I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Rufus Sewell

ルーファス・シーウェル出演ドラマ「女王ヴィクトリア」NHK総合放送予定

マシュー・マクファディンの情報がまたも停滞気味で
前回の記事更新から一ヶ月経ってしまいそうなので、
今更ネタですが、自分が忘れないようにということでメモ。

ルーファス・シーウェルがメルバーン卿を演じるドラマ
「女王ヴィクトリア 愛に生きる」(Victoria)がNHK総合で放送されます。

第一話は2017年7月30日(日)23:00からの放送で、
全8話、毎週日曜の23時からのようです。

「女王ヴィクトリア 愛に生きる」NHK番組公式ページ

まあ、タイトルのとおりヴィクトリア女王を主役にしたドラマです。
…それにしてもまたもなんつー副題…。

とかはおいておいて、このドラマでルーファス演じるメルバーン卿が
(ミーハー的に)すごく好評だったようで、
本国のミーハー丸出しテレビ雑誌が度々取り上げていたりしました。

(ちなみに、アルバートを演じるのはRADA出身のトム・ヒューズくん)

そんなわけで?UK版のDVDは買ったものの、まだ観られておらず…。
この放送が先になりそうです。

ちなみに、NHKさんの放送ということで、メインは吹き替えなのですが、
結構厳密に役者さんに対して声優さん固定なのかと思っていましたが、
ルーファスのメルバーン卿は、「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」(The Pillars of the Earth)の
トムの時のてらそままさきさんではなく、堀内賢雄さんとのこと。

…まあ、どのみち副音声+聴力障害者用の字幕で見ることになるとは思いますが…。

とりあえずPBSのトレーラーを貼り付けてみる。
Victoria: UK Preview

イングランドひとり珍道中2016年12月~2017年1月Day4その2/"Art" at Old Vic Theatre(3Jan/2017)

※今回の旅行記中、この記事だけカテゴリを"Rufus Sewell">"舞台感想"にしています※

マンチェスターからユーストンに戻り、
そのまま地下鉄でウォータールー駅(Waterloo Station )まで行き、
オールド・ヴィク・シアター(Old Vic Theatre)のボックスオフィスで、
この日の夜に観る"Art"のチケットをピックアップし、プログラムを購入しました。

ここでもカバンチェックされたりで、
ロンドンは以前よりもセキュリティチェックが少し厳しくなっているような。

そのあと、レスター・スクエア駅からコヴェント・ガーデン駅に行く途中にある地図やさんで
「リッパー・ストリート」の時代あたりのイースト・ロンドンの地図を買い漁ったりた後、
一度宿に戻って一休みしてから再び劇場に向かいました。
17Jan03_025.jpg
今回、唯一の観劇です。

旅を先に決めていて、今回は見たいと思うものが全然ないな~と思っていたところに、
ルーファス・シーウェルの出演が決まったよ、という情報が入ってきたので
急いでチケットを取りました。

なんだかんだで、ルーファスの出演する舞台は3度めの鑑賞。
ちょっと今まで書いていたような感想を書こうとすると、なかなか書けなくて
また更新がストップしてしまうので、基本情報など簡単に…。
(前回見た"Closer"のことも全然書けてないですし…)

"Art"

あらすじ
セルジュは高価な絵画を購入し、ご満悦。
その絵を見せられた15年来の友人、マークはセルジュのことが信じられない。
真っ白なキャンバスに、白い線が描かれただけのものだったからだ。

セルジュとマークは絵の価値について喧嘩を始め、
それぞれがもう一人の友人、イワンに意見を求める。

この喧嘩が発端となり、それぞれがそれぞれの人間関係までにケチを付け始め…


脚本:ヤスミナ・レザ
英語版脚本:クリストファー・ハンプトン
演出:マシュー・ウォーチャス
出演:ティム・キー(イワン)
   ポール・リッター(マーク)
   ルーファス・シーウェル(セルジュ)

