I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2019年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 舞台関連ネタ

CBJ"The Duchess of Malfi"+"Much Ado About Nothing"関連資料

マシュー・マクファディンのプロデビュー作で
アントーニオを演じた舞台"The Duchess of Malfi(マルフィ公爵夫人)"、
そしてベネディックを演じた"Much Ado About Nothing(から騒ぎ)"。

どちらもデクラン・ドネランさん演出のCheek by Jowlのプロダクションですが、
そのCBJのサイトに、以前両プロダクションの感想を書いた時には
まだできていなかったアーカイヴページがいつの間にやらできていて、
上記2作の今までネットで公開されていなかった画像やスクリプト、そしてプログラムが掲載され、
ダウンロードできるようになっています。

The Duchess of Malfi
プロンプトスクリプト、プログラムのPDFファイルがDL可能。
ギャラリーページでマシューアントニオ含むモノクロ/カラーのプロダクションフォトを閲覧+DL可能。

Much Ado About Nothing
リハーサルノート、プロンプトスクリプト、プログラムのPDFファイルがDL可能。
ギャラリーページでマシューベネディック含むモノクロ/カラーのプロダクションフォトを閲覧+DL可能。

…マルフィの時のマシュー、RADA出たての20歳。若い~。
特にProduction Photography (Black and White) 1のトップ画像な、
横顔と言うか、顔があんまり見えていない画像がすごく若い…。

私が観た映像は引きの画面で画質も良くなかったので、細部がよくわからず、
今までマシューアントニオの写真もあまり出ていなかったので、
こんなに画像を出してくれてありがたいです…。
プログラムも、冊子体のものは入手済みですが、やはりあまり引っ張り出してみていると傷んでしまうので、
公式にこういうものをダウンロードできるのはありがたく。
そしてそしてスクリプトも、どこが削除されているのか、
変えられているのかなどがわかってこれもありがたい。

口ひげアントーニオとヒゲなくて髪ボサ気味アントーニオがいるのは時期の違いか、
シーン(家令の時と、結婚後とか?)なのか。

Much Adoの時のマシューは23歳。でもやっぱり若くてカワイイ。
冊子体のプログラム買ったときにも書きましたが、
プログラムの集合写真のマシューがですね…可愛すぎてですね…(聞いてない)

プロンプトスクリプトは、ベネディックが隠れているのをわかっていて
ドン・ペドロとクラウディオが喋っているシーンでベネディックが隠れている場所が
プロダクションフォトと違い、私が映像で見たものと同じな感じ。

これらの資料を手元に置いて、また両作品の映像を見たいな、と思ってしまったのでした…。

以前の感想はこちら。
"The Duchess of Malfi" at Wyndhams Theatre(1996)
"Much Ado About Nothing" at The Playhouse Theatre (1998)

にしても、こういうの公開してくれるのは本当にありがたいです…。

そう言えば、数年前に研究者?の方がマシューにCBJの舞台の話を聞いたとか言っていた気がするのですが、
それはどこかで何かしらの形で公開されたのかどうなのか…。

そして、マシューの次の舞台のお仕事はどうなっているのか…。
というか、舞台でなくても次のお仕事はどうなっているのか…。

iOSアプリ"National Theatre Shakespeare"

National Theatreがシェイクスピア没後400年の企画として、
NTで上演されたシェイクスピア作品の全プロダクションの
アーカイヴ資料の一部を収録したiOS向けのアプリの配信を開始しました。

その名も"National Theatre Shakespeare"。

NTで上演されたシェイクスピア作品、といえば、このブログ的には
2005年に上演された、ニコラス・ハイトナー演出の「ヘンリー四世」第一部、第二部。
マシュー・マクファディンがハル王子を演じたプロダクションです。

もちろん、このプロダクションの資料も収録。
内容は、リハーサルフォトとプロダクションフォトの一部。
メイキング本(?)や、フォトグラファーさんのサイトで見られるものも多いですが、
ウォーターマーク無し、カラーで比較的高解像度で(しかも無料で!)
見られるという有難いことになっています。

他にも、とにかく、色々と豪華すぎる数々のプロダクションの、
物によっては、衣装デザインや、セットデザインなどなど貴重な資料を見ることが出来ます。

こちらからインストール可能


iPadだけでなく、iPhoneなどでも見られるようですので、該当の機種をお持ちの方はぜひ。

NT Archiveといえば、私のようなタダのミーハーにも貴重な資料を見せてくださり、
本当に頭がさがるというか、いろいろと考えさられるのですが、
今回もまた、研究用の資料の扱いやアーカイヴのあり方やそんなことを考えさせられました。

