I Love, I Love, I Love You

イギリス人俳優マシュー・マクファディン(Matthew Macfadyen)を中心に。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ニュース

マシュー・マクファディン新作ドラマ情報"Howards End"+最近ちょこちょこ出てる情報まとめ

旅行記だかなんだかが延々と続き、もはや何ブログだかわからなくなってきましたが、
久々にマシューのお仕事情報が出てきましたので、そのネタを…

マシュー・マクファディンがBBCとStarzの共同制作ドラマ、
"Howards End"に出演するとの情報がdarcyliciousさんからまわって来ました。

情報源の記事はこちらのようです

E.M.フォースターによる同名小説が原作で、
そのまま「ハワーズ・エンド」という邦題で翻訳も出ているようです。

Amazon河出書房新社翻訳版内容紹介より
「思慮深く理知的な姉マーガレットと、若くて美しく情熱的な妹ヘレン。
ドイツ系の進歩的な知識人家庭で育った二人は、ある時まったく価値観の異なるブルジョワ一家と出会う。
ふかい緑に囲まれた、この一家の邸ハワーズ・エンドをめぐって、やがて二つの家族は意外な形で交流を深めていく。
文学や芸術に重きを置き、人生の意味を探し求める姉妹は、イギリス社会のさまざまな階層の人間に触れながら、
それぞれの運命をたどっていくこととなる。人と人とが結びつき、お互いに理解しあうことはいかにして可能になるのか。」


という感じで、マシューはイギリスの「ブルジョワ一家」
ウィルコックス家の家長、ヘンリー(Henry Wilcox)を演じるとのこと。
どう考えてもまた実年齢より随分年上設定っぽいけどどうなのか…。
それから以前映画化された時は、アンソニー・ホプキンスさんが演じたそうです。

「大聖堂」と"Any Human Heart"でがっつり共演した
ヘイリー・アトウェルさんがまたマシューヘンリーとがっつり絡みそうな
マーガレット・シュレーゲル(Margaret Shlegel)役(主役かな?)
とのことでそこもすごく楽しみ。

撮影や放送時期は不明ですが、話数は4話、
撮影場所はロンドンとその周辺、
放送局はイギリスはBBC One、アメリカはStarz。

とりあえず原作の翻訳版を読んでみようかと思います。
いくつか出ているようですが、一番手に入りやすそうな、こちらあたりを…。
(先程の内容説明のやつですね)


それと、今まで出ていた情報などに追加などでて来ましたのでついでにメモ。

ドキュメンタリー映画"Revolution – New Art for a New World"DVD発売予定
マシューがレーニンの声を担当した作品ですが、DVDが3月に発売予定とのこと。

今のところ、イギリスなどのアマゾンには商品ページはできておらず、
Foxtrot Filmsの通販サイトからは予約できるようです。

PAL版なので、日本では普通のイギリス版とあまりかわりないですが、
リージョンフリーとのことでもしかして一般流通には乗らない感じ?流石にそれはないですかね。

HBOドラマ"Succession"のシリーズ化にGOサイン
とりあえずパイロット版だけで、その後シリーズ化するか決めるとのことでしたが、
全10話でシリーズ化が決まったとのことです。
キャストもおそらくそのままで、マシューはトム役を演じることになりそうです。

こちらも撮影時期や放映時期は今のところ未定(のはず)

"The Current War"のマシューの役はジョン・ピアモント・モルガン?
マシューの役名がよくわかっていませんでしたが、
先日IMDbをみてみたらJ.P.Morganと記載がありました。

あのモルガンのモルガンさん、ですね、
つまり資産かというか実業家というかお金持ちというか。
マシュー、リードくんにさよならしてから、
お金持ちの役ばっかりでないですかね、まあ、良いけど…。

他のところではまだ確認が取れていないので、
モルガン役というのが本当かどうかわからないですが、
まあ、多分これと思っていていいのかな、という感じです。

その後ちょっと調べてみましたが、
エジソンともテスラとも関わりのある人物ということで、
出番が多くても、逆に少なくてもおかしくなさそうで、どんなもんか気になります。

作品のテーマ的には、今のところ発表になっているものの中では
一番楽しみ(と言うか好みというか)なんですが。

マシュー・マクファディン新作映画情報"The Current War"

「リッパー・ストリート」シーズン4第4話の雑感をアップする前に、こちらのネタを。

マシュー・マクファディンが映画"The Current War"に出演するとのDarcyliciousさん情報。
元ネタは、Deadline Hollywoodによる記事のようです。

