I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ その他

マシュー・マクファディン44歳の誕生日~43歳のマシューを勝手に振り返る~+「声」のエージェンシー

2018年10月17日はマシュー・マクファディン44歳の誕生日。

43歳のマシューは、結局(少なくとも公になっている仕事は)
現在スターチャンネルで放送中のHBOドラマ「キング・オブ・メディア(Succession)」シーズン1のみと、
数だけで言えばファンとしては少し寂しい感じになりました。

ただ、作品自体も、そしてマシューの演技も大変に評価されているようなので、
そこは通常運転というか、だからこそ仕事が少なくてもしょうがないな、
と思ってしまうというか…(笑)

マシュー演じるトムと、コンビ扱いされてるグレッグのシーン。
トムがアホアホで可愛いです(そしてアメリカ英語)

日本では来週火曜日に初放送の第5話のクリップのため
ネタバレにご注意を(というほどでもないですね)

ちなみに43歳の誕生日は「キング・オブ・メディア」の撮影中に迎え、
ニューヨークに単身赴任中だったために、妻キーリー・ホウズとお子ちゃまたちが
カップケーキを持って祝いに来てくれたんだそう。

その「キング・オブ・メディア」シーズン1の撮影終了後は、
キーリーのお仕事がものすごく忙しかったこともあってか、
マシューは主夫業に専念していたようですが、
きっと発表されていないお仕事をなにかやっていたに違いない、と思いたい今日この頃…。

今の所公になっている44歳初のお仕事は2019年1月に撮影がスタートするらしい
「キング・オブ・メディア」のシーズン2。

…ほんとにそれまで何もやらないなんてあり得るんでしょうか…。

いくらディズニー映画(42歳のときにちょろっと撮影していたはずの
「くるみ割り人形と秘密の王国」)やHBOドラマと、ギャラが高そうなものに出ていたとはいえ…。
というか、とにかく本当にそろそろロンドンで舞台に立ってほしいのですが…。

まあ、そんなわけで今年の誕生日はきっと家族とゆっくり過ごせていることでしょう。

ところで、以前声のエージェンシーが変わったようだがどこだかわからない、と言っていましたが、
結局、役者として契約しているエージェンシーの声部門(?)と契約したようです。

今までのエージェンシーと同じく、声のサンプルがダウンロードできます。

"Delectable" Matthew Macfadyen - hhush HAMILTON HODELL UNIVERSAL SOUND HOUSE

ちなみに、アクセントのところにRP, Londonと一緒にAmericanと書いてあって大いに笑いました(失礼)
…アメリカ人役やったのは舞台で一回と、今回のトムくらいなもので、
本人が自分のアメリカンアクセントは酷いと言っているので…(笑)

声の特徴は、Rich, Warm, Loveableというのはただただ頷くばかり。
紹介の文章もいちいち面白いというかたしかに!という感じ…(笑)

そんなわけで(?)44歳のお誕生日、おめでとう、マシュー!

マシュー・マクファディン新プロモーション用写真

マシュー・マクファディンが契約しているエージェンシー、Hamilton Hodellのサイトに掲載されている
プロモーション用の写真が最近(おそら月4月18日頃?)変わったようです。

おそらくSpooksでトムを演ってた頃?から同じ写真だったのですが、
今でも違和感ないと思っていてすごく好きな写真だったのですが、
最近のマシューを見ると流石に無理が出てきたか…というところでしょうか。
(もしくは痩せたので、今がとるチャンス!と思ったのか???)

と、いうわけで下のページの左上あたりに2枚交互に写真が出てきます。

Matthew Macfadyen - HAMILTON HODELL

まあ、髪型も近いし、あの写真のマシューが
そのまま歳を重ねましたという感じというかなんというか。
しかし、ポーズがやたら可愛いのはなぜ…(笑)

にしても、プロモーション用写真を新しくしたのは、
これからもっとアメリカのお仕事をやっていくつもりだとかいうこともあるのかな~と
ちょっと気になってしまったり…。

ちなみに、声のエージェンシーサイトでは、
今の所以前使っていた画像をそのまま使っているようです。

・Matthew Macfadyen - LOUD AND CLEAR VOICES


2018年5月21日追記:
どうも声のエージェンシーが変わったようで、マシューのページが無くなっていました。
新しくどこと契約したのが分かり次第、またここにメモする予定です。
追記ここまで

ちなみに過去の舞台関係でも大変ありがたいものが上がっていることを
今更見つけたので、それについてはまた後日メモしたいと思います。

…いずれにしても次のお仕事情報(特にロンドンで舞台…)
よろしくおねがいしますね…!

