I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2011年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年03月
ARCHIVE ≫ 2011年03月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2011年03月  | 翌月 ≫

『ダークシティ』

本当は今日『ザ・ファイター』を観に行こうと思ったのですが…。
どうも気が乗らずに断念しました。これは結局観に行かないパターンか…。

と、いうわけで前にDVDを購入し(3/11午前に届いた)、
鑑賞した『ダークシティ』の感想を書くことにしました。

『ダークシティ』("Dark City")は1998年に公開された、
(多分)米国資本映画では(つか、劇場版映画では?)
唯一のルーファス・シーウェル主演作。
…なのによりにもよって私が大の苦手なSFというか、
漫画っぽいというか、変わった世界観モノ。
一応ジャンル的にはSFスリラーってことになっているのかな…?
なので、主演作なのに今まで敬遠していたのですが、
ま、とりあえず観なくては~、ということで…。

とりあえず、あらすじ
(自分ではわけわかめ過ぎてまとめられないのでウィキペディアより拝借
「太陽が出ない街、ダークシティ。
ある日、マードック(ルーファス・シーウェル)が目を覚ますとそこはバスタブの中。
それまでの記憶もなく、自分が一体なぜそこにいるのかわからず全裸のまま歩いていくと、
ベッドのそばには若い娼婦の死体が。
次第に連続娼婦殺人事件の犯人が自分になっていることを知ったマードックは、
殺人も何も身に覚えがない。
何者かによって記憶を略奪されたことを知ったマードックは、
頭の片隅にわずかに残っている記憶を頼りに、そんな疑惑を晴らそうとする。
そんなうちに精神科医と名乗るシュレーバー博士(キーファー・サザーランド)や
敏腕刑事のバムステッド警部(ウィリアム・ハート)、
そして妻であるエマ(ジェニファー・コネリー)らと接触を図ったマードックは、
次第にその町の住民たちにはびこる“記憶”の曖昧さに気づいていく。
かつて生まれ育った“シェル・ビーチ”への行き方は誰に聞いてもわからず、
周囲の人間たちの幼少時代の記憶さえ曖昧だ。
そんな時、マードックの前に黒ずくめの怪しい集団が現れる。
その集団は超能力を自在に操り、人間たちの記憶を操作していることを突き止めるマードック。
しかしそんな彼らと同じような能力を持っていることに気づき始めたマードックは、
まわりの協力も得て、謎の集団に立ち向かっていく。」

一部マニアからはかなり評判のいい『カルトムービー』のようですね。
ブログなどの感想を読んでいると、某バセット飼い(今もかは知りません)な
日本のアニメ監督作品の影響を受けているとかいないとか(だからダメなのかも)。
…。うん、わけわかんなかった。
やっぱりこういう世界観の作品て、私は合わないわ(汗)
多分、頭が硬くて悪いからなんだろう(ちなみに『マトリックス』も見たことない)。
あ、でも、異世界っぽい話でも『リベリオン』はすごく楽しく観たんだけどな~。
ガン・カタがかっこよくて、バニ仔犬が可愛かったから…だけではないと思うのだけど、
あれは「思想や感情の抑圧」的な話だったからかも。
『ダークシティ』はもっと壮大すぎて、存在するとは、くらいの哲学ぶり。
いや、でもそのテーマでも、大丈夫なものは大丈夫そうだな、
それに地球外生命体とか、超能力的なものが絡んじゃったから駄目だったんだな、きっと。

とりあえず、ルーファスが主演だというだけでよしとします。
ルーファスが最後まで生きている作品だということでもよしとします。
ルーファスの生ケツが見られたのでよしとします(オイ)
あんなルーファスやこんなルーファスを観たいがために
きっとこの先何度も観るでしょう。
観ているうちに、作品の良さがわかるといいな…。

ルーファスの他、(ポール・ベタニーの現)嫁とか、
キーファとか、ウィリアム・ハートとか共演の俳優陣も地味に豪華です。
私みたいに「こういうジャンルの作品苦手…」という人も、
あの頃の彼らはどんな感じだったろう、
という目的のために観ても(そういう意味では)面白いと思います。
(でも、ウィリアム・ハートのあの退場のしかたはないと思う)