この映画は、題名の通り直流派のトーマス・エジソンと
交流派のジョージ・ウェスティングハウス、ニコラ・テスラとの電流戦争を題材にしたもののようで、
そう言えば前にベネディクト・カンバーバッチ氏がエジソンやるとかいう話題を目にしていたような、と、
電流戦争といえば、「リッパー・ストリート」シーズン2第4話にも出てきたよね、
とか思った記憶があります。

トーマス・エジソン役は上記の通り、ベネディクト・カンバーバッチさん、
ジョージ・ウェスティングハウス役がマイケル・シャノンさん、ニコラ・テスラ役がニコラス・ホルトくん。
他にトム・ホランドくん、キャサリン・ウォーターストンさん、タペンス・ミドルトンさんなどが出演されるとのこと。

撮影は昨日スタートしたようで、
アメリカ資本の映画のようですが、
撮影はロンドンとその周辺で行われるとのこと。

意外と早く「リッパー・ストリート」と同時代に戻ってくるのですね。

どのくらいの大きさの、どんな役をやるのかは全くわかりませんが、
話自体も興味があるあたりですし、
これは、久々に大画面でマシューが見られるかも、と期待。

ほっといても作品自体の情報や
プレミアのことや日本公開情報が入ってきそうなので
ぼんやり待ちたいと思います(笑)

Matthew Macfadyen Joins ‘The Current War' - Deadline Hollywood

マシュー・マクファディン新作映画情報"The Nutcracker and the Four Realms"

マシュー・マクファディンがディズニーのライブアクション(実写)映画
"The Nutcracker and the Four Realms"に出演するとのDarcyliciousさん情報。

と、いうか情報元はマシューのエージェンシー、Hamilton Hodellの
マシューのCVなんですが、これ、数日前に見たときには書いてなかったので、
今週頭に更新されたってことなのでしょうね。

話の内容は、まあ、題名のとおり、「くるみ割り人形」です。
ただ、今のところ詳細な内容(どういう感じのアダプテーションになるか)まではわかっていない感じ…?
とか言いつつ、私は「くるみ割り人形」は、チャイコフスキーのバレエ音楽の一部と、
ネズミと戦う話だということくらいしか知らないという毎度の無知ぶり。。。
(このブログ書いていることで、どんどん自分の無知、無教養さを露呈しているぞ…)

しかし、ディズニーでネズミが悪者の映画ねぇ~とかは良いとして。
(オリビアちゃんみたいにネズミが主役で悪役もネズミはまああったけども)

で、マシューの役はと言えば、 Mr. Stahlbaum、
つまり、主人公クララの父親役、とのことです。

クリスマス、お父さんということで、もうイメージは
トラップファミリーのゲオルク(ジョージ)がクリスマスに鈴を鳴らしているあのシーン…。

にしても、まさか、マシューがザ・ハリウッド!という感じのディズニー作品に出る日が来るとは…。
ハリウッドのお仕事もやってみたくなったのかな~とか、色々複雑だったり…。

でも、まあ役柄的にあまり出番は多くないでしょうから、きっと撮影はすぐすむ感じなんでしょうね。
(というか、場合によっては出番がなくなったり、撮影しても全部カットの可能性もありそうな)

出演者は、今のところ他にキーラ・ナイトレイなど発表されていますが、
公開予定が2018年とのことで、マシュー含めちょっとどうなるかわからないので、
しばらく様子見して、もう少し色々わかったら(そこにマシューが残ってたら)
またここに書きたいと思っています。
(何れにせよキーラとマシューの共演シーンはないでしょう)

ちなみに、私は実は(?)かつてディズニーマニアだった過去がありますが、
2Dアニメ映画大好きっ子(…子?)だったので、個人的大ヒットだった「ブラザー・ベア」を最後に
ディズニーからはすっかり遠ざかっていたりします…。
昨今の、昔の2Dアニメ映画の名作を実写+CGで
リメイクしまくっているのを眺めていて、なんだかな~と思っていたり。

「ジャングル・ブック」とか、それはもうアニメ版は大好き
(もちろん、キプリングの原作も好きですが)だったのですが、
最近やったあれは見る気が一ミリもしませんでしたよね…。
そしてもうディズニーマニアになる切っ掛けだった「ライオン・キング」までが、
という話があって、人間が出てこない作品の「実写」って一体…とか脱力したのですが…。
アニメ版ではジェームズ・アール・ジョーンズが声を演じた父王ムファサを
マシューがやってくれたりしたら、見に行ってもいいかなぁ、
なんて考えていた矢先(?)に出た今回の出演情報でした。

