I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ その他

マシュー・マクファディン+キーリー・ホウズ夫妻 at BPG TV Awards 2017

2017年3月17日にBroadcasting Press Guild TV Awards 2017が開催され、
女優賞を受賞したキーリー・ホウズの同伴者として
彼女の夫であるマシュー・マクファディンも出席をしたようです。

まずはGettyさんに上がっていた画像


またしても何ヶ月ぶりかのマシュー。
はあ、かっこいいですね…。
キーリーありがとう…。



相変わらずヒゲですね。
以前と比べると髪が少し伸びているので、まるでリードを演じる前の準備期間のよう…
だけどもうそんなことはないわけで。

"The Current War"のモルガンも"Howards End"のヘンリーも
ヒゲ(と言っても口ひげ?)姿かと思いますし、
どちらかの撮影に向けて?("The Current War"は撮影終わったかな)

"Succession"のトムはどんな感じなのか、
とにかく演技している姿を見たいですね…。

この日の出席者の方(テレビ関係の記者さんとか諸々やってらっしゃる方?)が
Twitterに上げてくださっていた画像。



もいっちょ。



アワードの公式サイトに、
別角度からとった写真が載っていました。


なんかマシューの顔が無防備な感じすぎて可愛い…。

ちなみにキーリーは"Line of Duty"、"The Durrells"、"The Missing" の三作品での役での受賞のようです。
どれも面白そうで、観てみたいと思いつつ、全然観られていないという…。
たしか"Line~"はどっかの動画サイトで日本に入ってきていたような。。。
あと、"The Missing"はwowowでやっていた(る?)そうですが、加入していない上に、
吹き替え(二ヶ国語)放送だけっぽいので…うーむ。という感じです。

夫婦で興味深い仕事してますね。
もちろん個人的には旦那のほうがより、という感じですが、
こちらは賞にはさっぱり絡まず。

まぁ、賞に絡まなくたって魅力的な俳優なことに変わりはないですし、
マシュー自身も、自分が受賞するよりキーリーが受賞しているの見てる方が嬉しそうなので、
まあ良いですかね…(?)

とにかく!新しいお仕事が早くみたいです!

マシュー・マクファディン42歳の誕生日+BFIロンドン映画祭2016でのマシュー画像など

2016年10月17日はマシュー・マクファディン42歳の誕生日。

41歳のマシューは、彼のキャリア史上最も長い付き合いとなった
リードを演じ終え、その後はプロデビューから20年、ほぼノンストップで働き続けてきたこともあってか、
「リッパー・ストリート」シーズン4、シーズン5(ファイナルシーズン)以外は、
"Revolution – New Art for a New World"や、CM等の声のお仕事のみと
ややゆったりとした1年となりました。

「リッパー・ストリート」シーズン5
(ほんと全てがネタバレすぎてこの画像しか出せず…S4日本放送終わったらまたこちらに載せます)



"Revolution: New Art for a New World"トレーラー

※マシューの声などは出てきません

その後、最近になって俳優としてのこれからのお仕事情報はチラホラ聞こえ始めましたが、
先日、久々に本人が公的な場に姿を見せてくれたとのDarcyliciousさん情報。

2016年10月15日に行われたBFI London Film Festivalに出席したようです。
公的な場に姿を見せるのは、おそらく7月6日のウィンブルドン観戦以来…?実に3ヶ月ぶり。

Gettyさんに画像が出ていました。

…かっこよすぎでねーですか…。

なんすかもうこれ…。


ほんとになんですかこのイケメン…


傘さしてるの見るの実は初めてかも…?すごい雨で外で待ってたであろう一般のお客さんは残念でしたね…。


笑顔の写真も♪


屋内での写真も。

あんまりマシューっぽくなくて誰かっぽいんだけど誰だろう(知らん)
…多分広角レンズで撮ってるから頭の大きさが(以下略)

Zimbioさんにも出ていたるとのことですが、Gettyさんと同じ写真なので省略。
他にも探せばもっと出てきそうな気もしますが。

このヒゲ…もう、リード役をやることはないので、
モミアゲのカモフラージュではおそらく無い、ということは、
何か髭の生えた役をやるための準備か、現在撮影中ということでしょうか。
"Succession"かな…うーむ。