ちなみに上記感想(?)なのは
あくまで、元々私がこういうジャンルの映画が苦手だから。
作品自体がつまらないものだとか、評価すべきものがないだとかは思っていません。
先にも書いたとおり、かなりコアなファンが付いているようですので、
こういった世界観が好きな人にはたまらない作品なんだと思います。
こういう系、好きな方、ぜひ見てみてくださいね。
主演の眼力すごい人がルーファス・シーウェルです。覚えてね。
(感想ブログ読むと、(略)嫁とか、キーファとかのことは書いてあっても、
ルーファスはスルーって方が多いので…主役なのに・涙)

そういえば、先日、ダウンロードした字幕手直しがめんどい…と書きましたが、
字幕作成ソフトを使ったらさくっと直せました!
と、いうわけで、近々"A Man of No Importance(マン・オブ・ノー・インポータンス)"
と"Shakespeare ReTold: The Taming of the Shrew
(シェイクスピア21-じゃじゃ馬ならし)"
を観て感想をアップ出来れば、と思っております。
"Vinyan"題材がアレなので、まだちょっと観たり感想書いたりはできないですね。

ダークシティ [DVD]ダークシティ [DVD]
(2008/05/02)
トレヴァー・ジョーンズ

商品詳細を見る

『ダークエイジ・ロマン大聖堂』書き忘れていたこと

昨日、最終回の感想?を書きましたが、書き忘れていたので追記。

個人的にはこのドラマ、トム=ルーファス・シーウェル目当てだったわけで、
ほとんどルーファス(あと時々、フィリップ=マシュー・マクファディンと、
キャラ的にはアルフレッドとジョナサン)にしか目が行ってなかったのですが、
家人1は私がルーファスにハァハァ言っている横で、ジャックを愛でていたようです(笑)

で、ジャック=エディ・レッドメイン、誰かに似てる~みたいな話で。
フットボール(サッカー)選手の、フェルナンド・トーレス
セルヒオ・ラモスを足して2で割ったような顔なんだ!ということになりました。
(あ~、あんまり良い例な写真が見つからないわぁ)

ゲームセンターとかに昔あった気がする、二人の子供はこんな顔になるよ!
みたいなやつを上記2選手がやったら、
きっとジャックみたいな顔が出るに違いないと盛り上がってしまいました(汗)
(別にBL好きではないですよ、念のため)

家人1がジャック気になるはずだわ。しかも家人1は『ハリー・ポッター』のロン好きなので、
さらに赤毛+色素薄い要素も加わって…。そりゃ可愛い!と思うよね。

…1話か2話くらいの時ににこの話になったのですが、
とりあえず最終回の感想に書くか~と思っていて忘れていました(汗)

『大聖堂』の感想読んだりしていると、巷でも結構ジャック人気高そう。
そうか~、世の女性はこういう人をハンサム君というのか…。
モデルさんとかもしているようだしね。
高学歴なのもファンがますますはまっちゃう要素なのかも。

私はといえば、ジャック(エディ・レッドメイン氏)
のようなタイプの外見は全くスルーな感じです(きいてない)
舞台系でも受賞歴があるなど、良い役者さんであるようなので
役者さんとしては好きになることはあるかもしれませんがね~。

…相変わらずドラマの感想というよりも俳優ミーハーネタでした…。
真面目なドラマファン、原作ファンの方申し訳有りませ~ん!

『ダークエイジ・ロマン大聖堂』第8回終わりなき創造

トム退場後のエピローグもとうとう終わり。

というわけで、『ダークエイジ・ロマン大聖堂』本当の最終回を迎えました。

…あれ…ジョナサン…結局出てきませんでしたね…。
フィリップや、ジョニー・エイトペンスの近くに
それらしい人(若い修道士)いなかったし…。
ま、出すとしたら、ルーファス似を捕まえてこないと
いけなかっただろうから、面倒だったのかな(?)

