I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ その他

マシュー・マクファディン43歳の誕生日~42歳のマシューを勝手に振り返る~

2017年10月17日はマシュー・マクファディン43歳の誕生日。

「リッパー・ストリート」の撮影終了後、ややゆっくりとした印象の有った41歳のときと比べ、
42歳のマシューは多めに映像の仕事をこなしたようです。

おそらく一番撮影が早かったのが「くるみ割り人形」をディズニーが実写映画化した
"The Nutcracker and the Four Realms"(もしかしたら41歳の時にに撮影していたかも)。

アメリカ公開予定日が2018年11月ということで、
ほとんど情報が出ていないのでマシューの出演時間などは不明。
役柄(Mr. Stahlbaumということで、多分主人公クララのお父さん)からして、
ほとんど出番が無いのではないかなと思っているのですが…
ディズニー作品なので、日本公開はほぼ間違いないでしょうし、意外と出番があるといいなぁ、と…。

次にタイトル通り電流戦争を題材にした映画"The Current War"

マシューは直流派のエジソンの会社に出資し、その後交流派に乗り換えた(?)投資家、
ジョン・ピアモント・モルガンを演じ、9月に出たトレーラーでも姿を確認(1分6秒あたり)。



こちらも出番はどの程度か…と思いつつも日本公開が期待できるかと思っているのですが…。

ここに来て、プロデューサーの一人のアレコレが明るみに出て業界が大騒ぎになっていたり、
ワールドプレミアだったトロント国際映画祭での評価が芳しくなかったということで再編集したりで
2017年11月24日からの予定だったアメリカでの公開を2018年に延期
(全国公開は元々来年1月29日だった)する、という話があり、
その他の国での公開時期や、公開そのものもどうなってしまうのやら…。

そんなわけで作品にミソがついてしまった感がありますし、
トレーラーを見る限り、あまり期待しすぎない程度にした方がいいな…というところはありますが、
電流戦争周辺やモルガンさんに関する本をなんとなく読んでいるところで、それはとても楽しいので、
マシューの作品選びに感謝したいところは変わらず、ということで(?)

とにかく無事に米英にて公開して、日本でも劇場公開してくれると良いのですが。
そして、願わくばマシューモルガンの出番が長めでマシューの良さを活かした役柄でありますように。

続いて、BBC One+Starzドラマ"Howards End"

E.M.フォースターの同名小説を原作にしたもので、
マシューは「男主人公」の実業家、ヘンリー・ウィルコックスを演じました。

「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」、"Any Human Heart"に続き、3度目の共演となる
主人公マーガレット・シュレーゲル役ヘイリー・アトウェルさんの
インスタグラムへの投稿のコメントによれば、BBC Oneでの放送は11月12日からとのことです。

…ヘイリーさんの後ろにマシューもいます(笑)



が、今のところBBCなどからの公式発表が見当たらず、
番組独自のトレーラーも出ていないのでどうなっているのか…。

BBC Oneのドラマを色々集めたトレーラーには出ていますがもう少し…。



こちらもヘイリーさんのインスタグラム投稿より。




ヘンリーかっこ良すぎる…ヘンリーがこんなにかっこよくていいのか疑惑はありますが、
マーガレットが惹かれる要素が何処かにあるんだからまあ良いんだ、良いんだ…。

11月1日のBFIのイベントにて、1話のプレビュー?とQ&Aイベントが有るようですが、
出席予定者のところにマシューの名前はなく、ちょっと残念。

この作品、有名な映画版があるので、やっぱり正当には評価されないかなぁと勝手に思っていますが、
とにかく、マシューがヘンリーをどう演じているのかが楽しみです。

最後にHBOドラマ"Succession"

世界的なメディア企業を題材にした作品で、マシューは会社の重役で、
会社のオーナー(主人公?)の娘の婚約者であるトムを演じました。
と言いますか、9月から撮影という話だったのでまだ撮影中?

まずパイロット版だけが作られ、その後全10話でシリーズ化にGOが出た作品ですが、
パイロット版をそのまま流すとなると、マシューというか、トムの体型が
結構変わってしまうと思う(今のほうがだいぶ痩せている)のですが、撮り直しているのでしょうか。

資本もアメリカ、撮影地もアメリカ、舞台もアメリカという
ここまで純粋なアメリカの作品にマシューが出演するのは初めてでは?
ということで、どうして出演することになったのかというあたりでも気になる作品です。

こちらも出番がどのくらいあるのかを始め、詳しいことは何もわからないので、
情報が出るのを待ちたいと思います。

というわけで振り返ってみると、演じた役はどれもお金持ちという共通点はありますが、
作品の方向性や、役柄自体はどれも違う感じになるのかなと思いますので、
これらでの演技をこの目で観ることができる日を楽しみにしています。

43歳初のお仕事は、もしもまだ撮影中なら"Succession"のトム、ということになるのでしょうか。
それ以降のお仕事については全く公表されていないので、
今後またどんなものを選んで見せてくれるのか、やきもきしながら情報を待ちたいと思います。
…そろそろ本当に舞台に立ってくれることを大いに期待しつつ…。

そんなわけで、43歳のお誕生日、おめでとう、マシュー!