そして、もちろん、また動いて喋るハル王子に会いに行きたくもなりました…。
(ミーハーすぎてスミマセン)
NT Archiveで最初に観た時の感想記事はこちら

以前アーカイヴで読ませていただいた資料の面白かったあれこれも、
いずれここに書きたいなと思っております。

と、いうか、マシューの舞台観たいよう…つーか、
もう映像でもいいからなんかお仕事情報…。

"Jeeves & Wooster in Perfect Nonsense"2代目コンビ+ハドフィールドさん降板と再延長!

去る2014年6月28日、ロンドンのDuke of York's Theatreで上演されている
"Jeeves & Wooster in Perfect Nonsense"の2代目キャスト
マーク・ヒープさん(ジーヴス)とロバート・ウェブさん(バーティ)そして、
オリジナルキャストであるマーク・ハドフィールドさん(セッピングス)のラスト公演が行われました。

↓4月23日の公演のカテコダンスのお三方。



ヒープさんとウェブさん、お疲れ様!はもちろんですが、
ハドフィールドさんはプレ公演から出演されていて、
オリジナルキャストであるマシュー・マクファディン(ジーヴス)、
スティーブン・マンガンさん(バーティ)とともに舞台を作り上げた方。
(プレ公演からいろいろ試して手直ししつつ今の形にしていったようです…!)

彼のセッピングスは本当に素晴らしくて、舞台の「肝」であるとも感じていたので
ものすごく感慨深いです…。本当にお疲れ様です…(直接お伝えしたかった…)。


ウェブさんはしばらくしたらAmbassadors S2の撮影があったりするんでしょうかね。
S1に続きまたマシューがゲスト出演するかも?とのことでこちらも楽しみです。
Ambassadors S1DVDはマシューの誕生日、10月17日に発売予定とのこと)

6月30日からは、3代目のジーヴスとバーティ、そして、2代目のセッピングスが。
ジーヴスを演じるのはジョン・ゴードン・シンクレアさん、バーティはジェームズ・ランスさん。

そして2代目のセッピングスは、この作品の脚本家でもあるロバート・グッデイルさん!
実は最初に観た2014年1月3日の公演でハドフィールドさんが出られなかったピンチヒッターとして
グッデイルさんのセッピングスを見ていて、ハドフィールドさん降板の方を知った時に、
(ロバートさんはマシュー、マンガンさんとはRSCの「悪口学校」でも共演されていることもあって?!)
「ロバートさんがやればいいじゃん!」とか言っていたら本当になってビックリやら嬉しいやら。

それにしても主演二人が交代した後もハドフィールドさんが続投、
今度はロバートさんが演じられるということは
やっぱりセッピングスが一番難しい役なのかなあ、と思います。

実は9月にこのキャストで見られそうなので楽しみにしているところです~!

そしてそして!ツアーとは別に、DOYでの公演がまた延長されるとの嬉しい発表が!

最初の延長の時は9月20日までのWE公演+10月から12月までツアー、とのことだったのですが、
DOYでの公演が2015年1月17日までに延長!とのことです。
上記キャストで9月30日まで、そして彼らがツアーに出た後、
10月から新キャストで、キャスト発表はまた追ってお知らせ、とのことです。

実は何日か前にジーヴスのキャストに関するアンケートに答えたのですが、
これがあるからだったんだ~と納得。

もちろん気持ち悪いくらいにオリジナルキャストゴリ押ししましたけど、
さすがに再集結!なんてことはないんでしょうね~(汗)
マシューは"A Miracle"の撮影が無くなればその時期予定あきそうだけど…どうなんだろ…。
"Epic"改め"Welcome to Karastan"は公開がどうなっちゃってるのか不明すぎて、
その状況で次撮れるのかなとか思っているのですが…。

ちなみに、オリジナルキャスト公演のDVD発売か、それが無理でも
ビデオレコーディングがどこかのアーカイヴに入らないか問い合わせたら
「残念ながら録画自体してません」との返信を頂きました…(涙)

もうマシューの手からはすっかり離れてしまった感がありますが
本当に面白いお芝居なので、そしてオリジナルキャストの名前って残るので
どんどん延長してロングランになって定番作品になって欲しいです~。