Playwrite by Yasmina Reza
Translated by Christopher Hampton

Tim Key : Yvan
Paul Ritter : Marc
Rufus Sewell : Serge

Matthew Warchus : Director
Mark Thompson : Designer
Hugh Vanstone : Lighting
Mic Pool : Sound
Gary Yershon : Music
Sarah Bird CDG : Casting
Charlie Hughes D'eath : Voice Coach
Terry King : Fight Director

上演劇場:オールド・ヴィク・シアター
上演時間:90分(休憩なし)
上演期間:2016年12月10日-2017年2月18日

ヨークに行った帰りにスクリプトに一通り目を通したと言っても、
英語できないので、文字通り目を通しただけですので、
内容に言及するのはとりあえずやめておきますが…(こらこら)
(日本でも日本人キャストで何度も上演されているらしいので
あらすじなどはそちらをご覧頂ければ、と)

イギリスでも何度も上演されているとのことで、
見る前に、いつもお世話になっている方に上演史等を教えていただき、
興味深く観ることができました。

今回は、1996年のイギリス初演のクリエイティブチーム再集結だったとのこと。
演出のマシュー・ウォーチャスさんがオールド・ヴィクの芸術監督になられたのもあって、
このタイミングで、オールド・ヴィクでの上演になったのでしょうか。

で、今まで見たルーファスの舞台は、どれも3~4人の少人数の構成で、
人が多いと覚えきれない私にとってはありがたいことです…(笑)

そして、前の2本は、女性2名の男性1名、女性、男性各2名ずつだったのですが
今回は男性3人、しかもコメディということで、
シリアスでもあの独特の存在感でコミカルな雰囲気をうまく出しているルーファスのこと、
どうなるかなと楽しみにしていました。

結論から言うと、ルーファスだけでいうと、
前に見た2本のほうが良かったかな、と思いました。

今回はコメディとは言え、シニカルというかなんというか、
それに言葉が重要になってくるので、自分には難しかった気がします。
それに、セルジュは(私には)ちょっとつかみにくいキャラだったかな、と。
コメディならば、たとえば「マーサ・ミーツ・ボーイズ」のように明らかに可笑しい、
ちょっとわかりやすいキャラのほうが魅力が引き立つかな、と。

ただ、これはひとえに私の英語力のなさからくるものだと思うので、
英語ができる方がご覧になったらどう感じられるのか伺ってみたいです。

でも、もちろんあくまで、前に見た2本との比較であって、
ルーファスはやっぱり魅力的な俳優だということにはかわりはなく、
楽しんで観ることができました。

セルジュが購入した「絵」の話題になる時に、
いちいち運んでくる図がすごく可愛くて…(笑)

ポール・リッターさんは、ツイッターでお世話になっている方
複数がお好きだということで楽しみにしていましたが、やはり魅力的でした。
なんだかマークの生真面目そうな雰囲気がよくあっていて、
かわいいというかなんというか(ボキャブラリー貧困)

しかし、今回一番気になってしまったのは、イワンを演じたティム・キーさんでした。
どうやらコメディアンの方ということなのですが、容姿含めなんだかとっても可愛くて。
一番わかり易い見せ場があるのがイワンだったから、というのもあるかと思いますが…。

3人の代わる代わるのやり取りを楽しんでいるうちにあっという間に90分が過ぎ去っていったのでした…。

…そんなこんなで言葉ができない人が見るにはもったいないお芝居だったので、
できれば、日本語版を観るか、あれば日本語版スクリプトを読んでから
もう一度観たかったなと思いました。どこかのアーカイヴに入るかな、うーむ。

Old VicがFB上にプロダクションフォトをあげてくれていました。

ルーファス・シーウェル(セルジュ)


ポール・リッター(マーク)


かわいい…。

帰国後に録りためてあったのを観た「フーディーニ&ドイル」に
ブラム・ストーカー役でゲスト出演されていてなんだか嬉しかったです。

ティム・キー(イワン)