まあ、くるみ割り人形については、その流れとは違うから良いとして、
今回父親役ということで、マシューがムファサをやるのも夢じゃない…!とか思ってしまったり…(笑)

あと、そのあたりの流れで唯一楽しみにしている「美女と野獣」で主人公ベルの父モーリス役が、
私のマシューを知るまで一番好きな俳優だったケヴィン・クラインで
主人公の父つながり(無理やりすぎる)だ!とか、
(まあ、私の中でケヴィン様は「ノートルダムの鐘」のフィーバスの声なんですが)
そう言えば、マシューと新ドラマで多分共演するキーラン・カルキンくんのお兄ちゃん、
マコーレー・カルキンくんが出てた映画「くるみ割り人形」の
ナレーションがケヴィン様だった!とかで、
どうせアメリカ系の仕事するなら、ケヴィン様ととっとと共演しちゃって下さい、
もうこうなったら、双方が主役やった映画撮ったフランク・オズ監督作品とかで…
とか、どうでもいいことをモヤモヤモヤモヤ考えてしまう今日このごろでした…。

マシュー・マクファディン新作ドラマ情報"Succession"

マシュー・マクファディンがアメリカのケーブルテレビ局、
HBO制作のドラマ"Succession"に出演するとのDarcyliciousさん情報。

4年も関わったシリーズ物のドラマ「リッパー・ストリート」を撮り終えたあと、
次の仕事は映画か舞台だと思いこんでいたし、特に後者を期待していたので
驚いてガッカリもしましたが、体調などの心配までしてしまうくらい
俳優としてのお仕事情報が聞こえてこなかったので、ひとまずはホッと一安心。

ただし、今のところ決定しているのはパイロット版のみ、ということで、
日の目を見ない可能性や、仮にレギュラーシリーズにGOが出ても、
そのときはキャスト交代の可能性もあるかも…?

話の内容としては、架空のグローバル・メディア会社の
経営者である、ロイ(Roy)家を主人公にしたもので、
家長ローガン(Logan)役にブライアン・コックス(Brian Cox)さん、
その息子ケンダル(Kendall)役にジェレミー・ストロング(Jeremy Strong)さん、
下の息子ローマン(Roman)役にキーラン・カルキン(Kieran Culkin)くん、
末娘シヴ(シボーン:Shiv/Siobhan)役にサラ・スヌーク(Sarah Snook)さんが
キャスティングされているとのことです。

マシュー、たしかブライアン・コックスさんとの共演は
初めてだった…と思います(多分)

マシューの役どころは、シヴのパートナー/婚約者のトム(Tom)。
トム…やっぱりアメリカということで、
トム・クイン(MI-5/Spooks)意識の名前なのか(いや考えすぎか)

トムは「野心的な(ロイ家の)会社の重役」ということで、
今までにない感じの演技や役柄が見られるかな?ということろでは楽しみです。
シヴ役のサラさんは30前くらいのお年のようですし、兄たちの感じから見ても、
年の差カップルという感じなんでしょうか。

それと、アメリカの野心的ビジネスマン役ということで、
「洗練された」外見なのか、どうなのかというあたりも。

…アメリカ資本の、アメリカで撮影する(らしい)、アメリカを舞台にしたドラマに
マシューをアメリカ人役でキャスティングするのは意味がなさそうな気もするので、
流石にイギリス人設定かな、とは思いますが。

富豪一家のあれこれ、というところで、マシューが見て面白かったよ、といえば
「ああ、マシュー好きそう(私は好きじゃなさそうだけど)」という
感想を持ちそうながら、マシュー自身が出演というのがものすごく意外な気がしました。
ただ、架空の一家の話と言え、メディア王サムナー・レッドストーン
(恥ずかしながら、毎度おなじみで彼のこと全然知りませんでした…)
周辺のあれこれを連想させる感じになっているということで、また調べたくなる感もあり、
マシューが選んだ脚本だから、という意味でも期待はもちろんあります。

しかし、個人的にはアメリカのお仕事ということで、
しかも「あの」HBO作品ということで…不安がいっぱいです…。

というか、これ書きつつ、参照記事を眺めていて今更気づいたのですが、
むしろ以下転記の制作陣見るとコメディだったりする?しない?

"Succession is written/executive produced/showrun by Peep Show co-creator
(Jesse) Armstrong and exec produced by Will Ferrell, Frank Rich, Kevin Messick and Ilene S. Landress."