ちなみに蛇足ですが、今週末くらいから日本でやる"舞台版ジーヴス"「天才執事ジーヴス」
は"By Jeeves"というミュージカルで、この"Perfect Nonsense"とは全く別物です~。
(わかってるよ!って感じだと思いますが、一応…)

マシュー・マクファディンCBJ+NT過去出演作4作のプログラム

マシュー・マクファディンがチャールズ・サーフェスを演じる
RSCの"The School for Scandal(悪口学校)"のプログラムに続き、
別の個人経営のサイトなどから、別の過去舞台作品のプログラムをお取り寄せしてみました♪

matthewprogrammes.jpg

今回はやはり4月の旅時、V&Aアーカイヴでビデオレコーディングを観た
マシューのプロデビュー作、CBJの"The Duchess of Malfi (マルフィ公爵夫人)"(1995)、
同じくCBJの"Much Ado About Nothing (空騒ぎ)"(1998)、
昨年2月にNTアーカイヴでビデオレコーディングを観た
NTの"Henry IV (ヘンリー四世)"第一部+第二部(2005)
それから、おそらくビデオレコーディング見られるうちで唯一まだ観られていない
NTの"Battle Royal"(1999)を。

Much Ado以外はすべて一つのサイトさん(お一人の方)から購入。

CBJ "The Duchess of Malfi (マルフィ公爵夫人)"(1995)
マシューのプロデビュー作(アントニオ役)。

表紙はこんな感じ。
matthewmalfi01.jpg

中は一色刷りだけど、なかなか写真が良いです♪
matthewmalfi02.jpg
20歳のマシュー♪
ビデオレコーディングで観たアントニオマシューは短髪でヒゲ無しだったから
これより若く見えましたが(笑)

この髪とかヒゲとかってもしかして"Wuthering Heights(嵐が丘)"のヘアトン仕様??
嵐が丘は放映が1998年のハズだけど、もしかしたら撮影は意外と早かったのでしょうかね??
でもさすがにそれはないか…RADAでやった最後の舞台仕様とかかな…よくわからん…。
でも好き…。(結局そこ)

しかもメガネ!!!
右は公爵夫人役のアナスタシア・ヒルさん。
matthewmalfi03.jpg

キャスト+クリエイティブの集合写真♪
matthewmalfi04.jpg
マシュー、ファーディナンド役のスコット・ハンディさんの肩に手を置いててかわいい♪


CBJ "Much Ado About Nothing (空騒ぎ)"(1998)
マシューはベネディックを演じました♪
スティーブン・マンガンさんもドン・ペドロ役で共演!

表紙はこんな感じ。
matthewmuchado01.jpg
このころのCBJは大体こんなデザインだったのでしょうか??
サイズも作りも「マルフィ公爵夫人」とほぼ一緒。

左がマンガンさんで、右はクローディオ役で
マシューとRADA同期(年齢はひとつ上)、Bohdan Porajさん!
matthewmuchado02stephenbo.jpg

23歳のマシュー♪かわいい!
劇中の口ヒゲベネディックと同一人物とは思えません(笑)
matthewmuchado03.jpg

一番左がマンガンさん、一番右がPorajさん。
matthewmuchado04stephenbo.jpg

これは冒頭シーンの稽古かな??
matthewmuchado05.jpg
一番左がマンガンさん、左から二番目(奥の方)がPorajさん。
マシューも走ってますね!

キャスト+クリエイティブの集合写真♪
matthewmuchado06.jpg
このマシューが…!!!!!!
まるで修学旅行の集合写真にうつる素人の高校生(下手したら中学生)みたいで!!!かわいすぎる!!!
マンガンさんはヒゲ生やしてるってことは、ベネディックの髭はつけひげ??


