I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 舞台関連ネタ
CATEGORY ≫ 舞台関連ネタ
      

ルーファス・シーウェル出演舞台"Closer"もうすぐ上演開始

ルーファス・シーウェルが"Old Times"以来約2年ぶりに舞台に立ちます。
演目は"Closer"で2015年2月12日から2015年4月4日まで、
ロンドンのドンマー・ウェアハウス(Donmar Warehouse)での上演です。

ドンマー・ウェアハウス"Closer"公式ページ

"Closer"は1997年初演の戯曲で、映画化もされました。

初演時はNTのコッテスロー(現ドーフマン)で上演され、
キャストはダン:クライヴ・オーウェン、アリス:リザ・ウォーカー、アナ:サリー・デクスター、ラリー:キアラン・ハインズ。
映画版はダン:ジュード・ロウ、アリス:ナタリー・ポートマン、アナ:ジュリア・ロバーツ、ラリー:クライヴ・オーウェン

ルーファスは初演時にキアラン・ハインズが、映画版でクライヴ・オーウェンが演じたラリー役のようです。
他、ダン役がオリヴァー・クリスさん、アリス役にレイチェル・レッドフォードさん、アナ役はナンシー・キャロルさん。

初演、今回以外にも色々なところで上演された作品のようで、
ルーファスとは"Charles II"と「EX/エックス」で共演されたルパート・グレイヴスさんも
アメリカでダン役を演じられたことがあるとか。

…ジーヴスの時に続き、ルパートさんが観にいらしたりしないかな、とか淡~い期待を…。

この舞台にルーファスが出演するというのは
昨年7月ごろに演劇関係の情報系サイトに記事が出て
11月ごろにはいつもお世話になっているJ子さんに
上演の日程なども教えていただいていたのですが、
チケット発売に関する詳細がよくわからなかったので、ここでメモもせずにおりました…。

ドンマーの公式アカウントが、チケット販売について一般に告知したのは、
おそらく発売日の当日だったかと思いますが…シーズン全部が同日に告知で
Closerが一番早かったのでこうなってしまったのかと思いますが、数日早く告知してほしかったなぁ、と…。

結局私はJ子さんに一般販売の日を教えていただいて、
その日は仕事だったためにチケットを取っていただくことまでしていただけたのですが…。

私が帰宅した時にはすでに全日程、チケットが完売しており…
結局今日までメモもできずにいた、という…。
J子さんがいらっしゃらなかったら、私もただただボー然としていたと…。

そんなわけで、かなり今更情報ですが、
上演の2週前の月曜日に少量チケットを売り出すこともしておりますので、
今知った!という方がいらしても、もしかしたらチケットを手に入れられるかもしれません…。

「昔の日々」

現在ロンドンのハロルド・ピンター劇場で上演中の
ルーファス・シーウェル出演ハロルド・ピンター作"Old Times"。

その翻訳版「昔の日々」のスクリプトを収めた
「筑摩世界文学大系 85 現代劇集」が
職場所在地の市立図書館にあったので借りてみました。

まだちゃんとは読んでいないのですが、
一時間くらいあれば十分読めてしまえるくらいの短いもので、
これを舞台で見たらどのくらいの長さになるんだろうか、
と思っていたら公演情報が更新されていて、約1時間半とのこと。

おそらく「不条理劇」と呼ばれるものだと思うので、
読んでいても意味があまりわからず…後ろについている解説を読んで初めて、
「あー、そういうことだったの?」という感じでした
(でもこの解説も、書いた人の解釈ですから絶対こう、
とは言えないのだと思いますが)

出演者は男性一人と女性二人の計3人。
今回の舞台はルーファスと、クリスティン・スコット・トーマスと
リア・ウィリアムズで、女性キャストは日によって
どちらの役をやるのかが違う…ということをやっているのですが、
スクリプトを読んでみて、なぜそうしたのかがなんとなくわかりました。

それにしても、ルーファスがこの役を
どう演じるのかな…とか想像するだけでもワクワクします…!

ちなみに、今回の舞台は4月6日まで。
公演情報とチケット購入はこちら。