新情報無きまままた一ヶ月…。

マシュー・マクファディンの新情報が相変わらず全然出てこない(多分)うちに
また一ヶ月が過ぎ去ろうとしております…。

そんなわけで、とりあえずフラストレーションを溜めつつ、
今のうちに過去作を見返しよ…という日々。

「リッパー・ストリート」のUK版DVDを英語字幕で見返したりもしているのですが、
以前ざっと流し見しただけなので、改めて日本放送版のカットの多さに驚いております。
(まあ一話につき5分以上カットされているので当然なのですが)。

やはり「ここカットしちゃってよかったのか?」というところもあったりなので、
またぼつぼつ感想を書いていきたいなと思っております。

それから、"Criminal Justice II"(ジョー健在の1話のみ)と
"Churchill's Secret"も改めて、この人の演技好きすぎるなと再認識。





このあたりは日本放送がかなり難しいなと思うのですが、
本当に演技が良いのでどうにかしてくれないかなと…。
(チャーチルはThe Darkest Hourつながり?かなにかでどうにかならないかな)

そしてなんとなく流れでNetflixを再契約して「ラスト・キングダム」のシーズン1の第1話も改めて。


デイヴィッド・ドーソンさんとジョセフ・ミルソンさん目当てでシーズン2も観なくちゃなと思っていますが、
ついついロード・ウートレッドのかっこよさに見惚れてしまって先に進めません…(笑)
日本版のソフトが出るか、どこかの局で放送してほしいなと思いつつ、こちらも難しいのでしょうかね…。

またちょこちょこ見返ししつつ、まとめられたものから感想を書きたいですがどうなることやら。

それと、オーディオ関連では改めて朗読CDの"The Coma"、
"Stories We Could Tell"そして短いですが"The Snowman"を聴き込んでいきたいと思っております。
(現在"The Coma"を聴き中)

そうこうしているうちに、また新しい情報が出ますように~!

ひとまずは4月に米Starzで"Howards End"の放送がある辺りで
なにかあるでしょうかね(ヘンリー関連ででも)

という訳で…ひとまず内容皆無の記事更新でした…。

マシュー・マクファディン43歳の誕生日~42歳のマシューを勝手に振り返る~

2017年10月17日はマシュー・マクファディン43歳の誕生日。

「リッパー・ストリート」の撮影終了後、ややゆっくりとした印象の有った41歳のときと比べ、
42歳のマシューは多めに映像の仕事をこなしたようです。

おそらく一番撮影が早かったのが「くるみ割り人形」をディズニーが実写映画化した
"The Nutcracker and the Four Realms"(もしかしたら41歳の時にに撮影していたかも)。

アメリカ公開予定日が2018年11月ということで、
ほとんど情報が出ていないのでマシューの出演時間などは不明。
役柄(Mr. Stahlbaumということで、多分主人公クララのお父さん)からして、
ほとんど出番が無いのではないかなと思っているのですが…
ディズニー作品なので、日本公開はほぼ間違いないでしょうし、意外と出番があるといいなぁ、と…。

次にタイトル通り電流戦争を題材にした映画"The Current War"

マシューは直流派のエジソンの会社に出資し、その後交流派に乗り換えた(?)投資家、
ジョン・ピアモント・モルガンを演じ、9月に出たトレーラーでも姿を確認(1分6秒あたり)。



こちらも出番はどの程度か…と思いつつも日本公開が期待できるかと思っているのですが…。

ここに来て、プロデューサーの一人のアレコレが明るみに出て業界が大騒ぎになっていたり、
ワールドプレミアだったトロント国際映画祭での評価が芳しくなかったということで再編集したりで
2017年11月24日からの予定だったアメリカでの公開を2018年に延期
(全国公開は元々来年1月29日だった)する、という話があり、
その他の国での公開時期や、公開そのものもどうなってしまうのやら…。

そんなわけで作品にミソがついてしまった感がありますし、
トレーラーを見る限り、あまり期待しすぎない程度にした方がいいな…というところはありますが、
電流戦争周辺やモルガンさんに関する本をなんとなく読んでいるところで、それはとても楽しいので、
マシューの作品選びに感謝したいところは変わらず、ということで(?)

