I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ドラマ・TV映画感想
CATEGORY ≫ ドラマ・TV映画感想
      

『イレブンス・アワー』第2話「カーディアック」

本当は昨日アップしようと思っていたのですが…
首と肩がバキバキで頭痛かったので断念しました…。

と、いう訳で、ルーファス・シーウェル主演ドラマ
『イレブンス・アワー』第2話「カーディアック」。

GyaO!さんより拝借のあらすじ

「ジョージア州 プーラーで、11歳の健康な少年たちが急性心不全で死亡する。
フッドとレイチェルが捜査にあたっていたところ、またも発作で少年が倒れる。
発作で倒れた少年、スティーブンの証言から本来、
ジョージアに生息しないはずの動植物が持ち込まれていることが判明。
それはリジー・サマーズが動植物の毒を医療に使用するために育てていたもので……。」

以下ネタバレ。





個人的には残念ながら
この回はあまり出来がいいとは思いませんでしたー。
子どもが犠牲になるとか犯人だとかは全然OKなんですけどねー。
意外性のある所が子どもが犯人だったってだけで
(しかも海外ドラマじゃそれすら珍しくない)、
内容としてはあんまり科学的じゃなかったからでしょうか。
(ジキタリスが…とか古典的すぎるような)

血液サンプルのすり替えとか、
そんなにうまくいくもんかのーとか思ってしまいました。
それに、ジェイコブが出した問題ってそんなに難しいもの??
(算数苦手なのでよくわからん)
ちょっと算数得意な子なら解けそうだけど…。
と、いうか、どうしてあの子が母親よりも賢いとわかるのか
(あなたにはできないってそういう意味ですよね??それとも血液の問題??)
よくわかりませんでしたが…。

まぁ、ジェイコブが可愛いので許すが(オイ)

前に画像あさりしていたら、子役の子たちと、
ルーファス、レイチェル役のマーリー・シェルトンが
一緒に写ってるのがあって可愛かったです。特にルーファスが!

副題の「カーディアック」(Cardiac)とは、
心臓を意味するようです(語源ギリシャ語)。

1話と2話は、GyaO!さんでの配信が終了しました。
3話から6話は9月30日までの配信です。
…まずい、この日程だと今回の配信は全部みられないかも…。
どちらにしても、いずれ全話感想はやるつもりです。

イレブンス・アワー 配信ページ

見逃した方はとりあえずコチラ?アメリカ版ですが、オールリージョンです。

『イレブンス・アワー』第1話「リザレクション」

GyaO!さんでの無料配信が始まってことですし、
EHの感想もぼちぼち書き始めようかと。

このドラマは、2006年の同名の英国ドラマのリメイク作品です。
(オリジナル版のドクター・フッドはパトリック・スチュワート)
私はそちらは観ていないので、
あくまでルーファス・シーウェル版EH単体での感想。

と、いうわけで第1話「リザレクション」。

GyaO!さんより拝借のあらすじ。
「ワシントン州 シアトルで、遺棄された胎児が19体発見される。
19体すべて同じDNAであることからヒトのクローンを作っている
疑いがあがり、FBIの科学顧問ジェイコブ・フッド博士と
彼の護衛役、レイチェル・ヤング捜査官が調査の要請を受ける。
事件を追っていくと、ゼペットという科学者の存在が浮かび上がるが……。」

ドクター・フッドとレイチェルのコンビの始動編。
とはいっても、この話より前から
レイチェルはジェイコブの護衛をしていた感じですが。

とりあえず、恥ずかしい所に爆破事件の際の破片が
入っているらしいジェイコブ(どういう設定だよ)、
科学者らしく、ものすごく純粋で真っ直ぐな印象。

ルーファス、上目遣いがかわいすぎます。

レイチェルは見た目お若いのに
結構キャリアのありそうな感じでかなり年齢不詳気味。
警護する人間がその靴でいいんかい、とかも思いますが…。
金髪さんにしては柔らかくて可愛い印象で個人的にはいい感じです。