マシュー・マクファディンショーリール+音声サンプルatエージェンシーサイト

マシュー・マクファディンが契約しているエージェンシー、Hamilton Hodellのサイトが
2017年6月ごろにリニューアルされ、マシューのページも間違っていたところが直っていたり
(エージェンシーのサイトでクライアントの出演作や役名が間違っているのはいかがなものかと思いますが…)
写真が多分Spooksの頃から使ってるだろうもの(大好きです、しかも違和感ないし)の他、
Hunger Magazineのときのものが加わったりしていたりですが、
ショーリールの動画も見られるようになっていることに今更気づきました。

もちろん、他の俳優さんは前から有ったりしたのですが、
クライアントの希望か、マシューの紹介はやる気を感じずにリニューアル前はなかったのですよね…。

というわけで、下のページの「View Showreel」をクリックすると観られます。

Matthew Macfadyen - HAMILTON HODELL

動画の長さは8分27秒、
「アンナ・カレーニナ」、「リッパー・ストリート」S1、「フロスト×ニクソン」、
"Criminal Justice II"、「プライドと偏見」の一部が観られます。

"Criminal Justice II"は、私が大好き(というと語弊があるか)な、
バスルームチェックチェック、のシーンが入っていてちょっと嬉しい…。

他にもアレとかこれとかあるでしょう!!!という感じはありますが、
大人の事情も色々あると思うので、贅沢は言いませんよ…。
(つーかあんた映像作品全部持ってるでしょというツッコミは…!)

ちなみに、クライアントのプロモーションという、サイトや動画の性質上か、簡単にDLもできます…(小声)

それと、マシューは声のエージェンシーは別で、
以前も前のエージェンシーから替わった時にちょっとここでも書きましたが、
Loud and Clear Voicesと契約しています。

こちらでは、CMやドキュメンタリーのナレーションの音声のサンプルを
聴いたりDLしたりすることができます。

Matthew Macfadyen - LOUD AND CLEAR VOICES

マシューの顔写真の下の↓みたいなDLボタンを押すと、
全てのサンプル音声ファイルが入ったzipファイルをDL可能。

フェラーリのショートバージョンがむちゃくちゃかっこいいですよ…。
全部かっこいいですけどね…。

マシュー・マクファディン+キーリー・ホウズ夫妻 at BPG TV Awards 2017

2017年3月17日にBroadcasting Press Guild TV Awards 2017が開催され、
女優賞を受賞したキーリー・ホウズの同伴者として
彼女の夫であるマシュー・マクファディンも出席をしたようです。

まずはGettyさんに上がっていた画像


またしても何ヶ月ぶりかのマシュー。
はあ、かっこいいですね…。
キーリーありがとう…。



相変わらずヒゲですね。
以前と比べると髪が少し伸びているので、まるでリードを演じる前の準備期間のよう…
だけどもうそんなことはないわけで。

"The Current War"のモルガンも"Howards End"のヘンリーも
ヒゲ(と言っても口ひげ?)姿かと思いますし、
どちらかの撮影に向けて?("The Current War"は撮影終わったかな)

"Succession"のトムはどんな感じなのか、
とにかく演技している姿を見たいですね…。

この日の出席者の方(テレビ関係の記者さんとか諸々やってらっしゃる方?)が
Twitterに上げてくださっていた画像。



もいっちょ。



アワードの公式サイトに、
別角度からとった写真が載っていました。


なんかマシューの顔が無防備な感じすぎて可愛い…。

ちなみにキーリーは"Line of Duty"、"The Durrells"、"The Missing" の三作品での役での受賞のようです。
どれも面白そうで、観てみたいと思いつつ、全然観られていないという…。
たしか"Line~"はどっかの動画サイトで日本に入ってきていたような。。。
あと、"The Missing"はwowowでやっていた(る?)そうですが、加入していない上に、
吹き替え(二ヶ国語)放送だけっぽいので…うーむ。という感じです。

夫婦で興味深い仕事してますね。
もちろん個人的には旦那のほうがより、という感じですが、
こちらは賞にはさっぱり絡まず。

まぁ、賞に絡まなくたって魅力的な俳優なことに変わりはないですし、
マシュー自身も、自分が受賞するよりキーリーが受賞しているの見てる方が嬉しそうなので、
まあ良いですかね…(?)

とにかく!新しいお仕事が早くみたいです!