...コメディなら期待度上がるけど、アメリカのコメディのお下品さはちょっと苦手だしなぁ。とか…。

にしてもマシュー、一応アメリカのエージェンシーと契約はし続けていたようですが、
ここまで純粋にアメリカ系の作品に出るの初めてなのでは…。
たしかに、イギリス国内だと、今のところマシューが飛びつきそうな新作の話も聞こえてこないし、
時代物はしばらく敬遠したいとなると、更にという感じもあり…。
でも、あんまりアメリカのお仕事が増えるのは個人的には複雑すぎるので
すぐにまたイギリスのお仕事に戻ってくれることを個人的にはやっぱり期待してしまいますが…。

ところで、どうも世代的にキーラン・カルキン「くん」と呼んでしまうけど、
言うほどマシューと年変わらんのよね…、という事実に愕然…。

【参照記事】
‘Succession’: Brian Cox, Jeremy Strong & Kieran Culkin Lead Cast Of HBO Drama Pilot From Adam McKay-DEADLINE

マシュー・マクファディン新作映画情報"Revolution – New Art for a New World"(7/4追記有り)

マシュー・マクファディンがドキュメンタリー映画
"Revolution – New Art for a New World"に出演するとのことです。

監督はマージー・キンモンス(Margy Kinmonth)さん、
制作は彼女の会社であるFoxtrot Films、配給はArts Allianceで、
ロシア革命から100年目を迎える2017年を前に、
2016年の晩秋にイギリスで劇場公開予定、とのこと。

Foxtrot Filmsサイトの作品情報記事
Arts Alliance サイトの作品情報記事

で、ドキュメンタリー映画、と書きましたが、ナレーションとは書いていなかったので、
多分ドキュメンタリーと映画部分が合わさったような作りなのかな?と勝手に思っているのですが、
映画や英語に詳しい方が記事読まれたらすぐ分かる感じでしょうかね…。

この作品は、ロシア・アバンギャルドとロシア革命に関する内容のようですが、
このあたりのこと、いつものことながら全く知識がない私は正直
どんな感じになるのか全く想像ができないという…。

モスクワ、サンクトペテルブルク、そしてロンドンで撮影をしたようで、
もう撮影は終了している…感じ?
上記の土地にある、色々な美術館が所蔵している、
この時代のアーティストの作品も見られるという感じでしょうか。

マシューはアーティストのうちの誰かの役を演じるのでしょうか。
出演者の名前に、マシューと過去数作共演があり、仲も良いらしい?
トム・ホランダーさんの名前も上がっていて、共演シーンがあるのかどうかと楽しみです。

他には、やはりマシューと共演したことのある
ジェームズ・フリート(James Fleet)さん(「リトル・ドリット」)、
お若い女優さんたち、エレノア・トムリンソン(Eleanor Tomlinson)さん、
デイジー・ビーヴァン(Daisy Bevan)さんの名前が上がっています。

にしても、Darcyliciousさんが6月初旬に出ていた
作品に関する情報の記事を見つけてきたようで、私もそれでやっと知ったという次第。
ここのところ時間が取れなくて、自分で情報収集全然出来ておらず、
全くこの事を知らずに「リッパー・ストリート」終了後の
新しいお仕事情報がなくてヤキモキしておりました…。

しかし、また良い意味で予想を裏切って、
(観てみないとわからないけど)面白そうなお仕事選んでくれてた
マシューには本当に大好きです…としか言いようがなく…。

ひとまず、作品に関係ありそうなあたりをぼつぼつ調べつつ、
続報、というか映像などが出てくるのを楽しみに待ちたいと思います!

ちなみに、最近(6/29頃?)マシューを街(もちろんロンドン)で見かけて
写真を一緒に撮ってもらった人がツイートしていた画像を観ましたが、
マシュー、髪が短めでさっぱりしていてかっこいい…。

ということで、その次のお仕事情報も、またお待ちしておりますぞ(贅沢)

2016年7月4日追記:
コメントで、Foxtrot Filmsのサイト記事に画像のスライドが有り、
マシューの写真もあった、と情報いただきました。
…ふだんJavaを切ってあるので、画像があることすら気づいていなかったのですが(間抜け)
これを見ると、マシューやホランダーさんら、俳優さん達は声のみの出演のようですね。
ナレーションか、専門家の方々のヴォイス・オーバーでしょうか?
それとも、アーティストたちの残した文章を読むとか…?
(DarcyliciousさんはFoxtrotにリンク貼っていなかったので、画像に気づいてないのかな?)

いずれにしても、どんな内容なのか、見るのが楽しみです。
しかし、日本にもし来たら、日本語でヴォイス・オーバーになってしまうのかな…?

ちなみに、マシューは上記で書いた、街中で撮られた写真と同じ服装なので、
これのためにロンドンの街中に来ていたところを声かけられてしまったのでしょうね。