アルフレッドの最期は、原作とはずいぶん違ってましたね~!
ま、情けないのは一緒ですが…
でも、個人的には、原作より大分マシだったんじゃないかと思います(あれでか)

ウェイルランさんの最後らへん、『ノートルダムの鐘』の
フロロー様?!とか思ってしまいました(汗)

原作とはずいぶん違ったようですが(まだちゃんと読んでない)、
原作者のケン・フォレットもかなり協力して作ったドラマなようなので、
「もうひとつの『大聖堂』」って感じなのでしょう。
しかし、たしかにこれを2時間程度の映画にするのは厳しい…。
8時間弱でも結構はしょってはしょって…という感じだったのに。
ドラマにして正解だったと思います。
できたら、ミニシリーズではなく、もっと話数多く…っ
て、制作費がえらいことになりますかね(汗)

そんな、とにかく駆け足で色々詰め込んだドラマ『大聖堂』、
なんだかんだで、最後は丸く収まった感じですが、
マーサに配偶者がいるっぽい描写も最後に挟まったりと、
『大聖堂~果てしなき世界~』ドラマ化への布石か?と思いました。
実際、続編ドラマ化の話があるとかないとか。

個人的に、どんな俳優さんが出るかによって続編観るか
(+読むか)決めるという感じですかね。
ま、ルーファスは出ないでしょうが…。

『大聖堂』のトム役でですっかりルーファス・シーウェルにハマってしまい、
ご存知のとおり(?)現在出演作など漁り中。
今までは、ハリウッド系のおかげで(?)悪役やる人ってイメージ強く、
『ロック・ユー!』のアダマーだよね!顔と名前は一致するよ!
なんとなく最近の出てる映画は知ってるよ!程度で、
そんなに気にしていなかったのですが、トム役をきっかけに、
英国系の仕事を色々見ていくと、幅広い役をこなす、
とっても魅力的な役者さんだということに気づきました。今更ですが。

しかし、先日、映画館時代の元同僚からもらった手紙に
「いつか(ルーファス)にハマると思っていたよ!」と書かれていて、
なんでバレていたのだ…自覚は全くなかったのに…と思いました…。
おそるべし、元同僚…。

それと、フィリップ役のマシュー・マクファディンも
気になり俳優さんになりました。
…『ロビン・フッド』では情けない代官だったのにねぇ(笑)
他にも、色々出ているようで、あ、あれにも、これにも!って感じです。
ちなみに、『フロスト×ニクソン』では吹き替えがてらそまさんでちょっと笑った…。

ウェイルラン役のイアン・マクシェーン、リチャード役のサム・クラフリンは
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作に出演のようですね。
…私は多分観ないですが…。

そんなわけで、とりあえず、このドラマを観た一番の収穫は、
これをきっかけにルーファスファンになったことでした(笑)

とりあえずNHKさん、次は"John Adams"あたりやってください~。

今日届いたもの。

先日、amazon.co.ukで注文していたDVD7点が本日どどーんと届きました!

ラインナップは…
VINYAN -LOST SOULS(邦題『変態島』)
 ルーファス・シーウェル出演。
 日本でもDVD出ていて、今も手に入れられるのですが、ちょっと高い…し、題名が…。
 とにかく安かったのでこちらを購入。英語字幕付いているか不安…。
PARIS, JE T'AIME(邦題『パリ、ジュテーム』)
 オムニバスの1つにルーファス出演。いつもと違った感じの役みたいで期待。
 こちらもとにかく安かった。ほんの数分のためだけに日本版買う気なし。
 借りる気なし。テレビで観る気もなし、ということで(オイ)
A MAN OF NO IMPORTANCE
 (邦題『ダブリン・バスのオスカー・ワイルド』『マン・オブ・ノー・インポータンス』)
 1994年作品。若き日のルーファス出演。内容見てすごく観たくなりました。
 日本では、TV放映されることがたまにあるようですが、DVDにはなっていない模様。
 …これも英語字幕付いているか不安だ…。
ZEN
 ルーファス主演のBBCドラマ。日本の局が放映権買ったとの情報もありますが、
 WOWOWだとどうせ見られないし、待ちきれず。
CHARLES II
 ルーファス主演のBBCドラマ。チャールズ2世ね。
 ミステリチャンネルかLaLaあたりでやってくれてもよさそうなもんですが、
 2003年作で未だにやってないってことは入ってこないんでしょうね~。
Shakespeare ReTold(邦題『シェイクスピア21』)
 4つのシェイクスピア劇を現代版にアレンジしたBBCドラマ。
 The Taming of the Shrew(じゃじゃ馬ならし)にルーファスが出演。
 このルーファス、すっごく良さそうで!すっごく観たかった~!
 日本でも、テレビでやったことがあるようですが、次の保証はないので。
 他にMacbeth(マクベス)にマカヴォイくんが出てたりします。
HAMLET
 ここまでルーファス出演作ばっかりで、ケネス版映画だろうと思いきや、
 いとしのケヴィン・クラインの舞台のドラマ化版?です!楽しみ!!!
 しかし、amazon.ukにおいて、HAMLETという題名のDVDが何枚あったことか…
 さすがです。
 ちなみに、英国版DVDですが舞台自体はNY公演ですよ~。
 そういえば、『リチャードを探して』というドキュメンタリー?映画、
 気になってます、観たい。