今回は、ま、クローン技術のお話なわけですが…。
よく、自分のクローン作ったり、子どものクローン作ったり、
こちらは実際にもう実用に入ってるようですがペットのクローンを作ったり、
という話をよく聞くんですが…。

最後にジェイコブが言っていたように、
DNAが一緒だからって、
全く同じ人間や動物ができるってわけじゃないよ?と思います…。
わたし、一卵性の双子(DNAが同じ)な小学校時代からの友人がいるんですが、
同じ環境で育っているにもかかわらず、
背の高さも顔も声も喋り方も性格も違いますよー?
似てはいますけど、電話でもどっちだかわかるくらいに違うんですよね、
それ見ていると、そういう意味でのクローンてすっごく意味ないよね、と思います。
もちろん、医療目的とかだとまた違うのでしょうが…。

副題の「リザレクション」Resurrectionとは、
「復活」を意味するようです。
本編、運び屋くんが神に赦しを請いながら車を走らせるシーンから始まり、
教会に行ったりするシーンもあったりしたので
ここでは、「キリストの復活」の方の意味とかけているのかな?

第1話「リザレクション」は9月27日までの配信です。
イレブンス・アワー 配信ページ

見逃した方はとりあえずコチラ?アメリカ版ですが、オールリージョンです。

『アラビアン・ナイト』

先日、注文していたDVDが届いていたので早速鑑賞してみました。
1999年に作られたTV映画『アラビアン・ナイト』("Arabian Nights")です。
日本でもNHKで放送したとか???
放送時はもっと長かったらしいのですが(?)DVDは約180分。
シェヘラザードがシャーリアール王に物語を語っているシーン
+4つの物語で構成されています。

早速鑑賞、と書きましたが、私は4つの物語のうち
『アリババと40人の盗賊』しか観ておりません。
しかも、語っている部分はすっ飛ばしております(汗)
と、いうのも、アリババ役が、ルーファスです。
素でアラブ人の役をやる(ウェールズ系)イギリス人、
ルーファス・シーウェル、おそるべし。

我々の感覚から言ったら、濃い顔した日本人の役者さんが、
アラブ人の役をやっている感じなんでしょうね…
(いろんな意味で大丈夫なのか)

で、どうだったかといえば、も~、ルーファスアリババかわいすぎます!
物語冒頭の相棒のラクダとのやりとりからもう持って行かれましたよ~。
ラクダにつば引っ掛けられるルーファス(もといアリ)…臭くないのか…。

個人的に一番来たのは、壺に隠れた盗賊をどうにかすべ!
と夜にこっそり壺に近づいて、物音を立ててしまうアリ(相当間抜けなキャラである)、
「やべっ」と、盗賊の親分の声色を使って?どうにか切り抜けるんですが、
その直後の「あ~しまった~俺のバカ!」っという表情をするところ。
かわいすぎだろ、ルーファス!!(もとい、アリ)

恥ずかしながら、私は『シンドバッド』と『アラジン』
の話くらいしか知らなくて、
『アリババと40人の盗賊』は名前しか聞いたことなくて、
アリババが盗賊の親分だと思い込んでました(オイ)
ルーファスがアリババをやったと知って、画像とか見て
どうやら盗賊ではなさそう、ということで、
DVD届く前にあらすじを読んで、初めて話の内容を知りました(滝汗)

アリババが盗賊の財宝を盗んでいい生活をするというあたり、
どうも無理があって正当化できない感じなんですが(汗)
なんだか桃太郎と同じような違和感を感じてしまう…(汗)

にしても、作中のルーファスアリババは、ひたすらお間抜けで可愛かったです。
私のアタマが悪いのか、アリババの考えている
『儲け話』の意味が全くわかりませんでした(汗)
普通に「そんなんで儲かるか!」とツッコミを入れていいんです、よね…?
(一人で悦に入っているルーファスもといアリがまた可愛い!)