私が見たときは、もっとお髭がボーボーでそこがまた可愛かった…。


ルーファスというかセルジュとポールさんというかマーク


ルーファスのイケメンぶりは相変わらずです


おっさんたち大人気ないけど可愛いです


ルーファスというかセルジュとティムさんというかイワン


ポスター撮影時のBTS動画。
実際の舞台ではインクの掛け合いはしません(笑)


ちなみに、Old Vic公式アカウントが
キャスト3人の可愛い動画を色々上げてくださっていますので、
ご興味のある方はどうぞ!


観劇後、ステージドアに行ってみると、
ルーファス目当てっぽい方が複数人いらっしゃったのですが、
いつもより年齢層が低くて、人数も多い。

ルーファスの評判の良かったITVドラマ"Victoria"効果か、
はたまた「高い城の男」効果なのか…。

で、ルーファスを待っていたら、先にポール・リッターさんが出ていらしたのですが、
私の前にいる人が声をかけたので引き止めると思って油断していたら、
前の人は、ただ普通に声をかけただけだったようで、そのまま帰られてしまって残念…。

その後、ルーファスと、ティム・キーさんがほぼ同時に出てきました。

ルーファスは他のファンの対応で時間がかかりそうだったので、
先にティムさんにサインをいただきました。
17Jan_009.jpg

その時の雰囲気が柔らかくて可愛かったです…。
お写真も撮らせていただけばよかった~。

そして、ルーファスにもサインと写真をお願いしたのですが…。

ルーファスのサイン。
17Jan_010.jpg

撮らせてもらった写真…。
17Jan03_026.jpg
慌てすぎてピンが明後日の方向に行ってしまい涙…。

昨年、身内にドーソンさんの胸毛にピンが行ってる!とか
あーだーこーだ言って責めたことを反省したとかなんとか…。

にしても、ルーファスの写真うまく撮れたためしがない…。

そんなわけで、再び旅行記へ、Day5へ続く!

ルーファス・シーウェル出演舞台"Closer"もうすぐ上演開始

ルーファス・シーウェルが"Old Times"以来約2年ぶりに舞台に立ちます。
演目は"Closer"で2015年2月12日から2015年4月4日まで、
ロンドンのドンマー・ウェアハウス(Donmar Warehouse)での上演です。

ドンマー・ウェアハウス"Closer"公式ページ

"Closer"は1997年初演の戯曲で、映画化もされました。

初演時はNTのコッテスロー(現ドーフマン)で上演され、
キャストはダン:クライヴ・オーウェン、アリス:リザ・ウォーカー、アナ:サリー・デクスター、ラリー:キアラン・ハインズ。
映画版はダン:ジュード・ロウ、アリス:ナタリー・ポートマン、アナ:ジュリア・ロバーツ、ラリー:クライヴ・オーウェン

ルーファスは初演時にキアラン・ハインズが、映画版でクライヴ・オーウェンが演じたラリー役のようです。
他、ダン役がオリヴァー・クリスさん、アリス役にレイチェル・レッドフォードさん、アナ役はナンシー・キャロルさん。

初演、今回以外にも色々なところで上演された作品のようで、
ルーファスとは"Charles II"と「EX/エックス」で共演されたルパート・グレイヴスさんも
アメリカでダン役を演じられたことがあるとか。

…ジーヴスの時に続き、ルパートさんが観にいらしたりしないかな、とか淡~い期待を…。

この舞台にルーファスが出演するというのは
昨年7月ごろに演劇関係の情報系サイトに記事が出て
11月ごろにはいつもお世話になっているJ子さんに
上演の日程なども教えていただいていたのですが、
チケット発売に関する詳細がよくわからなかったので、ここでメモもせずにおりました…。