無事届いた~!よかった。ちなみに、送料込みで単純に割っても
1点1000円しませんでしたよ。しかもドラマモノは全部2枚組だし。
ほんと安いなぁ。

今週中にはきっとamazon.co.jpから、
PAL版が観られるDVDプレイヤーも届くはず
(国内メーカーものなのにすごく安くて、しかも評判いいものらしい)
…でも、電力がアレな感じはまだしばらく続きそうなので、
しばらく観られそうもないかも…。仕方ないことですけどね。

しかし、上記作品をざっと見ても、ルーファスは、ひとつのタイプに
イメージを固定されるの、本当に嫌なんだろうなぁ、と思いますです。
英国では舞台も含め、いろいろ頑張っているのに、ハリウッド映画しか見られないと…
やっぱりルーファスは悪役のイメージ強くなっちゃうよね…。

『ツーリスト』

『ツーリスト』("The Tourist")は
ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの2大スター共演で話題の
主にイタリアはヴェネチアを舞台にしたサスペンスコメディ?

と、いうわけで、3/7に友人を無理に誘ってみてきました。
(いつも付き合ってくれてありがとー!)
もちろん!ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリー目当て…
ではなく、ルーファス・シーウェルとポール・ベタニー目当てです!

私のツボ映画、『ロック・ユー!』("A Knight's Tale")以来の共演で、
プレミア時のこんな画像やあんな画像を見つけてニヤニヤしておりました。

『ロック・ユー!』撮影時は、ヒース(・レジャー)なども含め、
ルーファスとポールはよく飲みに行っていたらしいという逸話もあり、
結構仲いいのかしら(悪くはないハズ)、と嬉しい気分に。

最初はルーファスがどのくらい出てくるかわからないし、
観にいくほどではないかな~と思っていたのですが、
ポールは出番多そうだったので、結局観に行くことにしました。

ルーファス、冒頭からちょこちょこと出てきてくれて嬉しかったです!
(出番自体は少なかったですが…)
個人的ハイライトは、もちろん!ポールとルーファスの会話するシーンでしたよ。
ルーファス、すげー可愛い。このシーンだけのために見る価値有ったっす。
しかーし!デジタル上映でない館で観たので、可愛いルーファスの顔が!
フィルム切り替えマークにちょっと邪魔されました(涙)
デジタル上映の館に行けばよかった…。

とにかく、モブの中から必死でルーファスを探すワタクシ…。
ジョニデさんも可愛かったですが、
ジョニデさんの役をルーファスがやったらどうなるかな~、
とか妄想が止まりませんでした。(結構合うと思うのよね)

ところで、セリフの中の'tourist'を「ツーリスト」って訳してて変な感じ、
と思ったら字幕担当はT田N子先生でした(汗)
「観光客」でいいじゃんねぇ。

ちなみにパンフは主演の二人しか載っていないの困る(?!)ので、
中を確認させてもらってから買いました(汗)

こういう何にも考えないで見られる作品もたまには良いですね!
テレビでやってたら、みてみて損はないかも(オイ)

オフィシャル系か怪しいですが、
明らかに個人がアップってわけでもなさそうなので貼ってみる。
↓ルーファスのインタビューです。
パンフに書いてあったような内容をしゃべっていると思われます。

『ツーリスト』公式サイト