とにかく無事に米英にて公開して、日本でも劇場公開してくれると良いのですが。
そして、願わくばマシューモルガンの出番が長めでマシューの良さを活かした役柄でありますように。

続いて、BBC One+Starzドラマ"Howards End"

E.M.フォースターの同名小説を原作にしたもので、
マシューは「男主人公」の実業家、ヘンリー・ウィルコックスを演じました。

「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」、"Any Human Heart"に続き、3度目の共演となる
主人公マーガレット・シュレーゲル役ヘイリー・アトウェルさんの
インスタグラムへの投稿のコメントによれば、BBC Oneでの放送は11月12日からとのことです。

…ヘイリーさんの後ろにマシューもいます(笑)



が、今のところBBCなどからの公式発表が見当たらず、
番組独自のトレーラーも出ていないのでどうなっているのか…。

BBC Oneのドラマを色々集めたトレーラーには出ていますがもう少し…。



こちらもヘイリーさんのインスタグラム投稿より。




ヘンリーかっこ良すぎる…ヘンリーがこんなにかっこよくていいのか疑惑はありますが、
マーガレットが惹かれる要素が何処かにあるんだからまあ良いんだ、良いんだ…。

11月1日のBFIのイベントにて、1話のプレビュー?とQ&Aイベントが有るようですが、
出席予定者のところにマシューの名前はなく、ちょっと残念。

この作品、有名な映画版があるので、やっぱり正当には評価されないかなぁと勝手に思っていますが、
とにかく、マシューがヘンリーをどう演じているのかが楽しみです。

最後にHBOドラマ"Succession"

世界的なメディア企業を題材にした作品で、マシューは会社の重役で、
会社のオーナー(主人公?)の娘の婚約者であるトムを演じました。
と言いますか、9月から撮影という話だったのでまだ撮影中?

まずパイロット版だけが作られ、その後全10話でシリーズ化にGOが出た作品ですが、
パイロット版をそのまま流すとなると、マシューというか、トムの体型が
結構変わってしまうと思う(今のほうがだいぶ痩せている)のですが、撮り直しているのでしょうか。

資本もアメリカ、撮影地もアメリカ、舞台もアメリカという
ここまで純粋なアメリカの作品にマシューが出演するのは初めてでは?
ということで、どうして出演することになったのかというあたりでも気になる作品です。

こちらも出番がどのくらいあるのかを始め、詳しいことは何もわからないので、
情報が出るのを待ちたいと思います。

というわけで振り返ってみると、演じた役はどれもお金持ちという共通点はありますが、
作品の方向性や、役柄自体はどれも違う感じになるのかなと思いますので、
これらでの演技をこの目で観ることができる日を楽しみにしています。

43歳初のお仕事は、もしもまだ撮影中なら"Succession"のトム、ということになるのでしょうか。
それ以降のお仕事については全く公表されていないので、
今後またどんなものを選んで見せてくれるのか、やきもきしながら情報を待ちたいと思います。
…そろそろ本当に舞台に立ってくれることを大いに期待しつつ…。

そんなわけで、43歳のお誕生日、おめでとう、マシュー!

マシュー・マクファディンショーリール+音声サンプルatエージェンシーサイト

マシュー・マクファディンが契約しているエージェンシー、Hamilton Hodellのサイトが
2017年6月ごろにリニューアルされ、マシューのページも間違っていたところが直っていたり
(エージェンシーのサイトでクライアントの出演作や役名が間違っているのはいかがなものかと思いますが…)
写真が多分Spooksの頃から使ってるだろうもの(大好きです、しかも違和感ないし)の他、
Hunger Magazineのときのものが加わったりしていたりですが、
ショーリールの動画も見られるようになっていることに今更気づきました。

もちろん、他の俳優さんは前から有ったりしたのですが、
クライアントの希望か、マシューの紹介はやる気を感じずにリニューアル前はなかったのですよね…。

というわけで、下のページの「View Showreel」をクリックすると観られます。

Matthew Macfadyen - HAMILTON HODELL

動画の長さは8分27秒、
「アンナ・カレーニナ」、「リッパー・ストリート」S1、「フロスト×ニクソン」、
"Criminal Justice II"、「プライドと偏見」の一部が観られます。

"Criminal Justice II"は、私が大好き(というと語弊があるか)な、
バスルームチェックチェック、のシーンが入っていてちょっと嬉しい…。

他にもアレとかこれとかあるでしょう!!!という感じはありますが、
大人の事情も色々あると思うので、贅沢は言いませんよ…。
(つーかあんた映像作品全部持ってるでしょというツッコミは…!)

ちなみに、クライアントのプロモーションという、サイトや動画の性質上か、簡単にDLもできます…(小声)

それと、マシューは声のエージェンシーは別で、
以前も前のエージェンシーから替わった時にちょっとここでも書きましたが、
Loud and Clear Voicesと契約しています。

こちらでは、CMやドキュメンタリーのナレーションの音声のサンプルを
聴いたりDLしたりすることができます。

Matthew Macfadyen - LOUD AND CLEAR VOICES

マシューの顔写真の下の↓みたいなDLボタンを押すと、
全てのサンプル音声ファイルが入ったzipファイルをDL可能。

フェラーリのショートバージョンがむちゃくちゃかっこいいですよ…。
全部かっこいいですけどね…。