ドンマーの公式アカウントが、チケット販売について一般に告知したのは、
おそらく発売日の当日だったかと思いますが…シーズン全部が同日に告知で
Closerが一番早かったのでこうなってしまったのかと思いますが、数日早く告知してほしかったなぁ、と…。

結局私はJ子さんに一般販売の日を教えていただいて、
その日は仕事だったためにチケットを取っていただくことまでしていただけたのですが…。

私が帰宅した時にはすでに全日程、チケットが完売しており…
結局今日までメモもできずにいた、という…。
J子さんがいらっしゃらなかったら、私もただただボー然としていたと…。

そんなわけで、かなり今更情報ですが、
上演の2週前の月曜日に少量チケットを売り出すこともしておりますので、
今知った!という方がいらしても、もしかしたらチケットを手に入れられるかもしれません…。

『タイム・チェイサー(I'll Follow You Down)』、『未体験ゾーンの映画たち2015』にて上映!

あけましておめでとうございます。

まずは旧年中にメモり損ねたルーファス情報から、日が迫っているこのネタを…。

ルーファス・シーウェルが主人公の父、ゲイブを演じる"I'll Follow You Down"が
ジョセフ・ミルソン主演の『ザ・デッド:インディア』と同じく
『未体験ゾーンの映画たち2015』で劇場上映されます。

邦題は『タイム・チェイサー』。
ハーレイ・ジョエル・オスメントくん演じるエロールが
彼の父を追って過去に行くというSFっぽい設定の話みたいですね。

ルーファスは物理学者…なのかな…。

なんと上映日が「ザ・デッド~」と全く同じで時間帯がそのすぐ後、ということで
個人的にありがたすぎます…。
って、しばらく全然気づいてなかったんですが…。

でも、ルーファスがどのくらい出てくるのかわからないのと、
評価が微妙そうなので、本当は上映時間逆が良かったかも…(ワガママ)

ヒューマントラストシネマ渋谷での『タイム・チェイサー』の
上映スケジュールは以下の通り。

2015年1月10日(土)17:40~
2015年1月11日(日)19:30~
2015年1月13日(火)21:20~
2015年1月14日(水)12:10~
2015年1月15日(木)14:00~
2015年1月16日(金)15:50~
2015年1月19日(月)17:40~

上映時間は93分とのことです。

で、日本版トレーラー。
ルーファス…ホント出番どのくらい…。



ヒューマントラストシネマ渋谷『未体験ゾーンの映画たち2015』公式ページ
シネリーブル梅田『未体験ゾーンの映画たち2015』公式ページ

ルーファス・シーウェル47歳の誕生日と舞台出演の話。

本日2014年10月29日は、ルーファス・シーウェル47歳の誕生日です。

…最近ルーファスのお仕事情報全然追えていなくて…。

今、日本ではアウトリュコス役で出演の「ヘラクレス」が公開中…でしたよね、確か…。
ルーファスアウトリュコスはかっこよさそうなのですが…
どのくらい出てくるんでしょう…結構出てくるなら見ても良いけど…。
というかけっこう豪華キャストなんですね…。

「大聖堂」で共演したイアン・マクシェーンさんとの
共演シーンがあるなら観たいですが…う~ん…。

それから、7月に出ていたネタなんですが…
ルーファスが"Old Times"以来2年ぶりに舞台に立つやも!という。

ドンマー・ウェアハウスで2月から"Closer"に出演、
とのことで、それに言及したWhat's On Stageの記事がこちら

いつも色々教えて下さるJ子さん曰く、もろもろから判断するに
これはほぼ間違いないでしょう、とのことで、2月に渡英を一応決めてはあるのですが…。

一応公式発表あってからここで書こうと思っていたんですが、
なかなか出ずにやきもきしているところです。

ルーファスがドンマーで見られるならすごくうれしい!ですが…
内容があんまり好きじゃない感じなので…(汗)

"Closer"のことや、共演者などに関しては、また公式発表があったら書きますね…。

とにかく47歳おめでとう、ルーファス!