しかし、個人的に短髪+ヒゲ本当に好みすぎるので
マシュー史上いま最高にかっこいい気がしまする…。

で、マシューは、本年のサザーランド杯(Sutherland Trophy=新人監督賞のようなもの?)
の審査員の一人だったようです。

映画祭公式ツイッターアカウントがアップした短い動画も。
Sutherland Award Juror Matthew Macfadyen reflects on the films included in the First Feature Competition at LEF this year



…3ヶ月ぶりの動いて喋るマシュー(感涙)

いや、でもこういうのももちろん大事だけれども、
審査される方の作品に役者として出てほしいなぁという方がやっぱり本音ですよね…うん…。

今のところ42歳になってからのお仕事情報は
HBOドラマの"Succession"(パイロット)と、
ディズニー映画"The Nutcracker and the Four Realms"(撮影が42歳のうちか不明)という、
なんとも不確かなもののみですが、
個人的には、またイギリス国内、もしくはヨーロッパでのドラマや映画、
そして何よりロンドンでの舞台!の情報を首をなが~くしてお待ちしております。

そんなわけで、42歳のお誕生日、おめでとう、マシュー!

マクファディン夫妻atウィンブルドン2016 Day9

マシュー・マクファディンとキーリー・ホウズ夫妻が
2016年7月6日、テニスの全英オープン(ウィンブルドン)大会9日目、
ロジャー・フェデラー対マリン・チリッチ、
ジョー=ウィルフリード・ツォンガ対アンディ・マレーを観戦したようです。

ロジャーファンの私としては、もう今年のウィンブルドンは終了しているのですが(こら)
ロジャーの一応勝ち試合を見られたという意味では羨ましい。
というか、ロジャーの試合を生で観たい…けど、
多分私にはもうその機会はないかな…とか。

夫妻以外にももちろんたくさん色んな方々が来ていたようですし、
テレビでも写ったりしていたようですが、
WOWOW入れないびんぼー人の私は全く知りませんでしたよね。
(ほんの数年前までえねーちけーBSさんでかなりの試合数放映していたのにな~)

画像もいくつか出ていましたとのことで。

まず、貼り付けできるということで、Gettyさんの。
マシューとスタンリー・トゥッチさん、フェリシティ・ブラントさんご夫妻


キーリーはもちろんマシューの隣りにいます。


あとは貼り付けられない感じなので、画像掲載ページにリンクを。

マクファディン夫妻 - PAimages

お隣さんと挨拶するキーリーを見守る?マシュー - PAimages
 完全にマシューがオマケ扱い(名前がキャプションにない)だけどカワイイから許す

キーリーのこと大好き(?)なDailyMailに上の写真の大きめのが。(ページ真ん中よりちょい上くらい)
やっぱり完全にマシューはオマケか

他にも、あるとこには画像ありそうな感じですが、
とりあえずこのくらいで。。。

…個人的には、チケット入手がものすごく困難で本当に好きな人がなかなか見られない中、
有名人がロイヤルボックスで、中には興味なさそうにして
見ているという図があんまり好きじゃないんですが…。

それに、こういうことろに姿を見せるより、
早く役者としての仕事見せてくれ~!というのが本音…。

まあ、マシューは自分でテニスやってたみたいだし、
全く興味ないわけではないだろうからまあ良いかな
(でも多分呼ばれたのはキーリーの方なのかなという気もする)
と、髪型が短めでかっこいいマシューの姿が見られた、ということで。

マシュー・マクファディン41歳の誕生日~40歳のマシューを勝手に振り返る~

2015年10月17日はマシュー・マクファディン41歳の誕生日。

40歳の誕生日に30代のお仕事を勝手に振り返ってからもう1年も経つのか、と
その時の流れの速さにびっくりしたりしています(←ただ単に管理人のトシの問題)。

プロデビュー20週年を記念してデビュー作から振り返るもこのままでは
何も出来ずに終わりそうですが…。

そんな、一年間なにも出来ずにいた管理人とは違い、
マシューは色々な役に挑戦してきました。

まずは、おそらく40歳になった時に撮影真っ最中だったであろう
"The Enfield Haunting"