NT "Battle Royal"(1999)
次回渡英の際にはビデオレコーディング観ます!
結構いろんな方が出てるし、マシューの出番の程はわからないけど
マシューを褒めてる評もあったので楽しみです♪

表紙はこんな感じ
matthewbattleroyal01.jpg

24歳のマシュー♪
matthewbattleroyal02.jpg
載ってた写真はこれだけだけどかわいい♪


NT "Henry IV (ヘンリー四世)"第一部+第二部(2005)
マシューはハル王子(ヘンリー五世)役。

プログラムと、このシーズンのNTの広告冊子2種も。
matthewhenryiv01.jpg

30歳のマシュー♪
このマシューの写真好きすぎて、オンデマポスター(高い)買うか迷い中。。。
matthewhenryiv02.jpg

メイキング本にも載ってた写真でしょうかね???
matthewhenryiv03.jpg

上段、演出でNT芸術監督のニコラス・ハイトナーさん、
フォルスタッフ役のマイケル・ガンボンさん。
下段ハル王子の弟、ジョン・オブ・ランカスター役の
サミュエル・ラウキンさんとマシューの後ろ姿♪
matthewhenryiv04.jpg
わかりづらいですがマシュー、メガネ…!!!!

メガネマシューとガンボンさん、いい写真♪
matthewhenryiv05.jpg

プログラムに観劇時に貰えるリーフレットと
当時の劇評記事が二つ挟まっていて有難すぎます!
matthewhenryiv06.jpg
記事は当時一番良く書いてあったものと一番辛口だったもの…かな、とか勝手に思ってます(笑)
ハル王子がかわいいから何でも良しですが(こら)

と、いうわけであとマシューのは日本版は手に入れたけど
RSCの"A Midsummer Night's Dream (夏の夜の夢)"(1996)
それからロイヤル・コートの"The Pain and the Itch"(2007)
と"Private Lives"(2010)のを捜し中ですが、画像すら見つからず…。
うううん…。

ジョセフ・ミルソンさんとルーファス・シーウェルのもいくつか買ったのでそのうち。
ローリー・キニアさんのも入手できるといいな~、とか…
紙資料大好きなので、プログラム、たまりません…。

RSC"School for Scandal(悪口学校)"(1998)のプログラム

と、いうわけで(?)今回V&A Archiveで観た
マシュー・マクファディンがチャールズ・サーフェスを演じる
RSCの"School for Scandal(悪口学校)"がツボにハマりまくって
ちょっと調べていたら、中古のプログラムを扱っている
個人経営のサイト(多分)に在庫があったのでお取り寄せしてみました♪

プログラムの値段は普通だったのですが、
「郵便局に問い合わせたら日本までの送料バカ高なんだけど…」
と先方に言われ…、(書留的なものだったのもあり)確かに高かったんですが、お願いします、と。

マシューの写真は、多分観たことあるあれだけ載ってる感じかな?と思いましたが、
とにかくプロダクション自体(と言うか、まあ、マシューチャールズとマンガンさんサー・ベンジャミン)
がすごく気に入ったのと、ロバート・グッデイルさんも出てらっしゃるし、
今回の"Jeeves & Wooster in Perfect Nonsense"オリジナルキャストラスト公演の時に観られたり、
ちょっとだけマシューとこれについての話もできた記念、というのもあって。

で、届きました!

表紙はこんな感じ、表紙も中も一色刷り…もう少しお金かけてくれてもいいのに(笑)
schoolforscandal.jpg

写真が載っているページはこの見開きのリハ風景のみ。
schoolforscandalphotos1.jpg

そしてマシューは予想通り、見たことある一枚だけ。
マンガンさんの方が沢山載ってました…(笑)
schoolforscandalphotos2.jpg
中央あたりのベスト着て正座してるかわいいのがマシュー♪
で、黒いシャツを着ているのがマンガンさん♪

キャスト紹介も写真なしで、グローブ座のプログラムを思い出す…(笑)
schoolforscandalcast.jpg
中央下部にマシュー、まだ出演作品が少なくて紹介が短い。
でもこうしてみると、"Holding the Baby"以外はけっこう良い役が多いと思います♪
そして、右上の方がマンガンさん。
で左の方にジーヴス脚本のロバート・グッデイルさん。

ロバートさんの舞台出演作筆頭に"Right Ho, Jeeves"とあるではありませんか!

わああああ、ここでもこんなつながりが…!!!!!!
と嬉しくなってしまいました~!!!

と、いうわけでチャールズかわいいよかわいいよまた観に行くよ…。

正直今「燃え尽き症候群」気味で(アホ)
舞台観にロンドン行くぞ~!って気分が盛り上がらないのですが
(ジョセフさんのせいでもあるよ!←)

チャールズほか、過去舞台の映像アーカイヴに観に行きたい気は満々なので、
そのうちまた行きます、ロンドン。
そしてまたその時には何か生の舞台も観られたらな~と思っています♪