I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2012年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年12月
ARCHIVE ≫ 2012年12月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2012年12月  | 翌月 ≫

Inside RIPPER STREETとBAFTA Guru BIG Questions

英国では12月30日、米国では1月19日より放送予定の"Ripper Street"。
メイキング?動画も少し上がってきており、
今まで観たことがないシーンのリード警部や、
リード警部の格好でコメントするマシューなんかも観られます。

今時間がなくてじっくり見られていないのですがメモ代わりに…。

BBC Americaのものは公式よりYouTubeにて配信されていました。


メイキングでも、RS単体でもないのですが今シーズンのBBC Americaのドラマ予告。


英国向け?アイルランド(ロケ地)のサイトのメイキング動画も。
貼り付けはできないので、こちらでご覧ください。

また、先日の記事でご紹介したBAFTAによるマシュー・マクファディンへの3つの質問、
YouTube公式アカウントでも配信が始まっていたので貼り付けておきます。



結構いろいろな俳優さんに同じ質問をしているので個性が出て面白いと思いますよ。

ちなみに、マシューの世界最大非公式殆ど公認ファンサイトでもある
Darcyliciousさんは実は複数の俳優さんを扱ってらっしゃるのですが、
その中の一人、ダン・スティーブンスさんのものもありました。


「戦火の馬」原作にハマって
第一次世界大戦前後の英国上流階級のことを知りたい~と騒いでいたら、
詳しい方から「ダウントン・アビー」というドラマをご紹介いただきまして、
存在自体はそれよりも前から知ってはいたものの、
最初メロドラマ苦手なので敬遠していたものなのですが、
考証もかなりきっちりしているということで
観てみたら意外と面白くてすっかりハマっています。

ダンさんはそのドラマの中でS1~S3までの中心人物、
マシュー・クローリーを演じていました
(日本ではスターチャンネルさんでS2まで放送終了)。

また、「戦火の馬」原作の朗読もご担当されていまして、
個人的に今かなりご縁のある俳優さんです。

声がかっこよくて目の色が綺麗で色白というところが
マシュー・マクファディンとの共通点なのかな、と勝手に思っています(笑)

War HorseWar Horse
(2010/01/01)
Michael Morpurgo

商品詳細を見る


上がダンさんの朗読する"War Horse"。
舞台化を受けての新しい方の録音です。一部編集版。
私は購入済みですが、届いたものは、さらに映画化を受けて
パッケージデザインが映画仕様になっていました
(舞台版のジャケの方が好きなんですが)

マシューや映画版でニコルズ大尉を演じたトム・ヒドルストンさんにも
ぜひWHの朗読してほしいな~。

"Ripper Street"BBC America新トレーラーとBBCラジオ出演

英国BBC Oneでは12月30日より放送が始まる"Ripper Street"ですが、
アメリカでは年明け1月19日より放送が始まります。
それを前に新しいトレーラーができたようで
YouTubeのBBC America公式アカウントより配信されていました。


エドマンド・リード役を演じるマシュー・マクファディンのナレーション付き!
ナレーションの内容をわざわざ詳細情報で書いてくれてるBBC Americaさん親切!

大体こんな感じ…?
(原文は動画右上の「i」をクリックすると読めると思います)

「私は刑事のエドマンド・リード。
切り裂きジャックは私の担当する通りを狩場とした。
我々は彼が去ったことを願う…しかし、犯罪は無くならない。
他の者たちが彼の後を継いでいる今こそ、我々が獲物を追う番だ。」

まあ、得意の大嘘訳ですが大体上のような感じかと思います(汗)
(大嘘訳、と言えばマシューのRSやリード警部に関する
インタビューまだご紹介できていません…。)

また、去る12月22日にマシュー・マクファディンが
BBC Radio4のトーク番組にゲスト出演してRSのプロモート活動。

こちらのBBC Radio 4サイトで聴くことができます。

7日間限定、12月29日くらいまでかと思いますのでぜひぜひお早めに!!!
(ipod touchのSafariでは聞くことができず、PCのFireFoxでは聞けました)

まだ全然聴いてないのですがとりあえず
24:45くらいからマシューの説明が入り、
25:12くらいからマシューが喋っているようです。

「アンナ・カレーニナ」日本公開日決定

マシュー・マクファディンが主人公アンナの兄
オブロンスキーを演じる「アンナ・カレーニナ」ですが、
ずっとユニバーサルインターナショナルのサイトを見ていて
日本の公開日決まらんな~、と思っていたら日本の配給は
なぜかユニバーサルではなくてギャガでした。
英国映画はギャガさんが買ってくれることが多い気がします…
足を向けて寝られない感じです…。

ちょっと前からギャガさんで日本公開決まった?
という情報は目にしていたのですが
数日前にギャガより正式に発表があったのでメモ。

気になる日本での公開日ですが、
2013年3月29日金曜日とのこと。

話が好みじゃない、というかニガテな感じっぽいので観るか悩んでいるのですが、
原作ファンの方にアンナやヴロンスキーの話じゃないところが面白いんです、と
ご説明頂き、かなり「観に行く」にシフトしてきました。
…しかし、この時期観たい映画がちょっと多そうなので…
実際観に行けるかどうかはまた…(こらっ!)
とりあえずパンフは買います!中身見せてもらってマシューが載ってたらね!(こらこら!)

公式サイトURLはコチラみたいなのですが、
まだサイトが全くできていないようで…しばらくしてからまた見てみます…。

「アンナ~」はインタビューなど記事や動画いろいろ出ているのですが、
個人的に"Ripper Street"押しなので扱いがぞんざいですみません(汗)
と、いうわけで?後程Ripperネタの記事(というかメモ?)アップ予定。

"Ripper Street"公式ページとソフトのジャケット

おなじみDarcyliciousさん情報ですが、
BBC One、BBC Americaともに
"Ripper Street"の公式ページがオープンしたようです。

BBC One内公式ページ
BBC America内公式ページ

また、BD、DVDのジャケットも決まったようです。
割と大きめの画像がこちらで見られます

そろそろ注文しておこうかしら…。

今ちょっと(趣味関連で)バタバタしておりまして…
リードのキャラクター紹介などをする時間がないのですが
とりあえずメモ、ということで…。

"Ripper Street"EP1クリップ

2012年12月30日よりBBC Oneで放送の始まる"Ripper Street"。
その第一話のクリップがBBCより配信されていました。




マシュー・マクファディン演じるリード警部が
デイヴィッド・ドーソン演じる新聞記者フレッド・ベストに詰め寄るシーン。

デイヴィッドさん、トム・ヒドルストンさんとBBCのシェイクスピア史劇シリーズ
'The Hollow Crown'の"Henry IV"で共演していました。
トムさんがハル王子、デイヴィッドさんがポインズ役。
(実は私ベン・ウィショーくん主演の"Richard II"が
あまりに良くて一気観するのがもったいなくてまだ途中、
HenryIVに到達しておりません…)

で、詳しい方に教えて頂いたのですが、デイヴィッドさんとトムさんは
RADAの同期でクラスも一緒だったとか
(1学年30人ちょいだと思うんですが、何クラスあるんだ?)。

と、いうわけでこのシーン、いきなりのRADAっ子対決!で大興奮なワタクシでした…。
それにしてもマシュー(1995年卒)とデイヴィッドさんやトムさん(2005年卒)って
10個も学年違うんだなーとか…。(ちなみにベン・ウィショーくんは2003年卒)

クリップでリードとベストが何を言ってるか…は、私に聞かないでください(役立たず)
ま、ネタバレになっちゃうと困りますしね!(ならない)