1977年のイギリスで実際に起きたポルター・ガイスト事件を題材にしたドラマ。
マシューは"This House is Haunted : The Investigation of the Enfield Poltergeist"を書いた
ガイ・ライオン・プレイフェア(Guy Lyon Playfair)を演じました。

UKではDVDが2015年10月19日に発売予定です。
The Enfield Haunting [DVD]

DVD版はレビューの点があまり良くない
(個人的にこういうのは作品自体だけにするものじゃないと思っているので発売前にというのはどうかと)
ですが、VOD版はそこそこ。

私の周りで観た方も、「ホラーエンターテイメントじゃない堅実なドラマ」、とのことで
好意的な感想を持たれたという印象を受けるとともに、
超常現象を扱った作品にマシューが出演することに最初は少し驚きましたが、
やはりマシューらしい仕事選びだったのかなと思っています。

ちなみにレビューで事実と全然違うと書いている方がいますが、
マシュー自身も彼が演じたガイと違って、
本物のプレイフェアさんはもっと素敵な人だというようなことを言っていました。

で、丁度昨日あたりにアメリカでの放送があったとのことで、
キャスト紹介などの動画が配信されていますが、
今後そのうち感想記事で紹介するとして今回は一つだけ。
ガイのシーンも結構有ります。

The Enfield Haunting: Meet the Cast | A&E


そして、今丁度BBC Americaで放送中、10月22日からBBC Twoでの放送が始まる
"The Last Kingdom"

歴史小説家、バーナード・コーンウェルの同名原作を映像化したもので、
マシューはリード、ガイを演じるにあたり長めにしていた髪をバッサリと切って
主人公の父親でノーサンブリアのバーベンバーグ(現在のバンボロー/Bamburgh)の領主、
ロード・ウートレッド(Lord Uhtred)を演じました。

9世紀のデーン人によるブリテン島の「侵略」とそれに抵抗し、
イングランドという統一王国の礎を築いた(?)アルフレッド大王(デイヴィッド・ドーソンさん)
を扱った作品ですが、アレキサンダー・ドレイモンさんが演じる主人公や
ロード・ウートレッド、アルフリッチなどは架空の人物です。
(逆に?デーン人の主人公の養父となるEarl Ragnarなどは実在)

BBC AmericaのTLKアカウントがツイートしていたGIF動画
(オフィシャルがこれやるとなんか可笑しいというかなんというか)


左に映っているロード・ウートレッドの弟アルフリッチ(Aelfric)役のジョセフ・ミルソンさん
(※4月にすでに41歳になっていて、マシューより半年上)も大好きで、共演シーン有りの共演
をして欲しい!と思っていたので嬉しすぎました。
(同じ作品に出たという意味の「共演」は「イーニッド」ですでにしてます)

動画だとやはり今のところこれ、昨日の記事にも貼りましたが
2分弱のシリーズトレーラー。


馬、鷹狩、剣、実際の歴史ベースという、自分が大好きな世界観の中で、
マシューが自分好み過ぎる外見で「リーダー」という自分が好きな役柄を演じているなんて本当に幸せすぎて
出番が少ないとかそんなことは本当にどうでもいいという感じで
連日ギャーギャー言っててすみませんです…。

そして、こちらも実際の出来事がベースの
"The Trapp Family - A Life of Music"

「武人で父親」という以外はロード・ウートレッドと真逆とも言える
家族、妻や子どもたちを深く愛するある意味では素のマシューに近い?!
実在の人物、ゲオルク・フォン・トラップ男爵を演じました。
もちろん髪を伸ばしている時間もないので、付け毛+付け髭です。

なんとなく若く見えるガイとも、精悍でかっこ良すぎるロード・ウートレッドとも
ぜんぜん違う外見ですが、スチルなどをみる限り笑顔が優しくて
「サウンド・オブ・ミュージック」で実像とはぜんぜん違う風に描かれてしまったらしい
ゲオルクさんを、本来の姿である「素敵なパパ」全開で演じているのかな?と。
ドイツ語圏公式サイトギャラリーページ

ドイツ語版のトレーラー。

吹き替えなのが非常に残念ですが、動きや表情の演技だけでも魅力十分。

US、カナダ、UKでの劇場公開は2015年のクリスマスシーズンとのことですが、
その後の情報が出ておらずヤキモキしております。
(せめてトレーラーだけでもやはりオリジナル音声のが観たい…)