マシュー・マクファディン42歳の誕生日+BFIロンドン映画祭2016でのマシュー画像など

2016年10月17日はマシュー・マクファディン42歳の誕生日。

41歳のマシューは、彼のキャリア史上最も長い付き合いとなった
リードを演じ終え、その後はプロデビューから20年、ほぼノンストップで働き続けてきたこともあってか、
「リッパー・ストリート」シーズン4、シーズン5(ファイナルシーズン)以外は、
"Revolution – New Art for a New World"や、CM等の声のお仕事のみと
ややゆったりとした1年となりました。

「リッパー・ストリート」シーズン5
(ほんと全てがネタバレすぎてこの画像しか出せず…S4日本放送終わったらまたこちらに載せます)



"Revolution: New Art for a New World"トレーラー

※マシューの声などは出てきません

その後、最近になって俳優としてのこれからのお仕事情報はチラホラ聞こえ始めましたが、
先日、久々に本人が公的な場に姿を見せてくれたとのDarcyliciousさん情報。

2016年10月15日に行われたBFI London Film Festivalに出席したようです。
公的な場に姿を見せるのは、おそらく7月6日のウィンブルドン観戦以来…?実に3ヶ月ぶり。

Gettyさんに画像が出ていました。

…かっこよすぎでねーですか…。

なんすかもうこれ…。


ほんとになんですかこのイケメン…


傘さしてるの見るの実は初めてかも…?すごい雨で外で待ってたであろう一般のお客さんは残念でしたね…。


笑顔の写真も♪


屋内での写真も。

あんまりマシューっぽくなくて誰かっぽいんだけど誰だろう(知らん)
…多分広角レンズで撮ってるから頭の大きさが(以下略)

Zimbioさんにも出ていたるとのことですが、Gettyさんと同じ写真なので省略。
他にも探せばもっと出てきそうな気もしますが。

このヒゲ…もう、リード役をやることはないので、
モミアゲのカモフラージュではおそらく無い、ということは、
何か髭の生えた役をやるための準備か、現在撮影中ということでしょうか。
"Succession"かな…うーむ。

しかし、個人的に短髪+ヒゲ本当に好みすぎるので
マシュー史上いま最高にかっこいい気がしまする…。

で、マシューは、本年のサザーランド杯(Sutherland Trophy=新人監督賞のようなもの?)
の審査員の一人だったようです。

映画祭公式ツイッターアカウントがアップした短い動画も。
Sutherland Award Juror Matthew Macfadyen reflects on the films included in the First Feature Competition at LEF this year



…3ヶ月ぶりの動いて喋るマシュー(感涙)

いや、でもこういうのももちろん大事だけれども、
審査される方の作品に役者として出てほしいなぁという方がやっぱり本音ですよね…うん…。

今のところ42歳になってからのお仕事情報は
HBOドラマの"Succession"(パイロット)と、
ディズニー映画"The Nutcracker and the Four Realms"(撮影が42歳のうちか不明)という、
なんとも不確かなもののみですが、
個人的には、またイギリス国内、もしくはヨーロッパでのドラマや映画、
そして何よりロンドンでの舞台!の情報を首をなが~くしてお待ちしております。

そんなわけで、42歳のお誕生日、おめでとう、マシュー!

マクファディン夫妻atウィンブルドン2016 Day9

マシュー・マクファディンとキーリー・ホウズ夫妻が
2016年7月6日、テニスの全英オープン(ウィンブルドン)大会9日目、
ロジャー・フェデラー対マリン・チリッチ、
ジョー=ウィルフリード・ツォンガ対アンディ・マレーを観戦したようです。

ロジャーファンの私としては、もう今年のウィンブルドンは終了しているのですが(こら)
ロジャーの一応勝ち試合を見られたという意味では羨ましい。
というか、ロジャーの試合を生で観たい…けど、
多分私にはもうその機会はないかな…とか。

夫妻以外にももちろんたくさん色んな方々が来ていたようですし、
テレビでも写ったりしていたようですが、
WOWOW入れないびんぼー人の私は全く知りませんでしたよね。
(ほんの数年前までえねーちけーBSさんでかなりの試合数放映していたのにな~)

画像もいくつか出ていましたとのことで。

まず、貼り付けできるということで、Gettyさんの。
マシューとスタンリー・トゥッチさん、フェリシティ・ブラントさんご夫妻


キーリーはもちろんマシューの隣りにいます。


あとは貼り付けられない感じなので、画像掲載ページにリンクを。

マクファディン夫妻 - PAimages

お隣さんと挨拶するキーリーを見守る?マシュー - PAimages
 完全にマシューがオマケ扱い(名前がキャプションにない)だけどカワイイから許す

キーリーのこと大好き(?)なDailyMailに上の写真の大きめのが。(ページ真ん中よりちょい上くらい)
やっぱり完全にマシューはオマケか

他にも、あるとこには画像ありそうな感じですが、
とりあえずこのくらいで。。。

…個人的には、チケット入手がものすごく困難で本当に好きな人がなかなか見られない中、
有名人がロイヤルボックスで、中には興味なさそうにして
見ているという図があんまり好きじゃないんですが…。

それに、こういうことろに姿を見せるより、
早く役者としての仕事見せてくれ~!というのが本音…。

まあ、マシューは自分でテニスやってたみたいだし、
全く興味ないわけではないだろうからまあ良いかな
(でも多分呼ばれたのはキーリーの方なのかなという気もする)
と、髪型が短めでかっこいいマシューの姿が見られた、ということで。