I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2012年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年06月
ARCHIVE ≫ 2012年06月

ルーファス・シーウェル新作情報"Restless"

最初どこからの情報で知ったか忘れてしまったのですが
(FBのルーファスファンページだったかな…?)…。

ルーファス・シーウェルが2012年末ごろBBC Oneで放送予定の
新作ドラマ"Restless"に出演
、とのことです。

主演は『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』で
アリエナ役を演じルーファスと共演したヘイリー・アトウェル。

実は同じBBC Oneのドラマ"Ripper Street"の主役に
マシュー・マクファディンがキャスティングされたという記事で
すでにヘイリー・アトウェル主演ということは書かれていました。

"Any Human Heart"のウィリアム・ボイドの
同名小説が原作のスパイ物のようで、内容を見ると↓の『震えるスパイ』かな?
震えるスパイ (ハヤカワ文庫NV)震えるスパイ (ハヤカワ文庫NV)
(2008/08)
ウィリアム ボイド

商品詳細を見る


この小説の感想や紹介を読むと
ルーファス、かなり重要な役みたいで楽しみです。

ヘイリー・アトウェルは"Any Human Heart"で
マシューとすごく絡む役でしたが今度はルーファスかー。

…で、ルーファスがガンボンになるの???!!!
(声の質から行くとマシューがガンボンになる方があってる←コラ)

今夏に南アフリカと英国で撮影が行わられるとのこと。
とにかく、今年のBBCからこれでまた目が離せなくなりました~。
(あ、後日ルーファスの作品一覧直さないと…)

"Mr Bean's Wedding"

"Mr Bean's Wedding"は
BBCのチャリティー番組「Red Nose Day 2007」内で放送された
「Mr.ビーン」シリーズの番外編。

マシュー・マクファディンはビーンに結婚式をめちゃくちゃにされる花婿のダニエル役。

この作品はソフト化はされていません。
しかし、最近になってRed Nose Dayのオフィシャルアカウントが
YouTube上で動画を配信しているのを発見したので紹介と簡単に感想を。
(BBCも動画アップしていたんですが、こちらのほうが画質がマシだったので)


…感想…というほどのものはないのですが、笑いっぱなしで見てしまいました(笑)
Mr.ビーンはほとんど見たことないのですが、
Wikipediaによればこのシリーズはアドリブ一切ないのですね。

マシューは終始真顔で演じていますが、
こういうの見ていていつも思うのは役者さんって
笑わずに演じられてすごいなーということです。
が、笑い上戸なマシューのこと、NGいっぱい出したのかなぁ、
とか思ってしまいまいましたが…どうなんだろ、
こういう人(ローワン・アトキンソンみたいな)と
仕事するときはきっちり少ないテイクで決めるのかなぁ?とも。

動画に寄付してね広告がついてきますが
古い動画をオフィシャルでアップしてそこからも寄付を募るのはいい考えかも。

ちなみにRed Nose Dayについては
こちらのワーキングホリデーのブログに書かれていました。
(社団法人のオフィシャルブログなのでリンクはっちゃいます)
ちょうどこの記事が書かれた年にこの"Mr Bean's Wedding"が
放送されていたというのが偶然なんですが興味深い。

アンナ・カレーニナ予告動画とRipper Streetの役名と最近のマシュー。

Darcyliciousさんの情報によれば

マシュー・マクファディンが主人公の兄オブロンスキーを演じる
ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演の
"Anna Karenina"(『アンナ・カレーニナ』)の
トレーラーとポスターが公開されたようです。

ポスターには残念ながらマシューはいませんが、
トレーラーにはばっちり映っていました。
今までオブロンスキーの姿は画像でも出ていなかったので、
今回が初お披露目。

公式系かよくわからないのですが、
いろいろな予告をyoutube上で配信しているところが
比較的高画質でこの作品のトレーラーも配信していたので貼り付けておきます
(完全に公式系のが見つかったら張り替えるかもです)



マシュー=オブロンスキーは0:42あたりと0:44と2:12あたりに
(最初はセリフ付き!最後のは踊ってます…?!)。

しかし、マシュー、すんごいなー、これ(笑)
今までのキャラで何が一番外見が近いかといえば
嫁ドラマ(Ashes to Ashes)のギル・ホリスなんじゃぁないかというヒゲ+髪型。
なんにも知らない人にマシューのこと30代って言ったら
たぶん信じてもらえないんじゃないかという…(笑)

とりあえずあらすじとか見る限り自分はかなり苦手系作品ですし(原作未読)、
マシューがどのくらい出てくるのかもわからないし、
日本に来ても観に行くかはちょっと…(パンフは買うと思いますが)

しかし、脚本がトム・ストッパードということろは気になりまくりです。
トレーラー見た感じもちょっと舞台っぽい作りになるのかな?とか。
マシューも以前のインタビューで変わった感じになるっぽいこと言ってたしなー、うーむ。
(あと騎兵の突撃シーンみたいのも「戦火の馬」の英国将校ズ彷彿とさせて気になりまくり)

とりあえず自分としてはRipper Streetの方をずっと楽しみにしております(汗)

あ、Ripper Streetといえば、先日マシューの出演作品一覧手直した際に
役名がすでに判明していたので記載しておきましたー。

Ripper Streetでのマシューの役名は
Detective Inspector Edmund Reid、エドマンド・リード警部、だそうです。
なんとなくマシューっぽくない名前だなー、
とかよくわからない感想ですが、本当に楽しみです。

そのほか、最近アイルランドのスタジオでとられた写真が
FB上のスタジオのページに掲載されていました。





個人的には久々に「フィリップ院長」や「アーサー」っぽいマシューだなー、
とその可愛さに大興奮だったのですが…
皆さんの反応やいかに(やっぱ「もっとやせろ」とかなんでしょうか・笑)

『リンカーン / 秘密の書』とりあえず日本語サイトと最新トレーラー

更新が滞りまくりで申し訳ありません。

ルーファス・シーウェル!(Rufus Sewell and so on)さんで
これまで色々情報出してくださってるのでご存じの方も多いと思いますが、
ルーファスがヴァンパイアのアダム役で出演する
"Abraham Lincoln:Vampire Hunter"
の邦題が決まり、日本語サイトが出来、日本公開日が決まりました。

邦題は『リンカーン / 秘密の書』。
これだと『ナショナル・トレジャー』みたいな内容か、
まっとうな(?)歴史物だと誤解されて
実際に観る層と本当に観るべき層が違ってきちゃうんじゃないかなーとか
心配しております…。

とりあえず、日本版公式サイトはこちら

公開日は11月1日みたいです。

それとは別に、本国の新しいトレーラーも公開され、結構ルーファス出てきます!



トレーラー内にセリフもあって、出番多いのかもと期待。
でもあまり期待しすぎるのも良くないかな、とかも思っております…。

他、ルーファスのインタビュー動画なんかも色々あるのですが、
いずれまた古い情報や最新情報などと一緒にご紹介出来れば、と思っております。

それにしてもルーファス、以前とかなり出演作や出演予定作品が変わっているので
リストも直さねばなりませんね…。