とりあえず、『アリババと40人の盗賊』というより、
『モルジアナと40人の盗賊とアリババ兄弟とラクダ』って感じの話でした。
モルジアナさん…きっとアリババに母性本能をくすぐられちゃったんだね(謎)

私はなんとかDVDとして納得出来る価格で手に入れましたが、
現在DVD入手困難になっているようです。
ま、出ている俳優さんにハマっている人以外は別に買うこともないですが…。
それなりに良く出来ていると思いますので(つか、ひたすらルーファスが可愛いので)、
レンタル屋さんで見かけたら、借りてみてもいい…かも(保証はしませんが)。
…私もそのうち、アリババパート以外も見てみようと思っております(汗)

ちなみに巷でアラジンがなぜ中国人?という感想をよく目にしますが、
たしか元ネタでは中国人設定だったはず。
ただ、なぜ辮髪かと言われれば、そこはツッコミどころかもしれない…。
でも、まぁ、(ウェールズ系)イギリス人がアラブ人やってることだし…深いこと考えない~。

アラビアンナイト [DVD]アラビアンナイト [DVD]
(2000/05/26)
ジェイソン・スコット・リー、ミリ・アヴィタル 他

商品詳細を見る

『トロイ・ザ・ウォーズ』

本日仕事休みだった上に
珍しく日中家人が居なかったので、DVDを2本鑑賞。

どちらもルーファス・シーウェル目当てです。

1作目はTV映画『トロイ・ザ・ウォーズ』("Helen of Troy")

先日の記事で言及した(?)通り、中古でDVDを購入。
長い上に恋愛もの?なので、アガメムノンが出てくるとこ以外は早送りで(汗)
これは…主役はアガメムノンってことでいいですかね(え)
ヘレンはまぁ置いとくとして(置いとくのか)、
男性の登場人物の中では確実に一人でオーラが違っていましたよ。

まぁたしかに無茶な暴君ではあるんですけど…
神託に従ってわが子を手にかけなければいけないと知ったとき、
それを実行するとき、その時の思いを告白するとき。
その表情がなんとも言えず…すごいなー、ルーファスさん、と思いました。
(ヘレンをじ~っと見てるとことかもね~怖いよ~・笑)
その割には最後はちょっとあっけなかった気もしますが、
あそこで引っ張ったらほんと主役が誰だかわかんなくなりますからね、
と無理やり納得してみる。

メネラオスはいい人なんだけどやっぱりいまいちな感じだし(汗)
パリスは…何が良いのかよくわからん(汗)でした(汗)
…『トロイ』のオーランドみたいに、
顔がめちゃくちゃ可愛ければまた別なんですけど…
って、あのオーランドアホパリスはあまりにヘタレでしたが…
男としてはこっちのパリスのほうがいいか(汗)

ヘクトルは最初やなやつかと思いきや、
(なんせアガメムノンいないシーンは早送りなので…)いきなり弟思いに変身!
上記2人よりはかっこよかったかな~。
『トロイ』ではバナヘクトル大贔屓の私でしたので、そのせいもあるかも(笑)

そういえば、ルーファスアガメムノン、吹き替えてらそままさきさんでした。
(当時はお名前、漢字で寺杣昌紀さんでしたが)
最初字幕で観て、気になったシーンだけ吹き替えでも観てみました。
「あ、若くて悪いトムだ…」とかニヤニヤしてしまいましたよ~。
そして、実は『トロイ』のバナヘクトルもてらそまさん!
あ~、私っててらそまさんキャラが好きなのかなぁ(もはや意味不明)

イリアスは読んだんですが、すっかり忘れてしまったのでアレなんですが…
多分『トロイ』よりこちらのほうが元ネタに近い…とは思います。
アキレスはなんか違うような気もしますが(汗)

どちらが好きかと言われたら…う~ん…
よくわかりません(汗)

ルーファスアガメムノン、バナヘクトル、豆オデッセウス、
オーランドパリスで観てみたかったかも。
(女子はもうどっちでもいいけど。興味ないので←オイ)

トロイ ザ・ウォーズ 【ベスト・ライブラリー 1500円:アクション映画特集】 [DVD]トロイ ザ・ウォーズ 【ベスト・ライブラリー 1500円:アクション映画特集】 [DVD]
(2011/04/27)
シエンナ・ギロリー、ルーファス・シーウェル 他

商品詳細を見る