そして日本でも素敵なゲオルクパパを観られますように…!とも。

で、お次は(多分)
"Churchill's Secret"

マシューはこちらも実在の人物、ランドルフ・チャーチル
(Randolph Churchill/ウィンストン・チャーチルの息子)を演じました。

話が出て以来、スチルやトレーラーなど何も出ていない状態なので、どうなっているのやら…。
まあ、あのキャストが全部決まった状態で、撮影もしたと思いますし、
結局放送なしってことはないと思うので、待っていればそのうち出てくると思いますが…。

そんでもって(多分)40歳最後のお仕事は、
日本では2015年11月にシーズン3が放送される「リッパー・ストリート」、
イギリスのアマゾンVODで来年の1月に配信開始予定の
"Ripper Street"シーズン4

マシューは今やすっかりおなじみとなった、
やはり実在の人物がベースのエドムンド・リードを演じています(まだ撮影中?)
シーズン3を観ていただければわかるかと思いますが、
本当にマシューリードか主人公かはわかりませんが、もちろん出番はちゃんとあるようです。

先日、Amazon Video UKがInstagram上にマシューリードの撮影風景の画像をアップしたようです。

Where's that morning cuppa, Reid? #RipperStreet #Season4 #AmazonPrime

Amazon Video UKさん(@amazonvideouk)が投稿した写真 -




今までのパパラッチ?写真の時もこれも、どれも同じスーツを着ているので
ますます色々どうなるんだろうと気になっております。

そんな感じで振り返ってみると実在の人物がほとんど、架空の人物でも
史実とガッツリ絡んだ作品ばかりに出演してきて、
それでいて各作品の世界観やマシューの役柄はどれも全くタイプの違ったものばかりで、
歴史ベースで色々と調べたくなる作品が、
そしてマシューがいつも全く違うタイプの役柄を演じるのを観るのが大好きな私としては
本当にに美味しすぎる仕事選びをしてくれていて有難いと同時に、
来年はどんな仕事ぶりを見せてくれるのだろうかと今からとても楽しみです。

マシューのお仕事周期的に、41歳のうちかはわかりませんが
来年辺り、もしかしてまた舞台に立ってくれるかも…?と勝手に思っています。

そんなわけで、41歳のお誕生日、おめでとう、マシュー!

マシュー・マクファディンプロデビュー20周年!

1995年9月19日にバリー・セント・エドモンズのシアター・ロイヤルにて
マシュー・マクファディンのプロデビュー作「マルフィ公爵夫人」のプレ公演が上演されました。

マシュー本人が"My first job"と言っていたことからも、
小さなものを含め他のプロとしての仕事はなかったと思われますので、
今日がマシューがプロとして初めて一般に向けたパフォーマンスをしてから
20周年、ということになります。

そんなわけで、マシューのお仕事をデビュー作からぼちぼちと
書いていければなと思っていますが、当初の予定が色々ずれ込んでいてどうなるのやら…。

改めて書きなおそうかとも思っていますが、
ひとまず、以前書いたこのデビュー作「マルフィ公爵夫人」のウエストエンド公演の
ビデオレコーディングを観ての感想にリンクを貼ってお茶を濁すといういつもの無計画ぶり。

"The Duchess of Malfi" at Wyndhams Theatre(1996)

20年の間に舞台、テレビ、映画で色んな役に挑んできたマシュー。
今後の20年も、もちろんその後の20年もさらにその先も、
どんな仕事を見せてくれるのか本当に楽しみです。
(自分も彼の仕事を今後も見続けられるように頑張ろうっと。)

と、これを期に、というわけでもありませんが、
当初このブログは、マシューとルーファス・シーウェル、
そしてその後ローリー・キニアとジョセフ・ミルソンを加えて
この4人中心に、と銘打って(?)来ましたが、
更新がマシューのことばかりになっているので、現状に合わせてちょっと表記などを変えました。

作品一覧などの更新もままならない状況なので、というところですので、
3人の作品は今後ももちろん見ていきますし、また記事の更新はあるかと思いますので
その時はお付き合い頂けましたら幸いです。

マシューに関しては、この連休中に「リッパー・ストリート」関連あたりで
また何か書きたいなと思っております。