインタビュー動画と"Epic" の撮影風景など。

とりあえずさらっとですが、(自分が行ってきたわけではないけど)英国レポを。

家族が年末年始に英国へ行っていたので色々と頼んできました(笑)
特に滞在中にEP1が放送する"Ripper Street"を観てきて~とか、
記事があったら、とかかなり無茶なこと言ったんですが実行してくれて感謝…。

とりあえず、"Ripper Street"EP1を観たところ
「面白かったよ~」とのこと。
また、色々なところに書いてあるのでご存知の方も多いかもですが、
意外にも(?)基本的には1話完結型だったよ、とのことでした。

リード警部かっこよかった?と聞いたら
「まー、責任者だから本人が捜査を直接的にするわけじゃないし、
どうしても後手後手になっちゃうからねぇ…」とはっきりしない答えが(笑)
(本人によれば英語が聞き取れないから感想を言いようがないとも…)
家族的には「検視官の元米軍医?(アダム・ローゼンバーグ演じるホーマー・ジャクソン)
がすごくいい役だったよ、その人ばっかり見てた(笑)」とのことでした。
どんなキャラクターなのか楽しみです。
ってか、家族は私とお気に入りキャラが同じになることがあまりないのですが(笑)
←「三銃士」だとルーク・エヴァンスのアラミスが好きなタイプ

写真も撮ってきてくれました。
ripperstreet.jpg
え?これ…ホテル内部を撮った写真ですってば!!(←)

また、滞在中にDarcyliciousさんなどから
これこれに記事が載るよという情報が入るたび、
気になるものの中で手に入りそうなものを買ってきてくれ~!と
頼んだりしていろいろすみません、家族…。

magazines.jpg
↑Radio Times誌とDaily Mail紙

他にも、やはり滞在中に放送したルーファス・シーウェル出演の
"Restless"をEP1だけ見てきてもらったり
(原作付のものだからか、内容がわかりづらくてついていけなくなった、とのこと…)
restless.jpg
え?これ…ホテル内部を撮った写真ですってば!!(←)

駅に貼ってあったルーファス出演の舞台"Old Times"の
ポスターを撮ってきてもらったりとか…。
oldtimesposter.jpg

「スカイフォール」の、ベン・ウィショー演じるQが劇中で使っている
マグカップを買ってきてもらったり…。
qmug01.jpg
↑表側。
qmug02.jpg
↑裏はこうなってます

トム・ヒドルストンさんのインタビューが載っている雑誌を買ってきてもらったり
empire.jpg

本当にいい時期に行ってきてくれたもんで色々とありがとう…。

もっといろいろ話を聞いたりしたのですが、時間が経ってしまい
これだけ?!なレポ?になってしまいました…。
記事の内容などは他の記事と一緒に、
できればご紹介したいな、とは思っているのですが…。
米国でも放送の始まった"Ripper Street"。
レビューやインタビューがかなり出ているようですが、全然追えていません…。

あ、access hollywoodによる5分くらいマシューだけ!の
インタビュー動画があったのでこれは貼り付けておきますね。

何秒かCMが入りますが我慢してるとマシュー出てきます。
…やっぱりなんか痩せた気がするな…。

と、話題は現在撮影中の"Epic"ですが、GNFCさんがまたもやFB上にて
撮影風景などのニュース動画を配信してくれていました。

やっぱりグルジア語ですが…撮影中のマシューやインタビューなどあります~。
やっぱりP&Pと時期&国的に?AKネタが出てくるんですね。

しかし、こうやってみると改めてマシューって背が高いな~と思います。

"Epic"制作記者会見inグルジア

(自分が行ったわけじゃないけど)英国レポを書きたいところですが、
またちょっと"Epic"ネタが入ってきたので…。

グルジアで制作記者会見が行われたようで、先日の動画と同じく、
Georgian National Film Center(GNFC)が
FB上に画像をアップしてくれいる、とのDarcyliciousさん情報が。



ニュース動画もGNFCさんがあげてくれてました。
先日ご紹介したもの同様画質がアレなうえにグルジア語ボイスオーバーなんですが…。





久々にマシューのパーカー姿見た気がします。
最近セーターとかトレーナー?!が多かったのでなんだか若く見えます~。
髪型も無精ひげ?もかわいいし…!
ん?なんかちょっと痩せたかしら…?また気のせい…?

ちなみに、先日の記事でロシアが手を引いた、と書きましたが
結局残ってるみたいで英国・ドイツ・ロシア・グルジアの共同制作みたいですね。

GNFCによる記者会見の記事もあるようですがそれはまた後日~。